見出し画像

【関連記事まとめ】YSL、AIが各自に合わせた色味を自動調合する口紅を発表ほか

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

<2021. 1.12-1.18 BeautyTech関連記事まとめ>
イヴ・サンローラン(YSL)は、スマホアプリに連動し、服装や髪色などにあわせてAIがカラーを自動調合する口紅デバイスを発表した。また、花王とライオンがスマート物流を目指し往復輸送で協働を推進。ネイルシールの韓国Gelato LabがKOSDAQ上場の手続きを開始した。

■アヴェダ、全製品をヴィーガンに移行

スクリーンショット 2021-01-18 10.12.07

出典: WWD JAPAN

アヴェダは、販売する全商品をヴィーガンにした。同ブランドでは以前より製品のほとんどにおいて動物由来成分は使用していなかったが、一部のリップケア製品にハニーやビーズワックスが用いられていたため、それらを植物由来のバターやワックスなどに置き換えた。またアヴェダは1978年の創業時からクルエルティフリーを掲げ、近年は米ミネソタ州にある本社に太陽光パネルを設置するなどの取り組みを進めている。(1月7日・期間外)

WWD JAPAN:
「アヴェダ」全製品がビーガンに ビーズワックスなどを植物由来の成分に置き換え

■「YSL」、AIが各自に合わせた色味を自動調合する口紅を発表

ロレアル傘下の「YSL」は、スマホと連携してカラーを自動で調合する口紅「Yves Saint Laurent Rouge Sur Mesure Powered by Perso」を発売する。AIが最適な化粧品を提案するテクノロジー「Perso」を導入した初の家庭用商品で、筒状のデバイスに3本の色材カートリッジを搭載し、専用アプリで撮影した顔写真から服装や髪色などに合った色味を抽出する。レッド、ヌード、オレンジ、ピンクの4種の色材セットを用意し、数千通りの組み合わせが可能。日本での発売は未定だが、2021年春に米国限定で先行販売を開始する。(1月14日)

FASHIONSNAP:
「YSL」からスマホ連動の口紅が登場、AIが最適な化粧品を提案

■LVMHジャパン、女性の再就職を支援する職業訓練プログラムを始動

スクリーンショット 2021-01-18 10.18.26

出典: WWD JAPAN

LVMH ジャパンは、出産、育児、介護などで離職した女性の再就職とキャリアアップをサポートする「IME LVMH JAPAN クライアント・アドバイザー・プログラム」を開始する。国際ファッション専門職大学とモード学園での特別カリキュラムの受講や、LVMH傘下ブランドでの店舗実習を行い、ファッション、コスメ、ウォッチなどの販売における専門知識と技能の習得を目指すもの。授業料は免除され実習期間中は生活支援手当が支給される。プログラム終了後は、LVMH傘下ブランドでの就職の機会も与えられる。IMEプログラムは2014年に始まり、これまでに欧州各国で800人以上が受講している。(1月12日)

WWD JAPAN:
LVMH ジャパンが女性の再就職をサポートするプログラムを始動 オンライン説明会へのエントリー募集

■ネイルシールの韓国Gelato Lab、KOSDAQ上場へ

画像3

出典: The Bridge

ネイルシールを手がける韓国のスタートアップGelato Labは、韓国KOSDAQ市場に上場する手続きを開始した。同社は、オンデマンドでデザインしたネイルシートを販売する「Gelato Factory」、ネイルアートの検索プラットフォーム「Gelato」を展開。日本には2019年6月に進出し、自社サイトのほか、マツモトキヨシやロフトなど500以上の店舗でも販売。日本での売上額は10億円近くにのぼる。(1月12日)

The Bridge:
ネイルシールブランド運営の韓国Gelato Lab、日本での売上好調でKOSDAQ上場へ

■競合商品の購入者に商品サンプルを送付するサービスが登場

画像4

出典: MarkeZine

DGマーケティングデザインは、競合商品の購入者に商品のサンプルを届ける「スナイパーパッケージ」の提供を開始した。リーフレットや送付箱などのクリエイティブ企画・デザインに加えて、大手ドラッグストアなどから取得した購買データをもとに、競合商品を購入した人をターゲティングした商品サンプル配送をセットにしている。対象となる商品は化粧品、飲料水、菓子、日用品、健康食品など。(1月13日)

Marke Zine:
アイリッジグループ、競合商品の購入者に商品サンプリングを届ける「スナイパーパッケージ」を提供

■ジョンマスターオーガニック、インスタライブを活用した動画コマースを拡充へ

画像5

出典: PR Times

ジョンマスターオーガニックは、ライブ配信や過去のアーカイブ動画を発信する公式オンラインストア内のショッピングチャンネル「meet up! CHANNEL」に、Instagramの写真や動画を活用するサービス「visumo social curator」を導入した。visumo social curatorは、技術的な知見がないスタッフでも簡単な操作で動画のアップロードからサイト掲載まででき、消費者に有益な動画コンテンツをポップアップ再生させることで商品購入を促すことが期待される。(1月13日)

PR Times:
ジョンマスターオーガニック インスタライブを活用した「meet up! CHANNEL」の動画コマースプラットフォームに『visumo social curator』を導入

■ポーラ・オルビス、トラベルリテール事業専門の子会社を香港に設立

画像6

出典: 週刊粧業

ポーラ・オルビスホールディングスは、トラベルリテール事業を専門で担う連結子会社「POLA ORBIS Travel Retail Limited」を香港に設立した。これまでトラベルリテールビジネスは個社個別で展開していたが、同社グループが保有するポーラ、Jurlique、THREEなどのブランドを統括して取り扱う販売会社とする。新型コロナウイルスの影響で国際線が減便するなか、中国の市中免税は大きな成長を続けており、あわせてリテール事業のコロナ終息後の成長も見込んでの措置で、今後はグループ内のドラベルリテール事業全体の統合も目指すとしている。(1月13日)

週刊粧業:
ポーラ・オルビス、TR事業を統括する子会社を香港に設立

■花王とライオン、スマート物流を協働で開始

画像7

出典: 週刊粧業

花王とライオンは、内閣府が推進する戦略的イノベーション創造プログラムの「スマート物流サービス」に参加し、両社の拠点間での往復輸送の協働を開始した。物流や積載量、輸送ルート等を検討し、花王の川崎工場(神奈川県)- 坂出ロジスティクスセンター(香川県)間の輸送と、ライオンのライオンケミカル坂出工場(香川県)- 加須(埼玉県)、柏(千葉県)、相模原(神奈川県)にある各流通センターへの輸送を結合。これにより、従来に比べて両社合計でCO2排出量を45%、輸送費用の23%を削減できる見込み。(1月14日)

週刊粧業:
花王・ライオン、スマート物流への取り組みを協働で開始

Text: 佐藤まきこ(Makiko Sato), 編集部
Top image: Aaron Burden via Unsplash


ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
8
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp