大麻コスメ市場急成長、その背景にあるのはナチュラルを求める消費者意識
見出し画像

大麻コスメ市場急成長、その背景にあるのはナチュラルを求める消費者意識

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

いわゆる”大麻コスメ”を美容系のスタートアップが続々発表し、専用のECサイトまで誕生するなど、「ゴールドラッシュ」をもじり、「グリーンラッシュ」とも表現される海外の大麻コスメトレンド。急成長する市場の背景を探る。

大麻そのものの合法化が加速したのは、WHO(世界保健機構)が2018年に、大麻に含まれる酩酊作用をもたらさない成分「CBD」について医療的有効性があることを認め、規制の見直しを含め新たに調査に乗り出したのがきっかけだった。医療用大麻を合法とする国は米国、カナダ、フランス、英国など28カ国(2018年4月時点)に及び、大麻製品の市場が拡大している。それに伴い、いわゆる“大麻コスメ”の注目度も急上昇中だ。

大麻コスメに使用される主要成分

まずはじめに、大麻コスメに使われる主要な成分やよく使われる用語について整理しておこう。

画像1

Image: Lifestyle discover via shutterstock

・カンナビス
大麻の生物学上の属名「Cannabis」のことで、大麻を含めたカンナビス属の植物を指す。

・カンナビノイド
大麻草独特の生理活性物質の総称。カンナビノイドは全部で100以上あるとされる。カンナビノイドを配合した製品を「カンナビノイド製品」と呼ぶ。

・THC(テトラヒドロカンナビノール)
カンナビノイドの1つで、脳神経のネットワークを切断し、幻覚作用や記憶への影響、学習能力の低下、知覚の変化などをもたらす。

この続きをみるには

この続き: 3,699文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。【お詫びとお知らせ】「バックナンバー読み放題プラン」の不具合が解消されました。また「記事の個別購入」を中止しております。詳しくはこちらをご覧ください → https://goo.gl/7cDpmf