【関連記事まとめ】 オルビス、未来の顔立ちをAIが予測するサービス開始ほか
見出し画像

【関連記事まとめ】 オルビス、未来の顔立ちをAIが予測するサービス開始ほか

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

<2020. 11.30-12.6 BeautyTech関連記事まとめ>
オルビスは、12の設問と顔写真をもとにAIが未来の顔立ちを予測し、今しておくべきケアを提案する新サービスをアプリ内で開始する。また花王が、採取した皮脂のRNAを独自技術で解析する美容カウンセリングを試験導入。また、美容プラットフォーム「LIPS」にライブ配信機能が登場した。

■オルビス、未来の顔立ちをAIが予測、必要なケアを提案する新サービス開始

スクリーンショット 2020-12-07 10.22.02

出典: WWD JAPAN

オルビスは、現在の肌状態やスキンケア、顔画像解析などをもとに未来の顔立ちを予測する「AI未来肌シミュレーション」を12月15日からオルビスアプリ内で開始する。12の設問と自撮り顔画像から、毛穴やクマなどの10項目で肌スコアを診断。AIが5年後、10年後、20年後の顔立ちを予測し、将来に備えて今しておくべきケアなどのアドバイスを行う。同サービスは11月下旬からオルビスショップ4店舗でも導入しており、今後は随時導入店舗を拡大していく。(11月30日)

WWD JAPAN:
未来の肌をAIが診断 オルビスが20年後の顔立ちを予測する新サービス開始

■ポーラ・オルビスホールディングス、社内ベンチャーから新商品発表

画像2

出典: 週刊粧業

ポーラ・オルビスホールディングスの社内ベンチャーであるencycloが、下肢リンパ浮腫患者に向けたブランド「MAEÉ(マエエ)」を立ち上げ、第一弾商品として医療用弾性ストッキングの発売を開始する。リンパ浮腫に悩む人や医療関係者などの声を取り入れながら、医療機器メーカーとともに開発。機能性に加えて、ファッション性などビューティの視点も取り入れている。(11月30日)

週刊粧業:
ポーラ・オルビスHD、社内ベンチャーが第1弾商品を発売

■「IoT×肌データ」でパーソナルなスキンケアを提案する「FLES」、本格始動

画像3

出典: PR Times

IoTデバイスを活用し、顧客ごとの肌データバンクを作成してパーソナライズな美容サービスを提供する「FLES」が、本格始動した。高精細レンズが装着された専用デバイスで肌測定を定期的に行うことで、その都度の診断結果をもとに一人ひとりの肌課題に対応するオートクチュール美容クリームを届ける。肌解析デバイスは光トリートメントができる美顔器としても使える。これまでに10万件以上の日本人男女の肌データを収集しており、90%以上の会員が継続利用している。(12月1日)

PR Times:
「IoT×肌データ」でスキンケアの常識が変わるとき。変化を逃さず肌の状態を把握し、進化し続けるあなた専用のオートクチュール・スキンケア【FLES|フレス】が本格始動

■美容室がアプリを作れる「BeautyMerit」、カルテ機能をリリース

画像4

出典: PR Times

美容室や美容サロンが独自のiPhone / Androidアプリを作成できる「BeautyMerit」に、顧客カルテ作成機能が追加リリースされた。来店した顧客の情報をカルテに登録し、来店周期や施術メニュー比率などを分析でき、接客サービスの品質向上などに活用できるとする。BeautyMeritは、予約やクーポン受付のほか、スタイリストのシフト管理の一元化などが可能なオリジナルアプリの作成サービスで、現在大手11社の美容予約サイトと連携している。(12月1日)

PR Times:
美容サロン向け公式アプリ作成サービスBeautyMeritに新たに「カルテ機能」をリリース

■桃谷順天館、ジュネフォースブランドのECサイトをオープン

画像5

出典: PR Times

桃谷順天館は、同社ブランドのジュネフォースのEコマースとコスメ情報を発信する場として「jeuneforce by 桃谷順天館 公式オンラインショップ」をオープンした。同サイト限定のお得なセットを用意するほか、季節やトレンドにあわせた商品の使い方など幅広いコスメ情報を発信していく。(12月2日)

PR Times:
オンラインショッピングをしながらコスメ情報もゲットできる!『jeuneforce by 桃谷順天館 公式オンラインショップ』が12月1日(月)からオープン!

■美容プラットフォーム「LIPS」にライブ配信機能が登場

画像6

出典: PR Times

AppBrewが運営する美容プラットフォーム「LIPS」は、現在の投稿機能に加えて、ライブ配信ができる新機能「LIPSライブ」の提供を開始した。同機能は、美肌フィルターなどを用いてメイクやコスメ情報に関するライブの受発信を可能にし、画像や文章だけでは伝えきれない商品の魅力や使い方を紹介することで、ユーザー同士のコミュニケーションの活性化を目指す。LIPSは2017年1月にリリースされ、10~20代の女性を中心に、ダウンロード数は累計650万を突破している。(12月2日)

PR Times:
リアルタイムのメイク配信が可能に!美容プラットフォーム「LIPS」にライブ配信ができる新機能登場

■花王、RNA解析にもとづく美容カウンセリングを試験導入

画像7

出典: 週刊粧業

花王が皮脂に存在するRNA(リボ核酸)を解析する独自技術「RNAモニタリング」を構築し、これを応用した美容カウンセリングサービスの試験導入を開始した。専用フィルムで採取した皮脂からRNAを分析し、Preferred Networksが開発した予測アルゴリズムを用いて、加齢や生活習慣の影響で変化する4項目(肌の糖化レベル、紫外線ダメージの受けやすさ、体内酸化レベル、ストレスレベル)を推定し、エイジングサイン予測として後日結果を通知する。テスト運用で得られたデータはアルゴリズムの精度向上に活用される。(12月2日)

週刊粧業:
花王、美容カウンセリングサービスのテスト運用を開始

■三井物産ケミカル、ODM大手のアンズコーポレーションに出資

スクリーンショット 2020-12-07 10.36.12

出典: WWD JAPAN

三井物産ケミカルは、化粧品ODMのアンズコーポレーションに出資した。出資額は非公表。アンズコーポレーションはロート製薬の関係会社で、処方開発から手がけるODM事業が約8割を占め、スキンケアのODMでは国内3位。三井物産ケミカルでは、石油化学市況に左右されない領域での新規ビジネスの創出を目指しており、同社グループのネットワークを活用して、異業種からの化粧品参入や海外メーカーからの受託獲得などを支援し、アンズコーポレーションのODM事業拡大を図るとしている。(12月2日)

WWD JAPAN:
三井物産ケミカルが化粧品に参入 ODM大手のアンズコーポレーションの海外進出などを後押し

Text: 佐藤まきこ(Makiko Sato), 編集部
Top image: Anastasiya Romanova via Unsplash

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf