見出し画像

【関連記事まとめ】AIが好みに合う香水を提案するポップアップイベント開催ほか

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

<2021. 3.29-4.5 BeautyTech関連記事まとめ>
フレグランスセレクトショップ「NOSE SHOP」は、香りを言語化するAIが好みに合う香水を提案するポップアップイベントを開催。資生堂が、加齢臭の原因物質ノネナールが肌ダメージを引き起こすことと、それを抑制する香料を世界で初めて発見した。凸版印刷と台湾VesCirは、ブランドや企業向けに肌測定デバイスを使ったパーソナルケアサービスの提供を開始した。

■凸版印刷と台湾VesCir、肌測定デバイスによるパーソナルケアサービス提供開始

画像1

出典: Cnet Japan

凸版印刷は台湾ビューティテック企業VesCir Ltd.と共同で、化粧品メーカーや化粧品通販会社などに向けて、肌測定デバイスを使ったパーソナライズスキンケアサービス「SkinCatch」の提供を開始した。同サービスは専用デバイスのセンサーによりユーザーの肌データを取得し、独自のアルゴリズムで解析。専用アプリ上に、肌の水分、色素、皮脂、酵素の4項目ごとに点数として表示し可視化する。企業側は管理画面からユーザーの肌状態が把握でき、一人ひとりの顧客に合わせたコミュニケーションを可能にする。(3月25日・期間外)

Cnet Japan:
凸版印刷とVesCir、肌測定デバイスと専用アプリによるパーソナルスキンケアサービス「SkinCatch」を提供開始

■妊娠・更年期・生理不順など、郵送ホルモン検査サービス「canvas」スタート

画像2

出典: PR Times

Vitalogue Healthは、自宅でホルモン検査を行えるサービス「canvas」の発売を開始した。同サービスは、簡単に自己採血できるキットが自宅に届き、生理3~5日目に自身で血液を採取し返送すると、後日ホルモン値をもとにした検査レポートが受け取れる。妊娠をみすえた健康チェックのほか、更年期、ニキビ・生理不順の3種類の検査キットを用意。企業・団体の福利厚生や共同購入に対応するパッケージもある。(3月26日・期間外)

PR Times:
自宅でできる郵送ホルモン検査サービス「canvas (キャンバス)」ニキビ・生理不順、妊娠、更年期の3種類の検査キットを発売開始

■米コルゲートがZ世代向けブランドを発表、「オーラルビューティ」へ参入

画像3

出典: Glossy

大手消費材メーカーのコルゲート・パーモリーブは、Z世代向けのオーラルケアブランド「Co. by Colgate」を発表し、「オーラルビューティ」分野に参入する。同ブランドはホワイトニング用歯磨き粉、電動歯ブラシ、ホワイトニングキット、歯の着色汚れ防止マウスウォッシュなど7種類をラインナップし、価格は8〜129ドル。米化粧品小売チェーンのウルタとブランド公式ECサイトのみで販売を開始した。(3月30日)

Glossy:
Colgate taps into the ‘oral beauty’ trend with new sub-brand for Gen Zers

■アルビオン、販売は行わない無料オンラインカウンセリング開始

スクリーンショット 2021-04-05 10.07.00

出典: WWDJAPAN.com

アルビオンは、専任ビューティアドバイザーによるZoomを介した無料のオンラインカウンセリングを開始した。カウンセリングでは肌のお手入れなどの相談にのり、商品の販売は行わない。対象ブランドは「アルビオン」「エレガンス」「イグニス」など6ブランドで、公式サイトの申し込みフォームから予約する。(3月31日)

WWDJAPAN.com:
アルビオンがオンラインカウンセリング開始 専任アドバイザーが無料で相談

■資生堂、加齢臭のノネナールが肌ダメージを引き起こすことと抑制物質を発見

画像5

出典: PR Times

資生堂は、加齢臭の原因物質であるノネナールが肌ダメージを引き起こすことを、世界で初めて科学的に証明した。ノネナールは40代頃から発生する体臭の原因物質で、鼻だけでなく、肌もノネナールを感知し、表皮細胞がダメージを受けて肌が薄くなることを明らかにした。さらにノネナールに対してマスキング効果のある6種類の香り成分を調合した新規複合アロマ香料が、ノネナールによる肌ダメージを抑制することを発見した。(3月31日)

PR Times:
資生堂、世界初 ノネナールが肌ダメージを引き起こすことを発見

■コスメを通して環境問題を学ぶ検定制度が誕生

画像6

出典: @Press

花と植物癒し協会は、化粧品を通して海洋汚染と熱帯雨林破壊について学び、資格も取れる「グリーンビューティアクティビスト」の検定制度を開始した。化粧品と石油の関係、海洋問題、パーム油の生産がもたらす問題などをテーマにしたカリキュラムが設けられ、化粧品と地球環境問題をリンクして学ぶことができる。オンライン受講が可能で、受講料の一部は世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)に寄付される。(3月31日)

@Press:
海洋汚染と熱帯雨林破壊をコスメで学ぶ 「グリーンビューティアクティビスト」検定制度をスタート

■AIが好みに合う香水を提案するポップアップイベント開催

スクリーンショット 2021-04-05 10.12.20

出典: Fashionsnap.com

BIOTOPE INC.が展開するフレグランスセレクトショップ「NOSE SHOP」は、AIがユーザーの好みに合う香りを提案するポップアップイベント「NOSE SHOP×KAORIUM -超感覚"嗅覚"体験 POP UP-」を、ニュウマン新宿店と東急プラザ銀座店で5月5日まで開催する。「爽やか」「甘い」など、香りを言語化する独自のアルゴリズムを応用したAIシステム「カオリウム」を店頭に設置。3つの香りを嗅いで好みに近い香りを選択すると、「洗練された」「穏やか」などのキーワードが表示される。これを3回繰り返し、AIが店内の20種類の香水のなかからユーザーに最適な香り3種類と嗜好のキーワードを提示する。(3月31日)

Fashionsnap.com:
AIで「好みの香水」を探す機械がノーズショップに出現 香りを言語化する新体験

■コーセー、温室効果ガス削減目標を35%に上方改定、「SBT」認定取得

画像8

出典: WWDJAPAN.com

コーセーは、企業の温室効果ガス(GHG)削減について目標設定を求める国際団体SBTIから、パリ協定が掲げる水準に適合した企業を認定する「SBT」を取得した。同社は2030年をゴールとするサステナビリティ戦略で、自社で使用するエネルギーや電力を由来とするGHG排出量の削減目標を28%から35%に上方改定し、バリューチェーン全体での削減目標を新たに30%と設定したことが評価された。(3月31日)

WWDJAPAN.com:
コーセーが温室効果ガス削減目標を上方改定 国際承認機関から「SBT」認定取得

Text: 佐藤まきこ(Makiko Sato), 編集部
Top image: Aaron Burden via Unsplash

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
14
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp