ライブ感重視の「リモテン」で加速する、ファッション&化粧品のオンライン展示・発表会
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ライブ感重視の「リモテン」で加速する、ファッション&化粧品のオンライン展示・発表会

◆ English version: Online exhibition platform service REMOTEN puts business networking at your fingertips with the real feel of fashion and beauty events
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

新型コロナウイルス感染症による外出自粛要請に対応するため、リアルで実施していた展示会やイベントをオンラインに代替する動きが出ている。これまでに経験したことのない状況下で、ブランドはどのようにして自社の世界観を伝え、新商品の情報を届けていけばよいのか。その悩みに応えるように博報堂マグネットが、主にファッションと美容ブランド向けにオンライン展示会サービス「リモテン」を開発した。その紹介とともに、これからのブランドコミュニケーションのありかたを考える。

シーズンの新商品を知ってもらう“出発点”となる展示会だが、新型コロナウイルス感染症による外出自粛が求められ、2020年春は中止や延期が相次いだ。リアルの場でブランドの世界観を伝えることができず、プレスやバイヤーとの交流からトレンドを探ることもできない。これまで当たり前に行ってきた展示会ができなくなったことによる影響は、ブランドにとって小さくなかった。

ブランドの頭を悩ませた外出自粛下の展示会

ファッション・美容などの領域を得意とする広告会社の株式会社博報堂マグネット 執行役員 黒原康之氏は、現在の状況を次のように説明する。

「ファッション業界ではコミュニケーショントレンドが一気に変わりつつある。これまで、ラグジュアリーブランドはソーシャル上でのビジビリティ(visiblity, 可視性)を獲得するために、リアルとバーチャルを掛け合わせる施策がトレンドになっていた。しかし、コロナ禍では、2019年までのそうした成功手法も通用しなくなってしまった」。

オンラインで展示会ができる「リモテン」
 
こうしたなかで博報堂マグネットは、オンライン上で開催するリモート展示会サービス「REMOTEN(リモテン)」を2020年6月15日にローンチする。利用料金は50万円(クリエイティブ制作費等は別途)。準備は管理画面から全てリモートで完結し、最短で申込みから約2週間で展示会が開ける。

「とにかく困っているクライアントにソリューションを提案したい」という一心でリモテンの企画から開発までを手がけたのが、博報堂マグネット統合プランニング部シニアコミュニケーションプランナー 佐々木裕也氏だ。既存のオンライン展示会ツールとは一線を画し、わかりやすく、かつ臨場感あふれるサービスにしようと考えたという。

この続きをみるには

この続き: 2,655文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。【お詫びとお知らせ】「バックナンバー読み放題プラン」の不具合が解消されました。また「記事の個別購入」を中止しております。詳しくはこちらをご覧ください → https://goo.gl/7cDpmf