新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【関連記事まとめ】アマゾン、Amazon Goのレジなし決済技術を小売業者に提供ほか

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

<2020. 3.9-3.16 BeautyTech関連記事まとめ>
今週は、アマゾンがレジなしコンビニエンスストアAmazon Goの決済技術Just Walk Outを、ほかの小売業者に提供していくと発表。化粧品ECプラットフォーム「NOIN」が、データマーケティング支援プランの提供を開始した。また、パーソナライズヘアカラーの「COLORIS」がコミュニティ型シェアサロン「GO TODAY SHAiRE SALON」とコラボしポップアップをオープンした。

■ジーユーが身長158㎝のバーチャルヒューマンを開発

画像1

出典: PR Times

株式会社ジーユーは、バーチャルヒューマン「YU(ユウ)」を開発、動画広告などにモデルとしてフィーチャーしていく。「身長158cm。彼女が、もっと、ファッションを自由にする。」のコンセプトで、女性200名の身体を測定し、その平均データを参考に作成。20歳の大学生という設定で、理想のモデル体型でなくとも、似合うトレンド服や着こなしがあることを伝えるため、リアルなスタイルでさまざまな商品やコーディネートを提案する。(3月9日)

PR Times:
~身長158cm。彼女が、ファッションを、もっと自由にする。~ バーチャルヒューマン「YU(ユウ)」誕生

■アマゾン、Amazon Goのレジなし決済技術を小売業者に提供

画像2

出典: CNET Japan

アマゾンは、レジなし決済技術「Just Walk Out」の専用サイトを立ち上げ、同技術をほかの小売業者に提供していくことを発表した。Just Walk Outは、コンピュータービジョンやセンサー技術などを組み合わせ、買い物客が棚からどの商品を取ったかを検出し、仮想カートに入れて追跡するもの。この技術は、全米で20店舗あるレジなしコンビニエンスストア「Amazon Go」で使用されている。導入にかかる期間もわずか数週間としている。(3月10日)

CNET Japan:
アマゾン、小売店舗用レジなし決済技術「Just Walk Out」を外販へ

■化粧品ECプラットフォーム「NOIN」、データマーケティング支援プランを提供 

画像3

出典: MarkeZine

ノインは、同社が運営する化粧品ECプラットフォーム「NOIN」上で商品を販売する化粧品メーカーに向けて、データマーケティング支援プランの提供を開始した。NOINに出品されている商品販売データをもとに、人気商品傾向や販売プランニングを支援。パッケージや商品メッセージのABテスト等も実施するなど、化粧品メーカーの商品開発から販売までを一貫してサポートしていくとする。(3月10日)

MarkeZine:
化粧品ECプラットフォーム「NOIN」、メーカー向けデータマーケティング支援プランを提供開始

■H&M、サプライチェーンを他社に開放するB2B向け新サービスを開始

画像4

出典: Fashionsnap.com

H&Mは、同社のグローバルサプライチェーンを他社に開放するB2B向けの新サービス「トレッドル(Treadler)」を発表した。対象商材はアパレルとテキスタイルで、トレッドルのウェブサイトには世界1,600以上のサプライヤーの情報が開示されている。外部企業はトレッドルを通して、商品開発から調達、サンプリングなどのサービスを必要に応じて発注できる。同サービスはH&Mが推進する環境持続可能な衣料品生産をより加速させる施策の一環。(3月10日)

Fashionsnap.com:
H&MがB2B向け新サービス「トレッドル」始動、サプライチェーンを他社にも開放

■シーボン、画像解析で顔の特徴を正確に捉えるAI技術を開発

画像5

出典: PR Times

シーボンは、肌カウンセリングシステムで使われている画像解析において、眉や目などのパーツの位置をより正確に捉えるAI技術を慶應義塾大学と共同で開発した。現在シーボンのフェイシャリストサロンでは、自社オリジナルの肌撮影機「エピスキャン」による顔全体の画像解析を行っているが、解析時に必要となる眉・目・鼻・口の位置設定はフェイシャリストが手動で対応している。今回開発されたAI技術では、各パーツを高速で抽出することができ、解析精度の向上と効率化につながる。(3月11日)

PR Times:
肌の画像解析における顔の特徴を正確に捉えるAI技術を開発

■LVMH、各分野で活躍する女性にフォーカスしたポッドキャストを配信

画像6

出典: Cosmetics Business

LVMHは、ファッションや化粧品業界などで活躍する女性12人にフォーカスした新しいポッドキャストシリーズ「Tips to the Top」の配信をスタートした。番組にはLVMH傘下のブランドのメイクアップアーティストやブルガリのUKマネージングディレクター、ペストリーシェフなどが登場し、これまでのキャリアの転換点や成功への道のりについて自ら語るもの。LVMHではジェンダーにおける平等の推進を表明しており、このポッドキャストもその一環である。(3月11日)

Cosmetics Business:
LVMH debuts podcast series to celebrate female talent

■オンライン医療相談などインターネット上の医療関連サービスが拡大

画像7

出典: PR Times

新型コロナウイルス感染症の拡大を背景に、医療関連のオンラインサービスが広がっている。

メディプラットが運営するオンライン医療相談サービス「first call」が、新型コロナウイルス感染症緊急対応策の一環として、経済産業省が設置する「健康相談窓口」に選定された。健康上の質問を医師にチャットで問い合わせることが可能で、24時間対応。3月末まで法人、個人とも無料で利用できる。(3月11日)

北海道大学病院産科では、妊婦の医療現場での感染リスクの低減を目指し、オンライン妊婦検診を開始した。メロディ・インターナショナルが開発したIoT型胎児モニター「分娩監視装置iCTG」や、妊婦が計測したデータを医師と共有できる周産期遠隔医療プラットフォーム「Melody i」を活用。通院せずに、自宅で本格的な妊婦検診が受けられる取り組みとしては国内初となる。(3月11日)

女性のための女性医師によるオンライン医療相談サービスを提供するアナムネは、オンラインでサプリメントの提案やカウンセリングができる「オンラインサプリ外来」をリリースした。オンライン上の問診で不足している栄養素をAIが推定し、最適なサプリメントを自動でレコメンド。医師による無料のオンラインカウンセリングも受けられる。(3月12日)

The Bridge:
オンライン医療相談サービス「first call」「LINEヘルスケア」、新型コロナウイルス対策で経産省「健康相談窓口」に選定——医師相談を無料提供

PR Times: 
妊婦への感染拡大を防ぐため「通院しない」オンライン妊婦健診・診療をサポート

PR Times:
オンライン医療相談のアナムネ、「オンラインサプリ外来」を提供開始

■パーソナライズヘアカラー「COLORIS」、「GO TODAY SHAiRE SALON」とコラボ

画像8

出典: PR Times

パーソナライズヘアカラーブランド「COLORIS」は、フリーランス美容師のシェアサロン「GO TODAY SHAiRE SALON」とコラボレーションし、提携美容師によるカウンセリングやヘアケアアドバイスなどのサービスが受けられるポップアップストアを渋谷にオープンした。「COLORIS」は11の質問に答えるだけで、1万通りの処方から最適なヘアカラーをカスタマイズする定期通販サービス。サービス利用後もマイページ上で担当スタイリストが継続的にサポートする機能も導入している。(3月13日)

PR Times:
パーソナライズヘアカラー「COLORIS」、渋谷モディで「GO TODAY SHAiRE SALON」とコラボし全国初のポップアップストア開催!

Text: 佐藤まきこ(Makiko Sato), 編集部
Top image: Perica Oreskovic via Unsplash

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
7
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp

こちらでもピックアップされています

今週の関連記事まとめ
今週の関連記事まとめ
  • 131本

国内外のメディアから、美容をはじめとしたTech関連の記事で気になったものを選んでお届けします