見出し画像

【関連記事まとめ】ランコム、日本初のバーチャルストアをオープンほか

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

<2020. 11.16-11.23 BeautyTech関連記事まとめ>
ランコムが同ブランドとしては日本初となるバーチャルストアを期間限定でオープンした。また、ウエラ プロフェッショナルが、バーチャルヒューマンをイメージキャラクターとして起用したほか、資生堂マキアージュでは、120名超のビューティコンサルタントがInstagramで情報発信をスタートするなど、国内大手のオンラインでの新しい取り組みが目立った。

■花王、ほうれい線を目立たなくするメイクアップ技術を開発

花王は、肌に塗るだけでほうれい線が目立たなくなる新しい技術を開発した。シリコーン系の疎水性ポリマーを含む製剤を頬や鼻下に塗ると、肌のたるみが持ち上げられて、ほうれい線に関係する皮下組織が0.2ミリ薄くなり、ほうれい線の角度が11.5度広くなって目立ちにくくなることが確認された。今後、「塗る美容整形」としてメイクアップ商品の開発に応用する。(11月16日)

WWD JAPAN:
ほうれい線が目立たなくなる新メイクアップ 花王が“塗る美容整形”技術を開発

■コスメキッチン、全店にメンズコーナーを設置

スクリーンショット 2020-11-23 9.49.31

出典: WWD JAPAN

マッシュビューティラボは、「コスメキッチン」の全店舗にメンズ向け商品をセレクトしたコーナー「コスメキッチン オム」を設置した。コスメキッチンはユニセックスで使える商品を揃えているが、メンズコスメのシェア拡大を受けて、男性が選びやすい環境を整えたとする。取り扱いブランドは、オンリーミネラルのメンズラインや、ウカ、ヴェレダなど。同社は今後、メンズコスメの自社開発やファッションブランドとのコラボなどを予定している。(11月17日)

WWD JAPAN:
「コスメキッチン」全店でメンズコーナーを設置 メンズコスメの開発も検討

■ランコム、日本初のバーチャルストアを期間限定でオープン

スクリーンショット 2020-11-23 9.52.07

出典: WWD JAPAN

ランコムは、ブランドにとって日本初となるバーチャルショップ「ランコム バーチャル ホリデー ストア」を4日間限定でオープンした。店舗はパリのシャンゼリゼ通りにある旗艦店をイメージした空間で、美容液「ジェニフィック アドバンスト N」の世界観が提示された。店内はAI肌分析などが受けられる肌測定ゾーンなど4つにわかれ、各所にバーチャル販売員を配して製品説明も行った。また、ゲストを招いたトークショーのライブ配信もされた。(11月18日)

WWD JAPAN:
「ランコム」が日本で初めてバーチャルストアをオープン 毎日ライブ配信でトークショー

■トランスコスモス、化粧品流通のワンストップサービスを提供

画像3

出典: PR Times

トランスコスモスは化粧品取扱免許を取得し、化粧品の流通加工まで一貫したサービスの提供を開始すると発表した。今回の許可取得により、化粧品の包装、表示、保管作業など化粧品製造業行為に該当するプロセスへの対応が可能となり、EC専門の物流拠点である「ECワンストップセンター北柏」で、検品や品質管理からラベル添付、アッセンブル・パッケージ作業なども行うとする。(11月17日)

PR Times:
トランスコスモス、自社倉庫における化粧品取扱免許を新たに取得 ECワンストップサービスにおいて、化粧品・ヘルスケア・日用医薬品など大幅なサービス拡張を実現

■資生堂マキアージュ、120名のビューティコンサルタントがInstagramで情報発信

画像4

出典: 週刊粧業

資生堂は、全国の資生堂ビューティコンサルタント(BC)120名以上が、Instagramで情報発信を行う新しいプロジェクト「マキアージュ ビューティージャンクション」を始動した。実際に店舗で接客をしている現役BCが、日頃接する顧客の悩みやニーズをもとにしたメイクテクニックや商品情報などを投稿。コメントにも返信対応し、インタラクティブなコミュニケーションを通じて、顧客が知りたい情報を届けることで新たなブランドの価値を提供する。(11月18日)

週刊粧業:
資生堂、現役BC120名がInstagramを通じて情報発信

■ウエラ プロフェッショナル、イメージキャラクターにバーチャルヒューマンを起用

スクリーンショット 2020-11-23 9.58.59

出典: WWD JAPAN

ウエラ プロフェッショナルのヘアサロン専用ヘアカラー剤「イルミナカラー」は、バーチャルインフルエンサーとして、イメージモデルにバーチャルヒューマンRiaを起用した。普段は黒色の髪のRiaが、イルミナカラーの代表的な3色で染めた髪色を順次紹介していく。同社の公式サイトで、Riaのインタビューなどスペシャルコンテンツを公開したほか、フォロワー数3万超のRiaのInstagramでも、イルミナカラーを使用した画像を公開していく予定。(11月19日)

WWD JAPAN:
「イルミナカラー」がイメージキャラにバーチャルヒューマン「Ria」を起用  髪色を変える楽しさを新たな切り口で表現

■三井物産、メンズスキンケア「バルクオム」に出資

スクリーンショット 2020-11-23 10.00.50

出典: WWD JAPAN

三井物産は、メンズスキンケアのバルクオムに第三者割当増資により出資した。出資額は非公表。化粧品分野への出資はこれが初めてとなる三井物産の流通事業本部ファッション・線維事業部は、海外マーケットでの展開強化やミレニアル・Z世代への注力、D2C事業の拡大などを中期経営計画に掲げており、同社が持つグローバルネットワークを活かし、中国での販路の獲得など、バルクオムの海外展開をサポートする。あわせて米国や東欧、東南アジアでの展開も視野に入れている。(11月19日)

WWD JAPAN:
三井物産がメンズスキンケア「バルクオム」に出資 海外展開を後押し

■化粧品価格比較サイトCosmetify、アプリを英国でローンチ、米国でも展開予定

画像7

出典: Cosmetics Business

化粧品の価格比較サイトCosmetifyは、11月27日のセールイベント、ブラックフライデーに先駆けアプリをローンチした。同アプリでは、ASOS、Boots、Cult Beautyなど、英国のメジャーなオンライン小売店で販売されている商品40万点以上の価格の比較が可能。ユーザーは店頭で商品のバーコードをスキャンして価格を調べて、最安値のECに接続して購入できるほか、ウィッシュリストの作成、価格変更時や入荷時のお知らせ機能もある。現在は英国のみの対応だが、年内に米国でも展開する予定。(11月19日)

Cosmetics Business:
Cosmetify launches beauty price comparison app ahead of Black Friday

Text: 佐藤まきこ(Makiko Sato), 編集部
Top image: Karen Penroz via Unsplash

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
5
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp