BeautyTech.jp
アモーレパシフィックとLG生活健康が追求するパーソナライズ、入浴剤やヘアカラーも
見出し画像

アモーレパシフィックとLG生活健康が追求するパーソナライズ、入浴剤やヘアカラーも

BeautyTech.jp

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

韓国国内では美顔器やIoT、スマートファクトリーといったビューティテック市場の成長に改めて注目が集まっている。なかでも大手の投資が盛んに行われているのが、パーソナライズ領域だ。業界最大手アモーレパシフィックとLG生活健康の事例をレポートする。

韓国の重要産業のひとつに制定されるビューティテック

美顔器やIoTなどのホームビューティデバイスの順調な売上拡大などを背景に、韓国ではビューティテック市場のさらなる成長に期待がかかっている。LG経営研究院のリサーチによれば、韓国国内のホームビューティデバイス市場は、2013年の800億ウォン(約81億円)規模から、2018年には5,000億ウォン規模(約507億円)まで成長。2022年には1兆6,000億ウォン(約1,623億円)規模まで拡大すると見込まれている。

美容関連市場の成長を注視する韓国政府も、ビューティテックを国の重要産業のひとつに定め、積極的に後押しする構えだ。2021年には、パーソナライズコスメ開発や関連産業を活性化させるため、9カ国8,000人分の皮膚・遺伝子データが活用できるデータプラットフォームを、2025年までに独自に構築していく目標も発表した。

また、スマートファクトリーの規制緩和で店頭での展開が可能になり、「パーソナライズ」が消費トレンドとしてますます注目されるなか、韓国化粧品業界をリードするアモーレパシフィックやLG生活健康は、関連ソリューションの開発・展開に意欲をみせる。

アモーレパシフィックは脳波測定から入浴剤をその場で提供、パーソナライズ新ブランドCUSTUM.MEも

アモーレパシフィックはCES2022において、「Mind-linked Bathbot」と「Myskin Recovery Platform」という2つのソリューションを発表し、いずれもCESイノベーションアワードを受賞している。

Mind-linked Bathbotは、8つのセンサーが搭載されたヘッドセットを使用し、ユーザーの脳波を測定。取得されたデータをベースに、各自の気分や感情に合わせたアロマおよび入浴剤をロボットが調剤し製造、その場で提供するという「パーソナライズ×オーダーメイド」ソリューションとなっている。測定終了から商品提供までの時間は約1分とされており、ユーザーは自販機でインスタントコーヒーをオーダーするような感覚で、パーソナライズされたビューティアイテムを手にすることができる。

この続きをみるには

この続き: 3,006文字 / 画像4枚

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
BeautyTech.jp
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf