韓国オンライン接客は肌診断やAIレコメンドを積極導入、各ブランドが方向性を模索
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

韓国オンライン接客は肌診断やAIレコメンドを積極導入、各ブランドが方向性を模索

◆ English version: South Korean Beauty brands move beauty counseling services online as pandemic hinders face-to-face sales
◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

新型コロナウイルス感染症がいまだ収束の気配をみせないなか、世界各国と同様に、韓国の美容業界でもオンラインによる非接触カウンセリング&診断の重要性が注目されている。これまで訪問販売が強かった韓国で起きている変化は、まずはECに肌分析などのツールを導入しながら既存の美容部員にオンライントレーニングを行っている。同市場のオンラインカウンセリングの全体像を分析する。

直接対面販売が難しいなかで肌診断導入を進める大手

百貨店や免税店などのオフラインショップやEC販売網もさることながら、アモーレパシフィックLG生活健康など韓国大手化粧品メーカーの売上を支えていたひとつが、カウンセラー(美容部員)による「訪問販売」だった。

コロナ以前の2019年の段階では、アモーレパシフィックの訪問販売カウンセラーは約3万人おり、その顧客数はおよそ250万人にのぼっていた。訪問カウンセラーによる売上が年間約1,700億円(2016年)を記録したこともある。しかし、新型コロナウイルスの到来とともに、訪問カウンセリングおよび販売は原則禁止となる。対面接客のノウハウを教えるトレーニングの多くは中断され、社内カウンセリングアプリやオンラインシステムを使いこなすための教育が、集中的に行われるように変わった。

写真001

アモーレパシフィックの
カウンセラー募集ページ
出典: アモーレパシフィック公式サイト

一方、約2万人の訪問カウンセラーを擁するLG生活健康も、オフライン教育の割合を減らす方向に舵を切り、かわりにスマートフォンやSNSを使ったオンライントレーニングが積極的に奨励されている。韓国ではこれら大手2社以外にも訪問販売を売上の柱としていたメーカーやブランドが少なくない。リアルに人と接触できない市況が続くなか、カウンセリングをオフラインからオンラインにシフトしていく流れが加速しているのは明らかだ。

韓国において、非接触のオンラインカウンセリングツールとしてトレンドになりつつあるのは、AIを使った「肌診断システム」や関連ソリューションだ。その多くはユーザーがパーソナルデバイスや店頭備えつけの端末でセルフ診断を行い、アドバイスから製品レコメンドまでアプリのみで完結するタイプだ。

サムソン電子のスピンオフ企業であるlululabは、AI肌診断システム開発の世界的なトップランナーのひとつとしてすでに有名だが、最近では後発の韓国ビューティスタートアップ・LILLYCOVERが「Muilli」というプロダクトをCES2021にも出展して話題を集めている。

この続きをみるには

この続き: 2,914文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf