見出し画像

ロレアルが「Station F」パートナーとして、スタートアップから学び続ける姿勢

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE: https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

化粧品メーカーとして、初めてStation Fのパートナーとなったロレアル。この広大なスタートアップのインキュベーション施設のなかで、どのような目的を持ち、どんな起業家たちを支援しているのか。その姿勢をひもとくとともに、ロレアルに選ばれたスタートアップのうちBeautigloo(ビューティグルー)」「Kadalys(カダリス)」の2社の若き起業家に、彼らのめざすところ、そしてロレアルと仕事をするメリットなどを聞いた。

ロレアルは化粧品業界の最大手として世界140カ国へ37ブランドを展開し、設立してから100年もの間プロダクトイノべーションを重ね、世界をリードしてきた。現在R&Dスタッフは3800人を超え、市場ニーズだけでなく、地域性を考慮した製品開発を進めている。近年はさらにデジタル戦略が強化され、オンラインの売り上げが急増し2017年には総売上の8%を占めるまで成長した。今後、オンラインへの比重を高めるべく、さらにテクノロジーへの投資は必須だ。

彼らのオープン・イノベーション戦略を見ると、2012年にはサンフランシスコにインキュベーション・ユニットを設立、続いてロンドンのデジタルアクセラレーター&インキュベーターFounders Factory、テック系にフォーカスしたベンチャーキャピタルPartech Venturesとパートナーシップを組むなど、デジタル領域への投資を強化している。

具体的なブランドのイノベーション例をあげると、ランコムは専用デバイスを用いて肌を分析し、カスタムメイドのファンデーションを作るサービスTeint Particulierを開始。スキントーン、肌のタイプに合ったファンデーションを売り場で作ることができる。すでにフランス、米国でスタートしており、日本での発売が期待される。

ランコムのHPより

また、敏感肌用のスキンケアブランド、ラ ロッシュ ポゼは、紫外線レベルを計測する薄さ2mmの爪、靴などに貼れるパッチUV Senseを開発。世界初バッテリーフリーのUVセンサーを導入し、専用アプリと連携させることでリアルタイムで紫外線の量を確認できる。紫外線の計測は皮膚ガン予防にもつながるため、このテクノロジーの注目度は高い。日焼け止め商品を1935年から開発し続けるロレアルならではの革新的な製品だ。2018年のCESでも紹介され、2019年からグローバル展開が予定されているという。

出典:ロレアル公式サイト

このように、すでに顧客満足度を高めるべくデジタルテクノロジーを駆使しているロレアルだが、同社プレスによると、「デジタルテクノロジーは Opportunity (好機)」だという。化粧品業界のリーダーカンパニーとして、業界を牽引していくためには、常により良い美容体験を提案していかなければならない。また、パーソナライゼーションが進んでいる現在、AR技術などを利用したアプリで適切な製品を案内するなどはすでに必要不可欠なものとなっている。「デジタルはあれば有利なものではなく、企業のあり方を変える力を持っている」とCDO(チーフ・デジタル・オフィサー)のルボミラ・ロシェ(Lubomira Rochet)氏は2017年にCosmetics Businesseに語っている。

とはいえ、常に自前でイノベーションを創出し続けるのはチャレンジングなことでもある。2018年にAR、AI技術をもつスタートアップ「ModiFace」を買収したことで話題となったロレアルは、世界最大級のインキュベーション施設Station FでBeautyTechのスタートアップ支援を始めたことでも注目を集めている。

Station Fの全容については前回の記事で紹介したが、ここでは、IT系企業、高等教育機関の支援プログラムが多いなかでロレアルが化粧品メーカーとして初めてStation Fのパートナー企業となった背景にフォーカスしたい。

Station Fのロレアルのスペース(著者撮影)

このロレアルのプログラムでは、主に3分野におけるスタートアップが募集された。 1つ目はメイクアップ、スキンケア、ヘアケア、香水などのプロダクト分野で、ダイナミックでユニークな製品を持つインディーズ系スタートアップ。2つ目はAR、VR、AI、ソーシャルコマース分野に特化したテクノロジー系、3つ目は美容デバイス、診断ツール、製品のパーソナライゼーション、サービスプラットフォームなどデジタルサービスに焦点を当てたアーリーステージのスタートアップだ。初年度の2018年は、プログラム前期に4社、後期に5社の合計9社が選ばれた。

選出の際は、①起業家としての資質、②ブランドの可能性、③商品クオリティの3つに加え、ロレアルとのシナジーがあるか、など様々な視点から審査される。これらの基準をクリアしたスタートアップはメンタープログラムとしてマーケティング戦略、開発など各分野のエキスパートから助言を受けられる。しかし、メリットはそれだけではない。世界最大手の支援プログラムに選ばれたことで世界中から注目され、製品の発売前からメディア露出が高まるなど、多くの利点を享受している。

巨人ロレアルも起業家たちのスピード感に学ぶ

このプログラムではロレアルは資金面での出資をしないため、その意味でのリスクは少なく、スタートアップ側も特定企業の色がつくことがないといえる。パートナーとなったスタートアップの活動は、ロレアル側からみても新しい「ニュース」として発信できることも大きい。同社のStation F担当サラ・ポタッシュ氏は「スタートアップの支援を通して、巨大企業では成し得ないスピード感のあるビジネス展開から学ぶことも多い」という。

ロレアルのStation F支援プログラムチーム(著者撮影)

ロレアルが支援するユニークな起業家たち

プログラムに参加している2つのスタートアップを紹介しよう。まず一つ目は、世界でもあまり例のない化粧品専用の冷蔵庫を開発した「Beautigloo(ビューティグルー)」だ。

一見、スタイリッシュな炊飯器のように見えるが、化粧品を最適な温度である10℃に保って長持ちさせる装置だ。約23cm立方メートルのBOX型で、温度は6〜14℃まで調節可能。近年のクリーンビューティ人気で、天然原料の配合が多いものや、化学的な保存料不使用のアイテムが増えたこと、またAroma-Zone(アロマ・ゾーン)など化粧品の原料を購入できるショップの登場で、フランスでは自宅で自分専用のオリジナルコスメ(いわゆるDIYコスメ)を作る層が増加している。そのため、自己責任で化粧品を管理しなければいけない。

空気、湿気、熱、光など、家の中でも化粧品の劣化につながる要素は溢れている。ロンドンに本社をおく市場調査企業Kantar Mediaによると、欧州ではすでに2200万人の女性が化粧品を冷蔵庫に入れていると回答しているという。しかし、バスルームとキッチンが物理的に離れていることや、食品の匂いが化粧品につくなど、利便性、衛生面でも問題があった。

そこで、Beautigloo共同創業者のクララ・リジェ(Clara Lizier)氏は皮膚科のドクターとパートナーシップを組み、持ち運びできるコスメ専用の冷蔵BOXを開発した。特筆すべきは、適温で保管すると商品が長持ちするだけでなく、化粧品の効果も上がるという検証結果が出ていることだ。ローション、クリーム、美容液だけでなく、ネイル、口紅、アイライナー、香水も10℃に保つべきだという。ネイルは光や熱により粘度や色が変わり、香水は太陽の光に当たると変色するという。

Beautigloo共同創業者のクララ・リジエ氏(著者撮影)

ビューティ・マニアでもあるリジエ氏は25歳で、大学院で経営の修士号を取得後そのまま起業。リジエ氏はマーケティング戦略、もうひとりの共同創業者のフロリアン・メナード氏は技術面を担当していて、現在6名でこの事業に取り組んでいる。

このプログラムに応募した理由は、ロレアルは世界1位のノウハウとネットワークを持っているからだとリジエ氏は語る。現在、ロレアルの3名のメンターから支援を受けていて、課題解決に必要なアドバイス、成長を加速するためのサポートを受けている。また、Cosmet’up(コスメディックバレー、LVMH Recherche、Spincontrol、Languéの4社による支援プログラム)からもサポートを受けており、複数のアクセラレーターから将来を期待されたスタートアップといえるだろう。

資金調達はクラウド・ファンディングを活用した。2018年6月に目標の20,000ユーロをたった2日間で集めたという。商品の発売は2019年の予定だ。「発売前からヴォーグ、マダムフィガロ、全国紙のル・モンドなど国内外のメディアに取り上げられて話題になっているのもロレアルのプログラムのおかげ。まずはネット販売から始める」とクララ・リジエ氏は自信をみせる。

もう一社は、こちらも世界であまり例のないバナナを使ったスキンケアブランド「Kadalys(カダリス)」だ。

創業者のシャーリー・ビロ(Shirley Billot)氏は、フランスの海外県の1つでカリブ海の島であるマルティニーク出身。この島では古くからバナナは傷やリウマチの治療に使われる万能の植物として知られている。10代をこの島で過ごしたビロ氏は、幼い頃からその効能を知っていた。バナナを美容界で活用すべく研究プログラムを立ちあげ、バナナがもつ抗酸化パワーや皮膚の老化を遅らせる成分を発見。2012年にエイジング・スキンケアブランド「カダリス」を立ち上げた。

左からマーケティングのキャロル・ニュヤン氏、
創業者のシャーリー・ビロ氏

食べられるものからできているので安心なうえ、本来捨てるバナナの皮からエキスを抽出してことで、廃棄物の有効利用にもなる。トレーサビリティで、情報の透明化にも力を入れる。緑の皮のバナナ、黄色い皮のバナナを使用したラインの他、赤い皮のバナナを使用したシリーズも近日発売予定という。

出典:Kadalys(カダリス)の公式サイトより

ロレアルからは主に商品の研究開発、マーケティング分野でのサポートを受けており、すでにオーガニック認証Ecocert、そのほか3つの特許も取得している。現在、フランス以外に、日本、韓国、オーストラリア、タヒチ、マルティニークで発売、2019年には米国、中国でも発売予定だ。今後、より効果的に戦略を実行すべく、新たにマーケティングディレクターを起用した。すでにミドルステージとも言えるスタートアッパー、ビロ氏の今後の野望は、生まれ育ったマルティニークに工場を建設すること。現地生産により雇用を創出し、島の経済成長に貢献したいという。

こういった新しい発想、コンセプトは、大企業の中からその数多くが生まれるとはいい難い。スタートアップ支援を通して、ロレアルはBeautyTechビジネスの新しい発想をサポートしつつ、自らも学び、連携して刺激を受けながら自社のビジネスを増強できる。M&A戦略とはまた別のエコサイクルをStation Fの中で生み出そうとしている。

Text : 谷素子(Motoko Tani)
Top Image : ©Romain Bassenne for L’Oréal.


ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
7

BeautyTech.jp

美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp

BeautyTech.jp記事

BeautyTech.jpのすべての日本語コンテンツはこちらからご覧いただけます
4つ のマガジンに含まれています