見出し画像

【関連記事まとめ】Google検索結果にバーチャルメイク機能導入ほか

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

<2021. 6.28-7.5 BeautyTech関連記事まとめ>
米Perfect Corp.とGoogleがパートナーシップを結び、Google検索結果ページ上でARバーチャルメイクが試せることになった。また仏ロレアルも、FacebookとModiFaceとの技術プラットフォームを統合し、Instagramショッピングにバーチャルメイク機能を導入した。さらにアマゾン ウェブ サービスがヘルスケア分野のアクセラレータープログラムの立ち上げを発表した。

■仏ロレアル、100%リサイクルプラスチック容器を採用

画像1

出典: Global Cosmetics News

仏ロレアルは、100%リサイクルプラスチック材料から製造した化粧品容器を採用すると発表した。フランスのバイオテクノロジー企業Carbiosが酵素技術を使用して開発したもので、透明、不透明、着色などさまざまなタイプのPET(ポリエチレンテレフタレート)に対応しており、無限にリサイクルできる。スキンケアブランド「Biotherm(ビオテルム)」に導入される予定。ロレアルでは、2030年までに全てのプラスチックパッケージをリサイクルまたはバイオ由来のものに転換する計画を打ち出している。(6月28日)

美容経済新聞:
仏ロレアル、100%リサイクルプラスチック容器を化粧品ボトルに採用

■有楽町マルイ、テナントや個人向け撮影スタジオを開設

スクリーンショット 2021-07-05 13.42.57

出典: WWDJAPAN.com

丸井は、SNSなどによる情報発信が活発化していることを受け、有楽町マルイの3階売り場内に、テナントや個人が利用できる撮影用シェアスタジオ「スタジオゼロワン」を開設した。広さ60平方メートルのスペースには、撮影用の照明や音響機材を完備し、高速通信環境を整えた。同店の入居テナントのほか、出店していないD2Cブランドや個人も、1時間6,600円で利用できる。(6月29日)

WWDJAPAN.com:
有楽町マルイ、売り場内に「撮影スタジオ」 入居テナントがSNSやECで活用

■AWS、ヘルスケアのアクセラレータープログラムを発表

画像3

出典: Forbes Japan

アマゾン ウェブ サービス(AWS)は、ヘルスケア業界のスタートアップを支援する「AWSヘルスケア・アクセラレーター・プログラム」の立ち上げを発表した。米国を拠点とする、あるいは米国ですでに事業を展開中のヘルスケア関連スタートアップが対象で、4週間にわたって技術やビジネスについて学び、メンターから指導が受けられる。(6月29日)

Forbes Japan:
AWS、ヘルスケアのアクセラレーター立ち上げを発表

■D2Cブランドが即時出店できる無在庫店舗システム登場

画像4

出典: PR Times

PATRAは、同社が運営するEコマースプラットフォーム「PATRA OWNERS」に展開するD2Cブランドが、全国の小売店に即時出店できる無在庫システム「CONTACT STORE」をリリースした。CONTACT STOREに来店した顧客は、スマホを操作し、Webの画面で商品の詳細やクチコミなどを閲覧しながら、実物の商品を確認して試着できる。その場で商品を購入した場合は、国内倉庫から最短翌日に発送されるほか、後日Webで購入することも可能。(6月29日)

PR Times:
「買わなくても楽しいお店」をコンセプトに、新しい購買体験を提供する無在庫店舗システム「CONTACT STORE」をリリース

■Google検索結果ページに、パーフェクトのバーチャルメイク機能導入

画像5

出典: PR Times

米Perfect Corp.とGoogleがパートナーシップを結び、Google検索結果ページ上からダイレクトにバーチャルメイク体験ができる機能を導入した。ユーザーがデバイスのインカメラを起動すると、自身の顔で気になる商品の色味が試せる。エスティ ローダー、M・A・C Cosmeticsなど40以上のブランドのリップとアイシャドーが利用可能で、今後は対応商品カテゴリーを拡充していくとする。(6月29日)

PR Times:
Google検索結果ページ上にAR技術を活かしたバーチャルメイク体験機能を導入、40を超える美容ブランドが利用

■広告視聴で生理用ナプキンを無償提供するサービス登場

画像6

出典: MarkeZine

ウエルネス事業を展開するオイテルは、ショッピングモールやオフィスなどの女性個室トイレで生理用ナプキンを無償提供するサービス「OiTr ads(オイテルアドズ)」を8月より開始する。OiTr adsはデジタルサイネージ付きのディスペンサーで、利用者が個室トイレの便座に座ると、センサーが感知して無音声の動画広告が配信される。出稿企業の広告費で各種費用をまかなうことで、利用者は無料で生理用ナプキンが手に入る。(6月29日)

MarkeZine:
オイテル、女性個室トイレに「OiTr ads」の提供へ 広告視聴者に生理用ナプキンを無償提供

■インフルエンサーコスメD2C支援「NUANCE LAB.」誕生

画像7

出典: PR Times

トリクルは、D2C化粧品ブランドを立ち上げたいインフルエンサーや個人に向け、コスメの企画・製造・販売を支援するプラットフォーム「NUANCE LAB.」をリリースした。利用者は商品の種類や成分、ボトルデザインを自由に選択でき、成分配合、デザイン制作、価格設定から商品化までのプロセスを、全てオンライン上ワンストップで実現する。また受注生産のため低コストでの開発が可能で、製作した商品はNUANCE LAB.のECサイトへ自動連携し、スムーズに販売できるとしている。(7月1日)

PR Times:
【インフルエンサー向け】コスメD2C支援プラットフォーム“NUANCE LAB.”を提供開始

■仏ロレアル、Instagramショッピングにバーチャルメイク機能を導入

画像8

出典: PR Times

仏ロレアルとFacebookは、ロレアル傘下のModiFaceの技術プラットフォームの統合を発表した。これにより、InstagramショッピングでARのバーチャルメイク機能が利用可能となる。ユーザーは化粧品ブランドのInstagramを閲覧して気に入った商品を見つけ、購入前に色味などをバーチャルで試すことができる。まずは、NYX Professional Makeupやメイベリン ニューヨーク、ランコムのリップ製品に実装し、順次グループ傘下の他ブランドやメイクアップカテゴリーに展開する。(7月1日)

PR Times:
仏・ロレアルとFacebook社 InstagramショッピングにModiFace社によるヴァーチャルメイク機能を導入

Text: 佐藤まきこ(Makiko Sato), 編集部
Top image: Jake Weirick via Unsplash

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。2021年7月19日より月・水・金の週3回配信となり、9月1日にリニューアルを予定しております。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf