見出し画像

エシカル&リュクス、男性コスメ、AI。パリで3回目のBeautyTech MeetUp

◆ English version: Ethics, luxury goods, men’s cosmetics, and AI @ The 3rd Beauty Tech Paris MeetUp
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

2017年4月にサンフランシスコで発足した世界初のビューティテック・コミュニティは、すでに世界12都市に支部が広がっている。2019年1月17日にはパリで3回目のMeetUpが、テック系インキュベーター施設の ♯LaPiscineで開催された。目的は起業家や投資家のビジネス経験の共有とネットワーキング。会場には約130名が集まり、そのほとんどが化粧品系のスタートアッパーという、過去最高の盛り上がりを見せた。今回はクリーンコスメやデータを活用したビジネスで話題の起業家6名が登壇した。

MeetUp Paris当日の登壇者たち
(Crédit : SMILZZ)

パネル♯1では、新しい習慣を提案するクリーンコスメのスタートアップ3名が登場。モデレーターを務めた大手金融機関BNPパリバのロラン・ドロワン(Laurent Droin)氏が冒頭のスピーチで指摘したのは、ラグジュアリーとストリートウエア、ブランドと小売業者などの2つの定義の境界線、また、SNSの普及によりブランドと消費者との距離が縮まるなど、さまざまなボーダーが曖昧になってきているということだ。このパネルでは「ビューティとラグジュアリーの新しい境界線」というテーマを巡って、起業家がどのようにビジネスを展開し、チャレンジしているかを、それぞれの視点で語った。

男性もスキンケアを日常の習慣に

「消費者はSNSでブランドに気軽にコンタクトができる時代。いかに顧客とブランドとの垣根を低くするかがポイントだ」というのは、2015年に男性用スキン・ヘアケア製品「Horace」を共同創業したマルク・ブリアン=テルレ(Marc Briant-Terlet)氏だ。同社は95%以上の自然成分で作られたMade in Franceのメンズコスメで、「美意識の高い男性だけではなく、みんなに使って欲しい」と気さくに話す。

マルク・ブリアン=テルレ氏
(Crédit : SMILZZ)

デオドラント、シェービング、スタイリング製品を日常的に使用する男性は多いが、それらの使用成分にまで目を向ける層はまだ少ない。また、そもそも化粧品を使う習慣のない男性が、時間をかけて肌や髪のケアをするのはハードルが高く、購入したとしてもどのように使ったらいいかわからないケースも多々ある。そこで、Horaceのウェブサイトでは、肌の色、体型など多様性のある一般人モデルを登場させ、誰もが使える化粧品という身近なイメージを打ち出し、初めの一歩を踏み出しやすくしている。また、効能の説明には絵文字アイコンを添えるなどユーモアのある雰囲気づくりにも配慮した。価格帯もシャンプー 250mlが12ユーロ(約1500円)と手ごろになっている。

出典:Horaceの公式サイトより

また、使用方法を説明するハウツー動画には創業者や顧客担当者もみずから出演し、親近感を出している(下記動画参照)。

顧客とともに製品を作り上げるCo-Creation

さらに、ブリアン=テルレ氏が心がけているのは、顧客の悩みや質問に迅速に答えること。Facebookメッセンジャー、Twitter、Instagram、メールなどあらゆるツールから送られる大量の問い合わせには、1日以内に答えることにしている。そのスピード感や親身なアドバイスは信頼につながり、新製品開発などに関するインタビューにインセンティブなしでも応じてくれる顧客が約400名いるという。ブランドが作り上げた世界に顧客がついていくのではなく、顧客と一緒に価値を作っていく姿勢だ。

もともとファッション業界で働いていたブリアン=テルレ氏は、幼い頃から「見た目」に気を遣っていた。容姿にこだわる男性が肌や髪のケアに目を向けるのは自然の流れという。社会階層が残り、移民も多い多様性に満ちたフランス。誰もが入りやすい「身近さ」が共感を得ているようだ。

女性向けサプリメントで新しい美のアプローチ

新しい習慣を浸透させたいのは、女性のためのサプリメント「Aime」を共同創業したマチルド・ラコンブ(Mathilde Lacombe)氏も同様だ。

マチルド・ラコンブ氏
(Crédit : SMILZZ)

カリスマブロガーでもあるラコンブ氏は、化粧品サンプルのサブスクリプションサービス「Birchbox France(Jolieboxとして創業ののちBirchboxが買収)」の共同創業者としても有名な人物だ。数多くの化粧品開発に携わる中で、肌を美しくするには体の中から健康になることだと確信し、8年間働いた会社を退社。南仏の植物をベースとし、グルテンフリーで、アレルギー起因物質の入っていないクリーンサプリを2018年10月に発売した。

フランスでもサプリメントは普及しているものの、どちらかといえば薬のイメージがまだ強く残るせいか、消費量はアメリカやイギリスに比べて少ないという。女性ホルモン、大気汚染など普遍的な悩みに対応した3種のラインナップを揃え、ノーメイクでも自信がもてる健康な肌を目指す。この新しい美のアプローチを浸透させるために、Instagramではサプリメントが日常生活に溶け込んでいるシーンを投稿している。女性が毎日飲み続けやすいよう、カプセルも小さめに設計されている。

「今や顧客の声を聞くことは義務でもある」というラコンブ氏にとって、Insysgramは顧客との大切なコミュニケーションツールだ。そこでは、よりよい商品開発のため、特にネガティブコメントに目を向けているという。「Aime」は発売前からELLE、Madame Figaroなど名だたるメディアの取材を受けて注目されているが、まずはこの3種類のアイテムに集中し、世界に発信していきたいと意気込みを見せる。

クリーンでエシカルな新しいリュクスが登場

食べても安全なリップとパーソナライズ可能な口紅ケースを提案する「La Bouche Rouge」のニコラ・ジャルリエ(Nicolas Gerlier)氏は、クリーン、エコ・レスポンサブルにとどまらず、さらにラディカルな倫理性を強調する。

出典:La Bouche Rougeの公式サイトより

ロレアルのリュクス事業部で8年働いた経験を持つジャルリエ氏は、多くの口紅ケースがプラスチック製で年間10億本廃棄されている現実を知ることとなった。また、有名化粧品ブランドでも体に良いとは言えない成分が含まれた口紅が販売されているとの認識から、上質な革で職人が丁寧に仕上げた半永久的に使用できる口紅ケースを開発した。アプリケーションで革の色を選び、イニシャルを入れるセミオーダーも可能だ。リフィル式のリップは体に安全な成分で作られているので「(男性は)キスをしても、(女性は)食べても大丈夫」とジャルリエ氏は笑顔で語る。

また、プラダ、ミュウミュウ、シャネルなど一流ブランドを手がけるクリエイティブディレクター、エズラ・ペトロニオ(Ezra Petronio)氏が共同創業者でもあり、しっかりとしたブランドイメージを作り上げている。ハイセンスなInstagramがきっかけで、バーニーズ・ニューヨークやパリの高級デパート・ボンマルシェでの取り扱いが決まった。日本にも2019年春に上陸予定だという。

ニコラ・ジャルリエ氏
(Crédit : SMILZZ)

口紅は1本135ユーロ(約17,000円)、リフィル用リップは36ユーロ(約4,600円)と高価格帯ではあるが、1本売れるごとに100リットルの飲料水を西アフリカ(トーゴ)の小さな村に送る公約をしており、La Bouche Rougeのタグラインにもあるとおり、ヒューマニストをうたうブランドでもある。また、多くの化粧品スタートアッパーが向かう中国は、海外の化粧品に対して動物テストが義務づけられているため、絶対に進出しないと公言している。

自社の利益だけでなく、地球単位でビジネスを考える姿勢は、先述の男性化粧品「Horace」にも共通しており、「ナチュラル成分を使ったフォーミュラであり、自然に還元するのは当然」という考えのもと、売り上げの1%を環境保護団体に寄付している。

それぞれのビジネス経験から導かれた三者三様のクリーンコスメ。新しい美の習慣を提案する製品コンセプトには、創業者の明確なポリシーが現れている。化粧品製造、販売をエシカルに進める意識が当たり前になりつつある今、さらにその先の創業者の信念やその人間性に共感するかしないかが、製品選びの決め手になっていくようにも感じる。

会場の様子
(Crédit : SMILZZ)

パネル♯2では、モデレーターに投資プラットフォーム「One RagTime」の創業者ステファニー・オスピタル(Stéphanie Hospital)氏を迎え、AI, データ、デバイス、パーソナライズなどをキーワードに「テクノロジーやデータをどのように実際のビジネスに活かし、将来の顧客体験を変えうるか」が語られた。

テクノロジーを活かす最適なタイミングとは

世界初といわれるスマートマスクを開発した「Wired Beauty」 の共同創業者スタニスラス・ヴァンディエ(Stanislas Vandier)氏は、3つのセンサーで肌の潤いを計測できるマスクを2016年に開発、2017年には紫外線を計測できるクリップ式の小型装置を発売したことで話題となった。データを介して肌の状態を把握することにより、適切なケアを促すスマートデバイスだ。

2016年のCESでこのイノベーティブなマスクを発表した後に中国メーカーに模倣された過去、また、2018年にはロレアルが紫外線を計測できる高性能かつ爪に貼れるほど小さなデバイスを発表したことなどの話を織り交ぜながら、美容デバイス開発の難しさをにじませた。

「テクノロジーの導入は、タイミングがすべて。」と断言するのは、AIのスペシャリスト、アレクサンドル・ルブラン氏(Alexandre Lebrun)だ。ルブラン氏は2013年に共同創業した音声AI関連技術企業である「Wit.ai」を2年後にFacebookに売却したことで世間を騒がせた。2018年までFacebook AI Researchで働き、同年9月にパリで「Nabla」 を共同創業。AIを使って企業が抱える課題に最適なソリューションを提供する。

(左)スタニスラス・ヴァンディエ氏、
(右)アレクサンドル・ルブラン氏
(Crédit : SMILZZ)

順調なキャリアを歩んでいるように見えるルブラン氏だが、2002年にChatbotを開発していた頃は時期尚早で評価されなかった、と過去を振り返る。「正直なところ、革新的な技術の最適な導入時期はわからない。だから仮説を立てて、テスト期間で検証しながら入念に準備をする」と打ち明ける。Nablaはすでに200万ユーロ(約2億6千万円)を調達しており、フランスで最も注目されるAIスタートアップの一つだ。偶然の出会いから、化粧品企業の顧客もいるという。今後、彼らのソリューションで業界や顧客体験を変えうるアプリケーション開発や新サービスが出てくることを期待したい。

第1回のMeetUp Parisにも登壇したイザベル・ラビエ(Isabelle Rabier)氏が共同創業した「Jolimoi」は、2017年から女性のCTOマチルド・ルメ(Mathilde Lemée)氏が就任している。「Jolimoi」はAIを使った独自のマッチングシステムBeauty AffinityTMと250名の美のスタイリストが一人ひとりに合った化粧品を見つけだすパーソナル・ショッピングサービス。ネットコンサルティングだけでなく、実際にスタイリストが顧客と会って最適な商品を見つけるB2C2Cだ。同社の強みはこの美のスタイリストから得られる膨大な顧客データ。顧客の目を見ながら情報を得る「距離の近さ」を最優先とし、2020年までにスタイリストを1500人まで増やす計画だ。

(左)マチルド・ルメ氏、
(右)ステファニー・オスピタル氏
(著者撮影)

「化粧品には全く興味がないんです」と笑顔で語るデータのスペシャリストのルメ氏。ビジネスをドライブするために、膨大なデータをどのように有効活用するか、CTOとしての真価が問われる。

ロラン・ドロワン氏とマチルド・ラコンブ氏
(Crédit : SMILZZ)

熱心に話を聞く来場者
(Crédit : SMILZZ)

今回のミートアップからは、第1回に登壇したJolimoiのイザベル・ラビエ(Isabelle Rabier)氏と美容サロン、エステ・スパ向けのアプリを提供するFlexyBeautyのイラン・コスカス(Ilan Koskas)氏がオーガナイザーとなった。ラビエ氏は前述のとおり、2017年にフランスでも男性に比べて絶対数の少ない女性のCTOを起用し、コスカス氏は2018年に700万ユーロ(約9億1千万円)の資金調達をした。こういった起業家の新しい挑戦や躍進がコミュニティに刺激を与える。

今回よりMeetUp Parisのオーガナイザーとなった
イザベル・ラビエ氏(左)とイラン・コスカス氏
(Crédit : SMILZZ)

終了後は、グラスを片手に闊達に意見交換、ネットワーキングが行われた。次回のパリでのミートアップは2019年10月に開催予定だ。

Text&photo: 谷 素子(Motoko Tani)


ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
13

BeautyTech.jp

美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp

BeautyTech.jp記事

BeautyTech.jpのすべての日本語コンテンツはこちらからご覧いただけます
5つ のマガジンに含まれています