見出し画像

セフォラのデジタルビューティイベント「セフォリア」、NFTも配布で目指す顧客体験

BeautyTech.jp

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

2021年の好評を受け、パワーアップしたセフォラのデジタルビューティイベント「SEPHORiA 2022」が、1日限りでオンライン開催された。セフォラ初のNFTのプレゼントやビューティセレブのライブショー、買い物に使えるポイントが貯まるゲームなど、“顧客を楽しませること”に徹底したバーチャル空間体験を、実際に参加したうえでの考察を交えてレポートする。

米国外から参加も受付け多様なファンとのつながりを強化

SEPHORiA: Virtual House of Beauty 2022(以下、セフォリア)」は、2022年9月18日10:00〜14:00(米国西海岸時間)の4時間にわたり開催された。参加ブランドは、「YSL Beauty」「NARS」「Haus Labs by Lady Gaga」「Fenty Beauty」「Too Faced」「ONE/SIZE」「Danessa Myricks Beauty」など、37ブランドにのぼった。

このイベントは米国在住者なら事前登録のみで誰でも無料で参加が可能。登録開始にあわせて、参加ブランドのフルサイズの商品やサンプルを195ドル分詰め合わせた2種類の体験キットを各50ドルで販売した。いずれも売切れとなる人気ぶりで、開催前からファンの期待が盛り上がっていることを感じさせる。

セフォリアの閲覧に特別なアプリのダウンロードは不要で、スマートフォンからも閲覧できるが、できるだけ大きな画面で体験してもらいたいという意図でPCでの視聴が推奨されている。いわゆる“ハウスパーティ”コンセプトで、“セフォリアの館”を訪れた入場者は、テーマが異なる7つの“部屋”を自由に歩き回れる。それぞれ、音楽やビジュアル、雰囲気もさまざまで、細部まで凝った演出の3D空間を楽しむ趣向としている。

セフォリアはもともと2018年にセフォラの米国進出20周年を記念し、ロサンゼルスの特別会場を借り切ったリアルなファンイベントとしてスタートした。だが、2020年はパンデミックで中止。2021年は初のオンライン開催となったが、物理的な移動がなく参加ハードルが下がったことから好評で、この成功を受けて、今回は初めてカナダ、フランス、スペイン、イタリアと米国外からの参加者も受け入れ、入場者数は2021年の5,000人を大きく上回る1万6,000人となった

ゲームでポイントを貯められる特典は米国の参加者のみに付与されたが、ライブストリームのチャットボックスには、「スペインからこんにちは!」といった国外の参加者の声もたくさんあがっていた。また、各部屋の入り口では、ホログラムのセフォラビューティディレクターから出迎えの挨拶を兼ねた音声案内があるが、吹き出しは、英語に加え、フランス語、スペイン語、イタリア語の表記があった。

この続きをみるには

この続き: 5,627文字 / 画像2枚

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

購入済みの方はログイン