新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【関連記事まとめ】バーチャルヒューマン開発のAww、1億円資金調達ほか

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

<2020. 9.1-9.7 BeautyTech関連記事まとめ>
バーチャルヒューマンを開発する日本企業AwwがCoral Capitalから1億円の資金を調達。また、パーフェクトが店頭向けバーチャルメイクに、画面に触れないタッチレスやマスクをしたままトライオンできるなどの新機能を導入した。このほか、ロレアル パリUSAが米国で24時間365日のヘアカラーコンシェルジュサービスを開始、ランコムがオンライン美容相談にチャットボットを導入した。

■ロレアル、米国でヘアカラーコンシェルジュサービスを開始

画像1

出典: Global Cosmetics News

ロレアル パリUSAは、新型コロナウイルスの影響で自宅でのヘアカラーリング需要が高まっていることを受け、ヘアカラーに関するさまざまな相談を受け付けるプラットフォーム「ヘアカラーコンシェルジュサービス」をローンチした。同サイトでは、カラーリングのプロに、テキストメッセージまたはビデオ通話で24時間365日いつでも相談することができる。また同ブランドの製品をバーチャルで試せるほか、診断ツール、Q&Aやトレンドを紹介するコンテンツもある。同ブランドではロックダウンの期間中、コールセンターに寄せられるヘアカラー関連の相談が40%増えたことを明かしている。(9月1日)

Global Cosmetics News:
L’oreal Paris Launches At-Home Hair Color Service, Haircolor Concierge

■植物療法を取り入れた新スキンケアブランド「ワフィト」ローンチ

スクリーンショット 2020-09-07 7.09.12

出典: Fashionsnap.com

フランスで植物療法を学び、日本でも長年薬草を研究してきた植物療法士が手掛ける新ブランド「Waphyto(ワフィト)」が誕生した。植物がもつ機能性成分を抽出する特許機器を開発し、無農薬栽培された桑、菊、ヨモギなどのエキスを配合している。スキンケア、デリケートゾーンケア、ヘアケア、ボディケアの全22種類のアイテムを展開。日本の伝統色などを採用したパッケージには再生プラスチックを使用する。中目黒に旗艦店をオープンしたほか、伊勢丹新宿店やコスメキッチンでも取り扱う。(9月1日)

Fashionsnap.com:
植物療法を取り入れた新ブランド「ワフィト」がデビュー、薬草のエキスを配合したスキンケアやボディケアアイテムを提案

■生理周期に伴うイライラなどを軽減するセルフケアブランド「WRAY」誕生

画像3

出典: PR Times

生理周期に伴うイライラや気分の落ち込みなどを緩和し、女性のバイオリズムをサポートするセルフケアブランド「WRAY(レイ)」がローンチした。第一弾の製品は、サプリメントと美容液、シルクウォーマー(腹巻)。婦人科医監修のもと、サプリメントには各種ビタミンや西洋ハーブのチェストベリー、鉄分などを、美容液には生理周期によって起きやすい肌荒れや過剰な皮脂分泌を抑える成分等を配合している。(9月2日)

PR Times:
女性のバイオリズムをサポートするセルフケアブランドWRAY(レイ)誕生!

■ランコム、公式オンライン美容相談にウェブチャットとチャットボットを導入

画像4

出典: PR Times

ランコムは、公式オンラインショップで4月から開始したオンライン美容相談に、「KARTE」のウェブチャットと「i-assist」のチャットボットシステムを導入した。これにより、顧客からの質問に24時間365日対応できるようになり、eBA(eビューティアドバイザー)による有人対応への切り替えもスムーズになるとする。さらに、eBAはKARTEで蓄積したユーザー行動などのデータが参照でき、より個々にあわせたコミュニケーションによるきめ細かなデジタルカウンセリングの実現が期待される。(5月26日)

PR Times:
ランコム公式オンラインショップの美容相談チャットに「KARTE」と「i-assist」が採用

■インスタコスメメディア「emme」、EC向けや動画利用の広告メニューを開始

画像5

出典: PR Times

コスメやライフスタイルに特化したInstagramメディア「emme」では、動画投稿ができるInstagramの新機能リールやEC施策を含めた広告メニューの提供を開始した。リールを使い15秒間の動画で商品PRをするプランのほか、ストーリーやライブなどから直接ECへ誘導するECプランなどを用意する。同メディアはフォロワー数54万人で、その約8割が18~35歳の女性。(9月3日)

PR Times:
1投稿平均100万人リーチのインスタコスメメディアemme、リールやインスタコマースプランを含む広告メニューを開始

■バーチャルヒューマンを開発するAww、1億円の資金を調達

画像6

出典: PR Times

日本で初めてのバーチャルヒューマン事業を展開するAwwは、Coral Capitalからシードラウンドとして1億円の資金を調達した。同社は2018年の創業以来、「imma」「plusticboy」「Ria」などの3DCGで作成されたバーチャルヒューマンをプロデュース。バーチャルヒューマンに関するコンテンツ制作や、パートナーシップ企業のオリジナルバーチャルヒューマンの開発、さらに3DCGをリアルタイムで動かす技術開発などを進めている。(9月3日)

PR Times:
株式会社Aww、Coral Capitalよりシードラウンドにて1億円の資金調達を実施。バーチャルヒューマン事業を加速

■エスティ ローダー、世界的な人種問題ムーブメントを受け製品の見直しを実施

画像7

出典: Global Cosmetics News

BLM運動など人種による差別の撤廃を求める動きがグローバルに広がるなか、エスティ ローダーは多様性に配慮したコミュニケーションを踏まえ、「美白」や「色白」といった表現の使用を再考するなど製品ラインの見直しを図っている。この措置は、多数の有色人種の従業員から、同社が公平な職場環境整備をはじめとする社会的にエシカルな姿勢に欠けているとの、大きな批判の声が上がったことに対応したもの。見直しを行った具体的な製品名は明らかにされていないが、異なる価値観を尊重し、より幅広い消費者にアプローチする包括性を推進するとしている。(9月3日)

Global Cosmetics News: 
Estee Lauder Companies Reviews Product Line For ‘Cultural Sensitivity’

■パーフェクト、店頭向けアプリにタッチレスやマスク認識などの新機能を導入

パーフェクトは、新型コロナウイルス感染予防のためテスターを利用できない状況が続くなか、店頭向けバーチャルメイクアプリに新しい機能を導入した。新機能は、画面に触れることなく手の動きと音声でトライオンができるタッチレス機能、ユーザーが着用しているマスクを認識し、マスクを外さずに目元などのバーチャルメイクが可能な機能、さらに、画面上に写し出したユーザーの腕にリップカラーをのせて色味を確認できるバーチャルアーム機能である。(9月3日)

Cosmetics Business:
Covid-19: Perfect Corp confronts hygiene fears with new touchless in-store beauty solutions

Text: 佐藤まきこ(Makiko Sato), 編集部
Top image: Lumitar via Unsplash

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
10
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp

こちらでもピックアップされています

マーケティング
マーケティング
  • 280本

BeautyTech.jpのマーケティングに関する記事をまとめたマガジンです。