東色ピグメント、中国新興ブランドYUMEEのOEMで実感した “日本製” のこれから
見出し画像

東色ピグメント、中国新興ブランドYUMEEのOEMで実感した “日本製” のこれから

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

中国で成長するメイクアップブランドの勢いで、数年前とは市場が一変している。2021年2月に誕生した中国の新興セレブリティブランド「YUMEE」を手がけた日本のOEM企業 東色ピグメント株式会社の上海拠点 上海東色日化有限公司 董事 総経理 永山一雄氏に、変わりゆく中国市場、日本製への意識や日本OEMに求めるニーズの変化について聞いた。

中国セレブリティが手掛けるラグジュアリーブランド「YUMEE」

これまで中国の美容市場では海外製品への支持が厚かった。しかしメイクアップ製品に限ってみれば、その構図は変わりつつある。1995年以降に生まれた中国のZ世代「95后」を中心に国産コスメの需要が拡大しており、とくにメイクアップ製品では中国ブランドの販売が伸びている。2020年11月の独身の日(W11)セールでは、Tmall(天猫)において「Little Ondine」「COLORKEY」といった複数の有力中国ブランドが1億元(約15億円)を超える売上を記録した

こうした中国ブランド人気の要因は、テイストや色味、キャラクターなどIP(intellectual property:知的財産)とのコラボレーションなどにおいて、中国の消費者が求めるものを深く理解し、素早く提供できる点があげられる。同時に、質の面ではいまだ海外製品への期待が高い傾向にはある。その意味で中国ブランドの中には、日本をはじめ海外で生産するケースも少なくない。

成功したビジネスウーマンであるとともに慈善家としての活動でも知られる中国のセレブリティ、余晚晚(Wendy Yu)氏が2021年2月に立ち上げたコスメブランド「YUMEE(瑜幂)」もそのひとつだ。これまで比較的手ごろな価格の中国ブランドが多かったなかで、いち早く「中国のラグジュアリーブランド」の確立を狙って企画され、日本のOEM企業の東色ピグメントの上海拠点である上海東色日化有限公司が製造を担った。中国コスメのなかでは比較的高価格帯に属し、高級感のあるパッケージや打ち出し方をしている。

YUMEEを立ち上げた余氏はYu Holdingsの創業者兼最高経営責任者(CEO)で、子会社を通じてファッションやイノベーション、慈善事業などに関連する分野に投資を行ってきた。2018年にはファッションとアート業界のリーダーとして「Forbes 30 under 30」にも選ばれた人物だ。

画像1

余晚晚氏
出典:COSMETICS BUSINESS

その余氏によるYUMEEのコンセプトは「グローバルで前衛的なファッションと、一流のオリエンタルビューティブランドを創造する」というもので、いわば東洋と西洋の美学を掛け合わせたコスメブランドだ。中国の伝統文化のニュアンスを取り入れた独創的なパッケージで、8色アイシャドウやリップスティック、ハイライトを揃える。価格は328〜488元(約4,920〜7,320円)と、欧米のハイブランドに引けを取らない。

この続きをみるには

この続き: 2,932文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf