見出し画像

アモーレパシフィックが店頭での3Dプリントパーソナライズマスクを実現【CES2020】

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

店頭が、家庭が、ラボであり、ファクトリーになる。CES2020レポート2回目は、アモーレパシフィック、ウエラ、ロクシタンがすでに市場への投入を決めた、ハイパー・パーソナライズなスキンケアやヘアケア製品を紹介したい。

ハイパー・パーソナライズなサービスやスキンケアを、店頭や自宅で享受できる。これらのアイテムが意味するのは、店頭や自宅がラボでありファクトリーになるということだ。5G時代も見据え、このどこでもファクトリーの登場は、旅先や出張先の店舗やホテルで、マシンさえあれば自分のデータと現地の環境データなどを加味したスキンケアアイテムが受け取れることを意味する(日本では現在、薬機法上実現は難しい)。それが当たり前となる時代を予見するかのような製品の発表があちこちで見られた。

アモーレパシフィックの3Dプリントマスクが示唆するもの

韓国最大手アモーレパシフィックがCES2020で、高機能性スキンケアブランドIOPEから発表したのは「Tailored Facial Mask 3D Printing System」だ。IOPEは、世界中で大ヒットとなったクッションファンデを生み出したブランドでもあり、常に革新を続けるブランドのひとつでもある。

図1

出典:CES2020公式サイト

この3Dプリンティングマスクは、独自のスマートフォンアプリからユーザーの顔の寸法を測定し、各自の顔の特徴や肌コンディションに応じてパーソナライズしたハイドロゲルマスクをその場ですぐに作成する。大量生産のフェイスマスクは目鼻の位置や口周りなど、顔にフィットしないこともしばしばだが、その課題を解決し、ニーズにしっかりマッチしたスキンケア体験を提供するとしている。

図1

同システムは店頭での利用を想定したものだ。流れとしては、まず美容アドバイザーがカメラのセンサーが装着された皮膚測定器を用いて、肌の乾燥度やシワなど顧客の肌の状態をモニターに写しながらコンサルティングを行う。その後、カメラと専用アプリで顔の大きさや眉、目、鼻、口などの位置、高さなどを3Dで測定し、フェイスマスクをデザインして専用プリンターで出力。最後に、スキンケア効果を持つハイドロゲルを注入して完成する。所要時間は5分にも満たない。

図1

ハイドロゲルは事前のコンサルティングをもとに、額、目の周り、鼻、頬、口の周りの5つのエリアにそれぞれ違う成分を注入して、各自に最適な機能を持たせることができる。また、マスクは専用パウチに入った状態で自宅へと持ち帰り、ホームケアに使用する。4月には、ソウルの旗艦店で実用が開始される予定だ。あわせて、2020年中には中国での展開も行われるという。

短時間でカスタマイズされたマスクが作れるスピード感と測定クオリティが評価され、今年度のCESの3Dプリンター部門で革新賞(Innovation Award Honoree)を受賞した。2回目以降の来店では顧客データが蓄積されるため、より早く作成できる。

アモーレパシフィックのスタッフは、技術の革新性もさることながら、このサービスにはコンサルティングを含む「ヒューマンタッチ」が介在する点を強調する。店舗では、マスク購入時に取得した顧客の肌データを活用し、マスク以外のアイテムに関しても、より正確で充実したアドバイスの提供ができるようになるからだ。

「韓国の女性は自分の肌に関しての知識が豊富で、自分の悩みにぴったり合うものを求めている」と担当者は話し、マスクの継続的な利用で肌の質が向上し、かつ、美容のスペシャリストによるデータの把握と経験値を織り交ぜた、よりパーソナルなアドバイスが得られるならば、顧客のブランドへの信頼がさらに増すと期待している。

昨年のCES2019で発表されたニュートロジーナのMaskiDも、顔の形や肌質をもとに3Dプリントでパーソナライズするマスクだが、こちらは自分のスマホからデータを送り、自宅配送されるD2Cだ。現在はD2Cブームが全盛だが、今回のアモーレパシフィックのIOPEのマスクのように、店頭サービスとしてヒューマンコミュニケーションを介する方向性は、ひとつの大きな流れにもなりそうだ。

なお、アモーレパシフィックは、美容機器ブランドのMakeOnから、ハンズフリーで使える「MakeOnフレキシブル・LEDパッチ」の初披露も行った。目の下から頬にかけて軽量のLEDを肌に付着させ、LED照射効果を特定の部位に集中させることで、引き締めや潤い効果を高めるとする。ここ数年進んでいる顔や身体のパーツごとのケアを求める動きに対応するもので、韓国での2020年内の商品化を目指している。

図1

1兆を超える組み合わせの超カスタマイズ・ヘアカラーマスク

続いて紹介するのは、ウエラ・プロフェッショナルが、やはり美容サロンの店頭での利用を目的に開発した世界初のデジタル・カスタマイズ・ヘアカラーマスク製造機「Color DJ」である。

図1

Color DJ 画像提供:Wella Professionals

図1

最初に、サロンのヘアスタイリストが顧客の理想のカラー、髪の悩み、香りの好み、アレルギーの有無などのコンサルティングをしながらデータを入力、専用機器がそのデータを元に材料を配分して調合し、カラーリングを維持して引き立たせるヘアカラーマスクをその場で製造するというものだ。

図1

サロンでそのままマスクトリートメントを受ける際には、髪の長さに応じて分量の調整もされる。自宅用の場合は、顧客の名前や成分が全て記載された専用ラベルが印刷される。パラベンやシリコンは一切使用していない。

図1

カラーコンビネーションの総数は600億通りと圧倒的な数を誇り、微妙な色味の調整を可能にすることで、各顧客が自分だけのヘアカラーマスクを手に入れられるのに加え、髪の悩みに合わせたトリートメント成分や香りの調整まで含むと1兆通りの処方という、超カスタマイズされた設計だ。しかも自分ひとりのための商品が目の前で完成するという特別感も得られる。

同時に、サロン側にとっても、ここでしかできない体験は、顧客にわざわざ足を運んでもらう動機づけになる。アモーレパシフィックの3Dプリンティング・フェイスマスク同様、顧客データの収集にとどまらず、Color DJもスタイリストが顧客とマシンの仲介役になるところがポイントだ。パーソナライズ製品の制作の過程を通じて顧客に寄り添う接客により、顧客とのつながりを強化する意図は明らかだ。

AIをはじめとするテクノロジーが、パーソナライズ実現のハードルを下げた今、人間同士のコミュニケーションがパーソナライズを次の次元に引き上げるためのカギになってきたのが興味深い。

Color DJはすでに英国、ドイツ、イタリア、アメリカの5つのサロンで試験導入がスタートしている。価格はサロンによるが、通常の高級ヘアカラーマスクの平均よりもわずかに高い75ドル程度という。

ウエラはまた、CareOSとの共同開発でAIとARを搭載した「スマートミラー」も今回のCESで発表している。こちらについては別の記事で紹介したい。

クリーン&サステナブルな家庭用スキンケア・デバイス

一方、ロクシタングループ傘下のスタートアップDuolabは、保存料を含まないナチュラルな原材料を使用して、パーソナライズしたスキンケアクリームをその場で使う分だけ調合して抽出する、自然派の家庭用オンデマンド・パーソナライズスキンケア・デバイス「Duolab」を発表した。

図1

出典:Duolab公式サイト

「Duolab」では、3つのタイプの保湿ベースと、活性化、鎮静化、張り、輝き、質感の5つの機能別有効成分のカプセルを用意。スマートフォンカメラとアプリを使うユーザーの肌診断にもとづき、保湿ベースと機能別成分のベストの組み合わせを提案する。このレコメンドされた2つのカプセルを専用デバイスに投入すると、肌に浸透しやすい人肌の温度に温めながら混ぜ合わせ、約90秒でフレッシュな出来立てスキンケアクリームが完成する。

原料が密封されたカプセルに入っていること、使う直前に調合するオンデマンドであることから、93%以上ベジタリアンフレンドリーの自然素材で、かつ防腐剤不使用を実現したのが特徴だ。使用済みのカプセルは取り出して、専用の封筒に入れて郵送することでリサイクルもできる。また、デバイス内が汚れることもないので掃除も不要という。

クリーム自体のバリエーションは15だが、使用を続けるうちに起きる肌の変化をAIがトラッキングし、勧めるカプセルが変わったり、朝夕のケアに違うクリームを提案したり、季節によってコンビネーションが変わるなど、より細やかなパーソナライズが可能になる。

今年の2月から、毎月カプセルを送付するサブスクリプションサービスの形で英国での販売が開始される。価格はデバイスが250ユーロ、カプセルのサブスクリプションが毎月60ユーロからとなる見込みだ。

AIによるパーソナライズ機能に加え、自宅でサービスの全てが完結する、手入れ不要で簡単に使える、気持ちの良い温度に温めてくれる、そして何より天然由来成分中心のクリーンな処方で環境に配慮しているところなど、まさに現代のユーザーの要望をもれなく反映したデバイスである。世界的なクリーンビューティのトレンドもあり、話題性も十分に期待できそうだ。

次回は、AIとARが実現するビューティソリューションの最新形を、主にスマートミラーから探っていきたい。

<そのほかのCES2020レポートはこちら>
(1)P&Gやロレアルが明示、ハイパー・パーソナライゼーションの時代
(3)CareOSやHiMirror、ホームユース・スマートミラー元年を導く
(4)AR/AI搭載スマートミラーの多機能化で、境目のないユーザー体験
(5)サムスンやP&Gが競うビューティルーティンを変える最新デバイス

Text & Photos: 東リカ(Rika Higashi)

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
8
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp

この記事が入っているマガジン

国別
国別
  • 395本

BeautyTech.jpの記事を国別にまとめたマガジンです。