見出し画像

【関連記事まとめ】資生堂がクリーンスキンケア「ドランクエレファント」を買収ほか

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

<2019. 10.7-10.14 BeautyTech関連記事まとめ>
今週は、 資生堂が米国のクリーンスキンケアブランド「ドランクエレファント」を買収したほか、ユニリーバがプラスチック使用量を2025年までに1/2に削減することを発表した。またニベアは、デジタル広告費を250%増大して大規模キャンペーンを米国で開始した。

■ファッション・コスメ販売員のCS・ES改善を提案するクラウドがサービス開始

画像1

出典: PR Times

ファッション・コスメ業界に特化した人材会社iDAは、販売員のCS(顧客満足)とES(従業員満足)を改善するクラウド「SEEP(シープ)」の提供を開始する。店舗販売員を中心に6,000人のスタッフを派遣する同社の知見を活かし、ブランドごとにカスタマイズされた約60の調査項目を設計。店舗に必要な改善策をシステムが自動提案することで、改善サイクルを自走できる仕様とした。ミステリーショッパーを利用した従来の店舗満足度調査は時間がかかるが、このサービスでは調査から報告、振り返りを一貫してクラウドで管理でき効率的とする。(10月4日・期間外)

PR Times:
業界初!ファッション・コスメ販売員のCS・ES改善クラウド『SEEP(シープ)』が10/7よりサービス開始!

■ニベア、デジタル広告費を250%増大し大型キャンペーンを米国でスタート

図1

出典: Glossy

ニベアは、米国でTVCMやSNS広告、店舗でのサイネージのほか、インフルエンサー100名を起用し、デジタル広告費を250%増大して行う「Rethink Soft」キャンペーンを開始した。同キャンペーンは、約1,500人を対象にしたサーベイで「ソフト」という言葉をネガティブに受け取る人が59%いると明らかになった調査結果をもとに企画された。キャンペーンを通して、実際の生活のなかにある“ソフト”なものを紹介し、優しさや寛容といった価値観に目を向けることを促す狙い。(10月7日)

Glossy: 
Nivea ups digital ad spend 250% for new campaign

■アメリカンイーグル、ジェンダーレスのCBDオイル入りパーソナルケアラインを発表

画像3

出典: Global Cosmetics News

ファッションブランド、アメリカンイーグルは米国で、ジェンダーレスのウェルネス&パーソナルケアライン「Mood」をローンチした。同ラインは麻由来のカンナビジオール(CBD)オイルを使用しており、ボディローション、ハンドクリーム、フェイスオイル、ピローミストなどをラインナップ。日常生活におけるストレスを緩和するセルフケアに役立つとしている。Moodはアメリカンイーグルの店舗またはオンラインストアで購入できる。(10 月7日)

Global Cosmetics News: 
American Eagle Outfitters Announces The Launch Of Genderless, Wellness Anad CBD-Based Brand, Mood

■資生堂が米国「ドランクエレファント」を買収、クリーンビューティ市場へ進出

図1

出典: WWD Japan

資生堂は、米スキンケアブランド「ドランクエレファント」を、約895億円で買収すると発表した。ドランクエレファントは2013年にローンチし、アルコールやシリコーン、紫外線吸収剤など肌に悪影響をもたらす可能性のある原料を排除したスキンケア製品を揃えるブランド。サステナビリティやナチュラルへの関心が高いミレニアル世代やZ世代を中心にカルトな人気を得て急成長し、今期は売上高132億円を見込む。資生堂はクリーンをコンセプトとする同ブランドを傘下に、クリーンビューティ市場へ進出し、北米での収益拡大を目指す。(10月8日)

WWD Japan: 
資生堂が米クリーンスキンケアブランド「ドランク エレファント」を買収

■ユニリーバ、プラスチック使用量を2025年までに1/2に削減

画像5

出典: Global Cosmetics News

ユニリーバは、プラスチック廃棄物を削減するとともに、プラスチックのリサイクルシステム構築を目指す、新しい取り組みを発表し、プラスチック使用量を現在の70万トンから2025年までに半分の35万トンにする目標を明らかにした。パッケージ不使用製品や代替原料を使った容器や包装の導入などで、バージンプラスチックの使用量を10万トン削減する。さらに年間60万トン相当のプラスチックパッケージの収集と処理を支援し、リサイクルプラスチックの利用を拡大させる。(10月8日)

Global Cosmetics News:
A Waste-Free World: Unilever To Eliminate More Than 100,000 Tonnes Of Plastic Packaging By 2025

■ネイリストに直接予約できるアプリ「ネイリー」、総額1.5億円の資金を調達

画像6

出典: Techable Japan

ネイリストに直接予約ができるアプリ「Nailie(ネイリー)」を運営するネイリーは、サイバーエージェントなどから総額1億5,000万円の資金を調達した。Nailieでは、ネイリストが無料で自分のネイルデザインを投稿でき、それを見たユーザーが直接予約する仕組みで、クレジットカードを登録すると予約から決済までアプリ内で完結する。今回の調達資金は、サービスの認知向上を目指してマーケティングや人材強化などに充てられる。(10月8日)

Techable Japan:
ネイリストに直接予約が可能なアプリ「ネイリー」、株式会社サイバーエージェント等から総額1.5億円の資金調達を実施

■独ECザランド、個人宅を荷物の受け渡し場所にする新デリバリーシステムを試験運用

図1

出典: WWD Japan

ドイツのファッションECザランドは、荷物の引き受けと受け取りを個人宅が請け負う新配送システムのテスト運用をデンマークで開始した。デンマークの郵便企業ポストノードとの提携で実施し、注文をまとめて少ない数の住所に送り、効率のよい配送ルートを作ることで、ロジスティックスの負担を軽減し、二酸化炭素排出量の削減も目指す。荷物の受け取りなどの管理を行う個人宅は小額の手数料を受け取る。テスト運用では95%がこのシステムを高評価しているが、隣人との距離感に対する文化的な違いを考慮し、ほかの国や地域への進出については慎重な姿勢をとる。(10月8日)

WWD Japan:
独ECザランドがソーシャル・デリバリーを試験運用 個人宅を受け渡し場所に

■常在菌に着目したサブスクリプションサービス「キンズ」がローンチ

画像8

出典: Fashionsnap.com

口腔内フローラや腸内フローラを専門とする医師が手がけるキンズは、常在菌に着目したサブスクリプションサービス「キンズ(KINS)」をローンチした。キンズは、20種類の乳酸菌と乳酸菌生成物質のサプリメントをはじめ、シールを貼って皮膚の常在菌の数を自分で検査できるサービスや、LINEで体調について相談しアドバイスを受けられるコンシェルジュサービスで構成され、月々の利用料は5,980円。(10月10日)

Fashionsnap.com:
常在菌を整えるサブスクリプションサービス「キンズ」が登場、LINEのコンシェルジュサービスも

Text: 佐藤まきこ(Makiko Sato), 編集部
Top image: Brigitte Tohm via Unsplash

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
5

BeautyTech.jp

美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp

今週の関連記事まとめ

国内外のメディアから、美容をはじめとしたTech関連の記事で気になったものを選んでお届けします
2つ のマガジンに含まれています