ファイナリストたちが語る美容・健康・社会の変革【第2回Japan BeautyTech Awards2021後編】
見出し画像

ファイナリストたちが語る美容・健康・社会の変革【第2回Japan BeautyTech Awards2021後編】

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

株式会社アイスタイルは2021年3月5日、第2回Japan BeautyTech Awards 2021の大賞、準大賞、および特別賞を発表。授賞式後には、受賞企業とファイナリスト企業によるトークセッションが行われた。美容業界の変革が今まさに起きていることを感じさせる3つのセッションで示された“すぐそこにある未来”を紹介する。

社会へのインパクトとこれからの美容、Japan BeautyTech Awards 2021トークセッション

東京・虎ノ門ヒルズ内CIC Tokyoで開催された第2回Japan BeautyTech Awards授賞式のあとには、第二部として、審査員をモデレーターに、4社の受賞企業とファイナリストに選ばれた企業のなかから4社が登場する3つのトークセッションが開かれた。

これは、同賞に応募された65件のプロジェクトがいずれもイノベーティブで、さまざまなレベルにおいて美容業界の未来を拓くと予想される内容であったことをかんがみ、各企業の知見をより広くシェアしたいとの考えから企画された。

美容と健康の領域をマージさせる新発見の基礎技術や、フェムテックの隆盛が意味する社会の変化、テクノロジーが後押しする新しいビジネスコミュニケーションと働き方など、美容領域の広がりを感じさせるセッションの模様をレポートする。

※ 第2回Japan BeautyTech Awardsの受賞企業とプロジェクトの詳細な紹介は、こちらの「JBTA2021前編」から。

画像1

第2回Japan BeautyTech Awardsの
受賞企業代表者4名

【美容領域の基礎研究】 
セッション#1 肌を想うテクノロジー

セッション#1「肌を想うテクノロジー」に登場したのは、幹細胞とゲノム編集の技術を応用し、さまざまな段階のバリア機能レベルを持つ三次元培養皮膚(人工皮膚モデル)の作製技術により、大賞を受賞した日本メナード化粧品株式会社 総合研究所 研究技術部門長 長谷川靖司氏。あわせて、ファイナリストとなった花王株式会社 スキンケア研究所 室長 樋口和彦氏と、株式会社桃谷順天館 桃谷総合文化研究所 所長 杉野哲造氏である。

この続きをみるには

この続き: 3,913文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf