マガジンのカバー画像

OEM・ODM

23
BeautyTech.jpのOEM・ODMに関する記事です。
運営しているクリエイター

記事一覧

Cosmepolitan、世界の新興美容ブランドに向け小ロットでフルカスタマイズ…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
3週間前

ファーメンステーションが新原料開発でOEM事業開始、グローバル展開も視野へ

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
1か月前

日本発の新クリーンビューティ「Save ME」「7NaNatural」ブランド哲…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
2か月前

美容業界で応用できるイノベーション創出の4つのヒント、MASHING UPの議論…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
4か月前

開発から販売・物流まで化粧品D2Cブランドを支える支援サービス10 【スライド】

◆ 9/1よりリニューアルしました。詳細はこちら ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクか…

BeautyTech.jp
6か月前

OEM大手トキワの新体制、サステナブル経営と日本ブランドの海外進出支援も視野に

◆ 9/1よりリニューアルしました。詳細はこちら ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクか…

BeautyTech.jp
6か月前

サティス製薬とCCI協業の本質、D2Cブランドにおけるデータドリブンな意思決定

◆ 9/1よりリニューアルしました。詳細はこちら ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 「バルクオム」「MEDULLA」など成長著しいD2CブランドのOEMを手掛けるサティス製薬は、デジタル領域全般のマーケティング支援を展開するCARTA COMMUNICATIONS(以下CCI)との協業を発表した。両社の協業では、ワ

スキ
26

Cosmepolitan、グローバルなOEMプラットフォームとして成長、日本語対…

◆ English version: Cosmepolitan thrives as a global OEM platform ◆ 9/1よりリニューア…

BeautyTech.jp
8か月前

OEM大手トキワ、D2Cブランドを「持続可能」にするワンストップソリューション始…

◆ 9/1よりリニューアルしました。詳細はこちら ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクか…

BeautyTech.jp
9か月前

三井物産ケミカルが国内OEM・ODMなどと仕掛ける、J-Beautyのグローバル…

◆ 9/1よりリニューアルしました。詳細はこちら ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクから…

BeautyTech.jp
11か月前

J-Beautyを世界へ。大手OEMトキワの成長戦略と2回目のアクセラプログラム…

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Face…

BeautyTech.jp
1年前

パペルックが化粧品D2Cソリューション開始、「最短3カ月」と「売上」にこだわる理…

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Face…

BeautyTech.jp
1年前

東色ピグメント、中国新興ブランドYUMEEのOEMで実感した “日本製” のこれ…

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Face…

BeautyTech.jp
1年前

韓国の外資ブランド進出を裏で支えるCTKコスメティックス、OEMプラットフォームも

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 韓国証券市場KOSDAQに上場しているCTKコスメティックスは、化粧品市場激戦の韓国で、華やかなグローバルブランドを裏方で支える実力企業だ。関わる領域は広く、企画から納品まですべてのプロセスにおいてノウハウを有し、市場にマッチする商品開発か

スキ
38