新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【関連記事まとめ】LVMH系投資ファンドが国産ミネラルコスメ「エトヴォス」を買収ほか

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

<2020. 3.30-4.6 BeautyTech関連記事まとめ>
今週は、 LVMH系ファンドが国産ミネラルコスメの「エトヴォス」を買収し、日本の化粧品ブランドに初めて投資することが明らかになった。またパーソナライズサプリとオンライン診療によるピル処方が受けられる「sai+」が
誕生したほか、卵子凍結の「ストック」がLINEで不妊治療など専門家に相談できる窓口を無料で提供する。

■美容のコンサルタント集団による新メディア「PRATER」ローンチ

画像1

出典: PR Times

DISCOVERYは、ヘア、スキンケア、メイクなどの美容に関するコンサルタント集団による新メディア「PRATER」をローンチした。サロン経営、人材育成、デザイン、メイク、プロダクトなど多岐にわたる情報を集積。美容室の経営者、美容師、メイク、ネイリストなどのビューティシャンはもとより、これから美容業界に携わりたい人にも向けて、美容関連記事のほか、ポッドキャストやYouTubeでの番組配信を行っていく。2020年5月には有料会員制オンラインサロンを開設する予定。(3月30日)

PR Times:
美容のコンサルティング集団によるメディア「PRATER」、グランドオープン

■オンライン診療のピル処方とパーソナライズサプリの「sai+」誕生

画像2

出典: PR Times

Linc’wellは、女性のウェルネスのためのクリニカルブランド「sai+」を立ち上げ、女性の生理周期にあわせたサプリなどのサブスクリプションサービスを開始した。sai+では、医師のオンライン診療による低用量ピルの処方と、パーソナライズ診断をもとにPMS症状を軽減するクリニカルサプリの提供という2つのアプローチを行う。同社ではITを積極的に活用したスマートクリニック「クリニックフォア」をプロデュースしており、sai+は、ホルモンなど内分泌代謝を専門領域とする医師と共同で開発された。(3月31日)

PR Times:
日本初のクリニカルブランド「sai+」、オンライン診療によるピル処方と、PMS症状にアプローチするパーソナライズサプリのサブスクリプションをスタート

■b8ta Japan、スタートアップ&D2Cブランドの支援プログラム募集開始

画像3

出典: PR Times

b8ta Japan(ベータジャパン)は、スタートアップ企業やD2Cブランドを支援する「b8ta スタートアップ・D2Cサポートプログラム」の応募受付を開始した。b8taは米国サンフランシスコで創業、オフラインで自社商品のプロモーションやユーザー体験を叶える、サービスとしての小売(RaaS)をうたい、店舗内の区画をさまざまなブランドに定額で提供する。2020年夏に有楽町と新宿マルイ本館にアジア初となる2店舗をオープンする予定で、今回のプログラムでは、b8ta店舗に出品する際かかる費用の一部を、1社あたり月額22万円を上限に最大2カ月間補助する。(4月1日)

PR Times:
2020年夏に日本オープン予定のb8ta(ベータ) 。「b8ta スタートアップ・D2Cサポートプログラム」募集開始。

■C Channel、企業と“ファンフルエンサー”をつなぐプラットフォームをオープン

画像4

出典: Web担当者Forum

女性向け動画メディア「C CHANNEL」は、各企業の商品やサービスに興味がある「ファンフルエンサー」と企業をつなぐプラットフォーム「Lemon Square」の提供を開始した。ファンフルエンサーとはSNSのフォロワーが数十万から数百万人規模の一般消費者により近く親近感が感じられるインフルエンサーを指す。化粧品企業を中心に商品の提供を募り、 C CHANNELのネットワークが有するファンフルエンサーに配布して、商品を試してほしい企業と試したいファンのニーズを満たし、商品の知名度や人気を高めることを目指す(4月2日)

MarkeZine:
C Channel、企業と“ファンフルエンサー”をつなぐ「Lemon Square」を提供開始

■卵子凍結の「ストック」、LINEで不妊治療など相談できる窓口を無料提供

画像5

出典: PR Times

ステルラが運営する卵子凍結サービス「ストック」では、不妊治療や卵子凍結に関するLINE相談の無料提供を4月末までの期間限定で開始した。新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、日本生殖医学会が不妊治療の延期を推奨し、クリニックによるセミナーの中止が相次いでいることを受け、不妊治療を考えている人の不安をサポートする目的。ストックのLINE相談では、1カ月間チャットし放題または30分間のLINE電話相談のいずれかを選択可能で、産婦人科や不妊カウンセラーなどの専門家が対応する。(4月1日)

PR Times:
新型コロナウイルスによるクリニック等のセミナー中止に伴い、LINEで卵子凍結・不妊治療の相談ができる窓口を無料提供。選べる1ヶ月チャット相談し放題or30分LINE電話相談。【ストック】

■LVMH系ファンドが「エトヴォス」を買収、日本のコスメブランドへの投資は初

スクリーンショット 2020-04-06 9.03.16

出典: WWD JAPAN

LVMH系投資ファンドのLキャタルトン・アジアは「エトヴォス」の株式の過半数を取得し同社を買収する。エトヴォスは国産ミネラルコスメの先駆者として2007年に誕生し、ナチュラルスキンケア、メイクアップ、ヘアケアの商品を展開、アジアを中心とした海外市場の参入も目指す。今回の買収で、LVMHジャパンのノルベール・ルレ社長とシャネル合同会社元特別顧問の黒田眞稔氏が社外取締役として就任し、経営体制の強化を図るとともに、エトヴォスの尾川ひふみ社長は続投する。LVMH系ファンドが日本の化粧品ブランドに投資するのは今回が初めて。(4月1日)

WWD JAPAN:
LVMH系ファンドが初めて日本の化粧品ブランドを買収 ミネラルコスメ「エトヴォス」

■米コロナ緊急経済対策法が成立、自然派化粧品業界も支援

画像7

出典: Global Cosmetics News

米国で新型コロナウイルス感染症関連の経済対策法(CARES)が成立し、自然派化粧品やサプリメントなどを扱う、従業員が500名以下の中小企業は、最大1,000万ドルの短期貸付が受けられる。資金は、従業員の給与や店舗のローンや賃料、光熱費、病気による有給休暇の支払いに使用することが条件。(4月2日)

Global Cosmetics News:
Coronavirus Aid Relief And Economic Security Act To Support Natural Products Industry

■シーズ・ラボ、新入社員のエステティシャン研修をオンラインで実施

画像8

出典: PR Times

ジョンソン・エンド・ジョンソン傘下のシーズホールディングスのエステ事業部クリニカルサロン シーズ・ラボは、新型コロナウイルス感染症拡大防止による自粛要請を受け、新入社員のエステティシャン研修をオンラインで開始した。従来は皮膚学や美容機器取扱方法などは座学の対面で実施され、社員同士がモデルとなり実技研修が行われるが、ウィッグなどの必要アイテム一式を新入社員宅へ発送して、オンラインによる講義の画面を見ながら自宅で練習できるように指導する。(3月26日)

PR Times:
【2020年入社・新卒エステティシャン】指先の感覚が不可欠なエステ研修をオンライン化

Text: 佐藤まきこ(Makiko Sato), 編集部
Top image: Leisy Vidal via Unsplash

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
13
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp

こちらでもピックアップされています

今週の関連記事まとめ
今週の関連記事まとめ
  • 138本

国内外のメディアから、美容をはじめとしたTech関連の記事で気になったものを選んでお届けします