フェムテック1

生理、妊娠、セックス…etc. フェムテックがもたらす女性への恩恵と、大きな市場性

BeautyTech.jp

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

画像1

女性たちの課題を解決するためのテクノロジー、それが「フェムテック(FemTech)」。「Female + Technology」を組み合わせた造語である。ここ数年、女性に特化したヘルスケア分野としてのフェムテックが盛り上がりをみせている。BeautyTechとも近しい領域であり、今後、大きな成長が見込める分野として注目しておきたい。

昨年後半から今年にかけて、フェムテック分野での資金調達のニュースが多くなっている。たとえば、女性の膣や尿失禁のトラブルに関係の深い骨盤底筋を鍛えるための画期的なデバイス「vSculpt」とアプリを開発した、米・シアトルのJoylux。2018年1月に500万ドルの資金調達を行なったばかりだ。

その背景には、世界中の女性の3人にひとりが、尿失禁や性交痛などの膣トラブルを抱えている事実がある。これらが、出産や閉経に伴う骨盤底筋の筋力低下によるものであることは広く知られていたにもかかわらず、それに対する画期的かつ簡便なソリューションはこれまでほとんどなかった。(過去70年ものあいだ対策として行われていたのはケーゲル体操であった)

フェムテックへの投資熱も高まっている

こういった、いままで人前で語るべきではないとタブー視されてきた女性特有の問題をテクノロジーとビジネスで解決しようと起業する女性、あるいは男性も増え、それを応援するVC(ベンチャーキャピタル)などの投資家も増えてきたことがフェムテックが活発化してきたひとつの理由だ。Medical Insightでは、こういったフェムテックに、米国では2021年までに22億ドルの資金が調達されると予測している。

Joyluxの投資家のひとりであるSeavest Investment GroupのCEO、Rick Segal(リック・シーゲル)氏は、次のように述べている。

「女性と密接に関わるヘルスケアのサービスに対する需要が急速に高まっており、Joyluxがこのジャンルで成功を収めたことで、2018年は女性と女性のヘルスケア産業にとって素晴らしい年になると考えている。私たちは、コレット(JoyluxのCEO、Colette Courtionのこと)と彼女のチームと協力して、引き続きトップ企業を築くことを楽しみにしている」

この続きをみるには

この続き: 1,907文字 / 画像1枚

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

購入済みの方はログイン