見出し画像

オドレート、Tシャツで体臭ケアをパーソナライズ化。美容や医療へも応用可能な技術

◆ English version: The Smell of Sweet Success from a Sweaty Tee
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

2000年以降、大手企業による体臭研究成果とそれに紐づくマス向け商品の登場で火が付き、日本人の体臭ケアへの関心は年々高まっている。そんななか、体臭を客観的な指標で「見える化」し、パーソナライズされた体臭対策のアドバイスを行うのがオドレート株式会社だ。体臭ケア市場の現状と、体臭研究が他分野にどのように応用される可能性があるのかについて、同社 代表取締役 石田翔太氏に聞いた。

オドレートが画期的なのは、キットで回収した一人ひとり異なる体臭を構成する、数多くの匂い成分を分子単位で詳細に分析して数値として提示した点にある。この科学的なエビデンスにより、より実効的なケア対策が提案できるとともに、各自が自分の体臭の“正体”を把握するのを可能にした。

日本人は、比較的体臭の少ない民族だといわれているが、清潔志向の強まりとともに体臭にも敏感になり、「無香を良し」とする風潮が年々広がっている。それは、働く人の8割が、体や服の臭いを気にしているというデータや、2人に1人が「スメルハラスメント」という言葉を認知しているといった調査結果からも明らかだ。

自然界には40万種類の匂い分子が存在し、そのうち数百種以上の体臭の成分が確認されている。体臭の原因は大きく2つに分類され、汗や皮脂が皮膚表面に存在する皮膚常在菌によって分解され酸化することで発生するものと、疲労やストレスなどの精神状態やホルモンの変動、食べ物などの生活習慣や疾病を原因とするものとがある。これらの要素が複雑に絡み合い、体臭に個人差がうまれる。

そこに注目し、専用の体臭測定キットで臭いの組成を測り、それぞれに合ったパーソナライズケアを設計するスタートアップが、オドレートだ。社名やサービス名の「オドレート」は、体臭を客観的に評価する「odorate = odor(臭い) + rate(評価する)」が由来となっている。

画像1

オドレート株式会社
代表取締役 石田翔太氏

事業の発端は、石田氏自身が、学生時代に体臭で悩んだ経験にある。「体臭は自分ではわかりづらく、人にも相談しづらい。また、自分の体臭を客観的に把握できないので、対策をしてもその効果に自信が持てないことが多い。そこで、体臭を(数値として)“見える化”できないかと考えた」と石田氏。

一橋大学大学院に在籍中、一橋大学と東京工業大学が共同で運営する文理共鳴トップリーダー育成プログラムに参加した際に、身近な悩みや問題を解決するプロジェクトとして「体臭を測定する」というアイディアを提案したところ、思いがけず周囲の人たちから賛同が得られ、事業化の検討を開始。2016年3月に大学院を卒業した後は、Webマーケティング企業に勤務しながら事業の実現性を模索し、同年10月に法人を設立してVCから出資を受けた。

その後も、二足のわらじで約2年間、SNSなどで募集して体臭が気になる人へのインタビューで市場調査を行い、大学との共同研究や体臭サンプルの測定、回収方法の検討、測定精度の向上などの研究開発を続け、サービス化のめどがたった2018年3月に退職し、同年4月からオドレートの事業を本格的にスタートした。

臭い成分の分析と人の嗅覚を使った体臭測定

体臭測定キットodorateは、活性炭でできた臭気物質吸着剤を貼り付けたTシャツを24時間着用し体臭を採取する。着用したTシャツと臭気物質吸着剤を付属の密封容器に入れ、レターパックで投函すれば、約1ヶ月でPDFファイルの結果シートがメールで送られてくる仕組みだ。

キット中身

体臭測定キットの中身
(提供:オドレート)

体臭の分析には、臭い分子の種類と量を特定する機器「ガスクロマトグラフ質量分析計」を使った臭い分子の分析と、人の嗅覚を使った体臭の印象や強さ、不快度の判定の両方を行う。その理由は、機器による成分分析だけでは、人がその臭いを嗅いだときにどう感じるかの印象評価ができないからだ。

体臭を周りの人がどう思うか、特に臭いの強い箇所はどこかを特定し、その原因と考えられる臭い分子に効果的なケア方法を提案する。そのアドバイスは、皮膚ガス測定の第一人者である研究者をはじめ、各分野の専門家のアドバイスを受けながら、日中の体表ケア用のアイテム、寝具や衣類の洗濯・管理方法、シャンプー、ボディソープなど、今すぐできるケアが一人ひとりオーダーメイドで詳細に記載されている。

「今後、サンプル数の増加とともに、(アドバイスの)内容を一部パターン化できる可能性はあるが、体臭の悩み度合いや原因は人それぞれ異なるため、すべてパターン化するのは難しい」と石田氏が語るように、体臭対策はパーソナライゼーションとの親和性が高い領域だが、効率化という意味での完全自動化は困難であるという。

画像3

臭い成分を分析するガスクロマトグラフ

検査結果

オーダーメイドで作成する結果シート

odorateは正式発売に向けて、2018年10月にMakuakeでクラウドファンディングを実施し、目標金額の500%にあたる150万円の資金を集めることに成功した。その後、各国の資源政策の影響で、ガスクロマトグラフ質量分析計で使用する高純度ヘリウムガスが入手困難というトラブルもあり、時期が大幅にずれこんでしまったが、2019年7月31日から販売をスタート。

販売価格は15,000円(税込・往復送料込)と決して安価ではないが、毎週個数限定で販売するキットは発売後4週連続で完売したという(2019年8月末現在)。購入者は男女比が1:1で40代がもっとも多く、キットともに送られるヒアリングシートでは、体臭の悩みについて誰にも言えず、悩んでいる切実な声が寄せられることも多いという。

オドレート

拡大する体臭ケア市場。日本だけでなく東南アジアでも

制汗剤をはじめとするデオドラント市場は、2018年には475億円※1まで拡大しており、毎年5%前後伸長しているというデータもある。また、日本のみならず、生活水準が向上している東南アジアでの人気も高まっている。食生活、防臭衣類、香水などの臭い関連市場を含めると、体臭対策を目的とした市場規模はさらに大きいと考えられる。

※1 インテージSRI 制汗剤市場 2018年1月~2018年12月(推計販売規模〈金額〉)

その背景には、2000年に資生堂が「加齢臭」を発見、2013年にマンダムが30代半ば〜50代半ばで最も強くなる「ミドル脂臭」を発表、さらに2018年にロート製薬による「若い頃の甘い臭い」の正体である「ラクトンC10/ラクトンC11」が30代以降で減少するといった研究発表があり、大手企業の臭い研究に紐付いて開発されたマス向け商品が、市場の成長を加速させてきた。

こうした動きを受けて、石田氏は「自分の体臭について不安になったら、まず測って現状を正しく知り、それから自分に必要な商品を買う、という新しい文化を作りたい」という。そのためにも、より多くの人が手に取りやすいよう販売価格の見直しや、定期的に体臭を測定できるサブスクリプションモデルでの販売なども検討していく予定だ。

また、体臭はクチコミでの拡散やコミュニティマーケティングといった手法が難しい分野であるため、体臭の研究機関として信頼を得ていけるよう体臭研究も積極的に行って学会でのプレゼンスを上げ、大手企業との協業なども考えているという。そして、「将来的には、体臭を消すのではなく、元の体臭にプラスして魅力的な体臭にするフレグランス領域への応用や、臭いで病気を探知するがん探知犬に代わる医療分野への応用なども視野に入れて、体臭研究を続けていきたい」と石田氏は意気込む。

体臭の可視化により、ひとりひとりが抱える悩みにアプローチできるだけでなく、よりよいフレグランス開発や医療へも応用できる技術は、海外市場でも受け入れられる可能性が大きいのではないか。国や民族によって社会的背景や体質が異なり、匂いに対するアプローチは、パーソナライズ化していくことが必須だからだ。

Text : 小野梨奈(Lina Ono)
Top image: PrimeMockup via shutterstock

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
5
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp