見出し画像

【関連記事まとめ】花王、ESG戦略で3つの具体化施策を発表ほか

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

<2019. 9.21-9.30 BeautyTech関連記事まとめ>
今週は、花王がプラスチックボトルレス化やリサイクルイノベーションなど具体的なESG戦略として3つの施策を発表した。またアイスタイルが事業戦略発表会を開催、新サービスや日本ロレアルとの連携強化、@cosmeのロゴリニューアルなどを発表した。海外では、米Mary Kayが国連機関と連携して女性起業家を支援するアクセラレータープログラムを立ち上げた。

■米ロレアル、デジタル分野の女性起業家を支援するプログラムで受賞者3名を発表

画像1

出典: Global Cosmetics News

米ロレアルは、「2019 Women in Digital NEXT Generation Awards」で450名以上の候補者のなかから受賞者3名を発表した。同プログラムは、ビューティ業界のテクノロジー分野で活躍する女性起業家を支援するもので、受賞者にはそれぞれ2万5,000ドルの資金が授与される。米ロレアルは2019年、初期段階にある起業家の支援を強化しており、化粧品業界でデジタル関連の事業を進める女性起業家のコミュニティもローンチしている。(9月20日・期間外)

Global Cosmetics News: :
L’oreal USA Announces Winners Of 2019 Women In DigitalI Next Generation Awards

■Instagramの投稿で「フォロワー数×1円」に現金化、新アプリFollopリリース

画像2

出典: PR Times

Follopは、SNSの投稿を現金化できるiOS版アプリ「Follop(フォロップ) 」をリリースした。Follop上に掲載されている商品やサービスを購入して、自身のInstagramで写真や感想を投稿すると、1フォロワーにつき1円でキャッシュにできる。従来のインフルエンサーマーケティングでは企業側がインフルエンサーに商品などのPRを依頼していたが、FollopではインフルエンサーがPRしたい案件を自分で選ぶことができ、フォロワーからの信頼を落とすリスクなどを軽減できる。(9月20日・期間外)

PR Times:
Instagramの投稿が「フォロワー数×1円」で一瞬でキャッシュに変わる「Follop(フォロップ)」がiOS版アプリをリリース!

■資生堂の肌測定アプリ「肌パシャ」、コラーゲン量など本格的な測定機能を追加

スクリーンショット 2019-09-30 10.38.18

出典: WWD Japan

資生堂は、スマートフォンで肌測定ができるアプリ「肌パシャ」に、これまであった潤い測定機能に加え「ハリ・透明度・シミ・シワ・肌色分析」の測定項目を追加した。肌色は光による影響が大きく正確な撮影が困難だったが、資生堂のテクノロジーと肌研究をもとに、スマホ機能のみで完結する肌色測定技術の開発に成功。これにより、肌の色み・明るさ・血色感・メラニン量に加え、肌内部のコラーゲン量も推測し、店頭と同様の本格的な肌測定がアプリで実現した。肌パシャは2017年9月から提供を開始しており、今後は資生堂の総合美容サイト「ワタシプラス」などのECとの連携を予定している。(9月21日)

WWD Japan:
資生堂の肌測定アプリ「肌パシャ」機能強化 肌内部のコラーゲン量も推測可能に

■BASEとSTORES.jp、小規模ブランドへノーリスクの資金提供

スクリーンショット 2019-09-30 10.40.53

出典: WWD Japan

BASEとストアーズ・ドット・ジェーピーは共同で、個人や小規模ブランドにリスクの少ない資金提供を行うプロジェクト「NO CAPITAL」を開始した。ブランドから将来の売上債権を買い取って支払い、ブランド側は商品が売れた分だけ一定の割合を両社へ支払う。商品が売れなかった場合のリスクは双方で負担するため、資金リスクが発生しない。9月24日から12月23日までの期間、ブランドからの新規プロジェクトの応募を受付け中で、提供資金額は10万、50万、100万から選べる方式。両社はいずれもEC制作サービス「BASE」と「STORES.jp」を運営する競合関係にあるが、金融機関からの資金調達が難しい小規模ブランドや個人の支援を共通して打ち出しており、理念を同じくすることから今回の共同プロジェクトを立ち上げた。(9月24日)

WWD Japan:
BASEとSTORES.jp、小規模ブランドにノーリスクの資金提供 ライバルがタッグ

■ルイ・ヴィトンがYouTubeに新カテゴリー「LVTV」を開設、オリジナルコンテンツを配信

ルイ・ヴィトンは、YouTubeの公式チャンネルに新カテゴリー「LVTV」を追加した。LVTV内はさらに5つのカテゴリーに分けられ、ブランドアンバサダーの舞台裏やファッションショー、工房の独占取材などのコンテンツを配信する。ルイ・ヴィトンのチャンネル登録者数は現在約34万人で、人気YouTuberとのコラボ動画は200万回以上視聴されるなど、広告キャンペーンやオリジナルコンテンツを発信する媒体として存在感を発揮している。(9月24日)

WWD Japan:
「ルイ・ヴィトン」がユーチューブでLVTVを開始

■米Mary Kay、女性起業家を支援するアクセラレータープログラムを発表

画像5

出典: Global Cosmetics News

米国発のコスメブランド、Mary Kayは、世界中の女性起業家をインスパイアし、教育とエンパワーメントを与える目的のアクセラレータープログラム「Women’s Entrepreneurship Accelerator」を立ち上げた。同プログラムは、UN Women、UNOPなど6つの国連機関との協議のうえで制定され、参加者条件はとくになく、誰もが参加できる。企業家や支援者、セレブリティなどがプログラムを主導し、6ヶ国語でカリキュラムやトレーニング、メンターシップなどを受けることが可能で、192カ国での展開を最終目標としている。(9月24日)

Global Cosmetics News: 
Mary Kay Launches Women’s Entrepreneurship Accelerator

■花王がESG戦略を具体化、プラスチックボトルレス化など3つの施策を発表

スクリーンショット 2019-09-30 10.45.03

出典: WWD Japan

花王は、4月に発表した2030年までに持続可能な暮らしを実現するためのESG(環境、社会、ガバナンス)戦略にもとづき、より具現化した活動内容を発表した。第一弾として、製品のプラスチックボトルレス化の推進、プラスチック製アイキャッチシールの全廃、使用済みプラスチック容器のリサイクル技術の構築と、3つの施策に取り組む。また、2020年春をめどに、これらのESC戦略を象徴する新ブランドを欧米市場からローンチする予定で、将来的には日本やアジアでの販売も視野にいれている。(9月18日)

WWD Japan:
花王がESG戦略の具体策を発表 プラボトルレス化の推進など3つの施策を推進

■アイスタイルが事業戦略発表会を開催、日本ロレアルとの連携強化、@cosmeのロゴ刷新

画像7

出典: PR Times

アイスタイルは、創業20周年を機に、初めての事業戦略発表会「@cosme Partner Conference 2019」を開催した。MAU1,300万人以上の@cosmeが有する豊富なデータを活用してブランドとユーザーの関係を可視化する、バージョンアップした「Brand Official」サービスを発表したほか、ユーザーへ新しい体験を提供するため、日本ロレアルとの連携強化を発表した。また、「日本で一番化粧品が売れる日」を掲げた24時間限りのコスメ祭り「@cosme Beauty Day 2019」や、JR原宿駅前に年内オープン予定の旗艦店「@cosme TOKYO」の概要の紹介に加え、リニューアルした@cosmeのサービスロゴが披露された。(9月26日)


PR Times:
アイスタイル、初の事業戦略発表会、「@cosme Partner Conference 2019」を開催


Text: 佐藤まきこ(Makiko Sato), 編集部
Top image: Chris Lawton via Unsplash

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
6

BeautyTech.jp

美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp

今週の関連記事まとめ

国内外のメディアから、美容をはじめとしたTech関連の記事で気になったものを選んでお届けします