見出し画像

「美容はテックで再定義されるのか?」 5度目のMeetUpサンフランシスコの問いかけ

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

1月29日に開催された、今回で5回目となるサンフランシスコでのBeautyTech MeetUp SF。ビューティに留まらず、ファッション関連のファウンダーもパネリストとして参加し、マイノリティや働く女性が持つ課題にテクノロジーで挑戦する起業家たちの奮闘ストーリーがいくつも語られた。

YCombinator のファウンダーのひとりである、ポール・グレアム(Paul Graham)氏は、かの有名な「スタートアップの始め方」という記事にこう書いている。「スタートアップを起こすアイデアを決めるために必要なのは、アイデアを思いつくことではない。自分自身が抱えている問題を見つけることだ」。今回のミートアップに集まったのは、グレアム氏のそんな言葉を思い出させる人々だ。

マイノリティの問題をケアするスタートアップ

アフリカン・アメリカン女性のための、ヒューマンヘア素材のヘアエクステンションを販売しているMayvennの創業者のディシャム・イミラ(Diishan Imira )氏は、家族や親戚に美容師がおり、幼少期から彼らが抱えるビジネス上の問題を自分の目で見てきた。2018年のニールセンの調査によると、黒人特有の髪質のためのヘアケア商品や化粧品は年間で5,400万ドル(約60億円)規模の市場だとされる。しかし、こうした黒人マーケットの商品が売買される過程で、黒人コミュニティにお金が還元されないことや、美容師の取り分が少なくなってしまうことを問題だと感じていた。

Mayvennは、イミラ氏の地元であるオークランドを拠点に、ヘアエクステンションの購入に加え、それをつけてくれる美容師をマッチングするマーケットプレイスだ。

右端、ディシャム・イミラ氏

しかし、起業した当初こそスタートアップのピッチイベントで優勝することもあったが、実際の投資にはなかなか漕ぎ着けることができなかったという。ベンチャーキャピタリストには、白人男性が多く、頭ではいいアイデアだと理解できても、「自分ごと」として問題を捉えることが難しかったのだ。そこでイミラ氏は、彼らを自分の車に乗せてオークランドへ連れていき、黒人コミュニティで起きている現実を、実際に問題に直面する店舗や理髪店を見せることで提示して、彼らの信頼を得たという。500 Startups のアクセラレータープログラムに参加したのち、シリーズAの投資を、全米でも最大規模のVCであるアンドリーセン・ホロウィッツ(Andreessen Horowitz)から受け、去年の11月には2,300万ドル(約25億円)のシリーズBの投資も受けている。

働く女性ファーストのワークウェア

もう一つ素晴らしいと感じたのは、働く女性のためのワークウェアをD2Cで提供しているブランド、Argentだ。創業者の2人が着目したのは、女性が着ている服の質が給与の高低に関係していると数々のデータが示しているにもかかわらず、それについて話すことがタブーとされているフラストレーションの存在だ。服が与える印象、ハイブランドの高級スーツか、プチプラのスーツかによって、良くも悪くもビジネスパーソンの評価が決まるのであれば、着やすくて、機能性が高く、スマートな服をリーズナブルに、働く女性に提供したいという思いからArgentは生まれた。

中央、創業者のサリー・クリスタソン
(Sali Christeson)氏は、
もちろんArgentのスーツを着用。

今では多くの成功している女性から愛されており、ヒラリー・クリントンもファンのひとりだという。女性用のワークウェアで、洗練された見た目と機能性が両立しているものを探すのはなかなか困難だ。Argentの商品ラインナップを見ると、かゆいところに手の届くデザインになっていることがよく分かる。たとえば、テーラードジャケットはリバーシブルで、両サイドポケットがついていたり、またそのポケットのライナーの生地がマイクロファイバーになっていて、メガネやスマホの画面を拭くことができたりする。

3Dスキャナーでパーソナライズドジーンズ

Unspunの共同創業者のベス・エスポネット(Beth Esponnette)氏は、アパレル業界で働いている中で、余剰在庫の問題に直面した。華やかにみえる業界の裏で、どうやって売れ残り商品を廃棄するかを決める会議に参加しているうちに、この問題をどうにかしなければならないと思ったのが起業のきっかけだ。

Unspunは、Fit3D社が提供する3Dボディスキャンによって顧客の身体を測定し、一人ひとりに合ったジーンズを製造しているオーダーメイドデニムブランドだ。完全オーダーメイドで在庫を持たないため、注文してから数週間待たなければ商品が届かない。アマゾンプライムのスピードに慣れた現代人にとって、ことは小さくない問題である。

実は、筆者の夫が先日実際にUnspunのデニムのオーダーに挑戦した。彼はアメリカの平均からするとかなり細身で、既成品できちんとフィットするジーンズを見つけるのが難しい。アスリートの体調管理にも使用されているという高性能3Dスキャナーで全身をスキャンし、そのデータをもとに、選んだ生地でデニムパンツを作ってもらった。

スキャンは数分で完了し、Fit3Dのダッシュボードで各部位の正確な計測だけでなく、身体の傾きや、平均値との比較なども見ることができる。

オーダーメイドかつ、サンフランシスコで製造されているためか、1本280ドルと少し割高ではある。しかし、毎日のように履くデニムがぴったりフィットしていること、無駄が生まれない製造過程で作られていること、使っているデニム生地もサステナブルな製造過程を経ていることなどを考慮すると、倫理的な観点をかんがみ、決して高くはないと思う顧客も少なくないはずだ。

アイディアは創業者本人のなかに

「Does tech redefine beauty?(美容はテックで再定義されるのか?)」というのが最初のパネルのタイトルだったが、その答えは、イエスだ。このディスカッションに登場したPresence AI は、AIチャットボットをサロンの予約システムに組み込んだB2Bのサービスだ。今までは営業時間中しか電話対応できなかった店舗が、Presence AIによって電話番号を変える必要もなく、SMSからの予約確認、キャンセル、リスケジュールなどをいつでもできるようになる。顧客サービスを向上し、ビジネスチャンスも逃さない。

今回紹介したスタートアップはいずれも、創業者たちが自ら感じたペインポイントをビジネスアイデアに変え、同じ問題を抱えていた顧客の共感を得て支持されている。こうした今までスポットライトが当たってこなかったところに、女性創業者やマイノリティ創業者がチャンスを見つけ、活躍していることに非常に興奮する。今やグローバルな巨大企業になったGoogleやFacebookも「インターネットにある情報を簡単に見つけることができない」「同じ大学の人がどんなパーティに行っているのか知りたい」というシンプルで身近な問いから始まったのだ。

スタートアップを立ち上げる理由は、創業者が自分自身の疑問や願いに耳を傾けることから見つかると感じ入った、第5回のBeautyTech SFのMeetUpだった。

Text: 大石結花(Yuka Oishi)

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
4
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp

こちらでもピックアップされています

テクノロジー
テクノロジー
  • 218本

BeautyTech.jpのテクノロジーに関する記事をまとめたマガジンです。