見出し画像

ニベアが韓国の美容スタートアップを支援&韓国アクセラレーター事情考察

◆ English version: Germany’s Nivea backing beautytech startups in South Korea
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

そのユニークなプロダクトや世界観で、グローバルで存在感を放つK-Beautyだが、ビューティテック関連のスタートアップも、さまざまな企業のバックアップを受けて成長を加速させている。2018年末には、ニベアブランドを保有するバイヤスドルフが、韓国で独自のアクセラレータ・プログラムを開始するというニュースも報じられた。自国や近隣の欧州ではなく、韓国で展開する意図とは。そして、韓国の美容スタートアップを取り巻く支援の現状をもみていきたい。

Photo By Beiersdorf.com

韓国でニベアとWeWorkが提携、独自プログラム開始

2019年1月の段階で、全世界では約190のアクセラレータが活動しており、支援を受けているスタートアップ企業は約7800社との統計がある。各国の大企業が独自に行っている社内プログラムなどを勘案すれば、その数はさらに大きなものになるだろう。

世界のトレンドと並行して、ここ数年、ビューティー業界においてもプログラムの展開は顕著になっている。一例では、業界トップ・ロレアルが、2016年にロンドンのアクセラレータ企業「Founders Factory」と提携。2017年には、パリに拠点を構えるスタートアップキャンパス「STATION F」への投資も決定している。ユニリーバも、2014年から「ユニリーバ・ファウンドリー」というアクセラレータ・プラットフォームを運営。現在まで、ベンチャー企業とともに約100のパイロット製品およびプロジェクトを立ち上げたと同社の公式サイトで説明している。一方、日本でも2018年にコーセーが「コーセーとの共創によるInnovation Program」の公募を開始した。

世界各国でビューティー系企業によるプログラムが展開されるなか、ニベアブランドを持つドイツのスキンケア企業のバイヤスドルフが、韓国で独自のプログラムに乗り出すという興味深いニュースがあった。バイヤスドルフは、コワーキングスペースを運営するWeWorkと提携し、ソウルに「次世代Kビューティーイノベーションハブ」を設立すると発表した。このイノベーションハブはニベアブランドが後援することとなり、プログラムに選ばれた韓国スタートアップ企業には、バイヤスドルフが所有している世界トップレベルのスキンケアに関する専門知識が共有される予定だ。またマーケティング、セールス、デジタル、流通、R&Dなど各部門の最高責任者によるメンタリングの機会も提供される。

独企業であるバイヤスドルフが、自国ではなく韓国のビューティー系スタートアップ企業の支援に乗り出す理由は何か。同社アジア太平洋地域のブランド研究開発を担当するRalph Gusko氏は、その理由について次のように説明している

「ほとんどのグローバル企業が自国の発展と投資に没頭しているが、我々はビューティー産業の未来が始まる場所に注目した(中略)。 Kビューティーで世界的な美しさのトレンドをリードし、デジタル技術の世界的リーダーでもある韓国と歩みをともにしようと思う」

韓国メーカーは、K-POPアイドルまどを起用した感性的なイメージ戦略、いわば「韓流マーケティング」に長けており、アジアを中心とした美容市場にもたらす影響力は大きい。また昨今は、ロレアルのModiFace買収の動きに代表されるように、ビューティー関連企業によるテック投資も盛んに行われているが、韓国社会は先端テックのトレンドにも敏感で人材も豊富だ。

Gusko氏の言葉をそのまま理解するのであれば、バイヤスドルフとしては、美容業界のトレンド発信力とテックの両方に相性が良い韓国にスタートアップ支援の拠点を構えることで、自社ビジネスとの相乗効果を最大化することを狙っているということになる。2019年の第一四半期には同プログラムに参加するスタートアップの選抜が開始されるという。

Photo By Amorepacific-techupplus.com

韓国国内大手企業によるアクセラレータ・プログラム

韓国では外資系企業に負けじと、韓国国内企業も独自のプログラムを展開している。業界最大手のアモーレパシフィックが支援するプログラム「Amorepacific TechUP+」は、2019年で2期目を迎えた。特筆すべきは、美容だけでなくヘルスケア関連のスタートアップも支援している点だ。

2018年7月に行われたイベントでは、化粧品のセール情報などと紐づいたスケジュール管理アプリ「HiddenTrack」、食べられる口内ケア製品を開発する「パルン」、プラスサイズモデルを起用し臀部など身体につけるボディマスク(詳細は未発表)「LOVBOD」など、アモーレパシフィックに支援を受けている各スタートアップが紹介された。このうちHiddenTrackはすでに、サムスン系列の広告会社である第一企画、ヒュンダイグループ、アディダスなど国内有名企業20社と提携しており、利用者数も20万人にのぼっている。今後、AI技術を取り入れ、家庭用AIスピーカーへの対応も視野に入れるなど、ビジネス拡大が期待されている。

アモーレパシフィックのイベントでは、ブロックチェーンプロジェクト「Block Odyssey」も紹介された。こちらは、偽製品撲滅を目標に掲げたプロジェクトで、韓国トップの理系大学・KAIST(韓国科学技術院)出身者がメンバーとして参画している。また、ビューティーブランドとユーチューバーを繋ぐMCN(マルチチャンネル・ネットワーク)自動化プラットフォーム「Uconnec」も紹介された。同プラットフォームを使えば、ブランド側は自社に相性の良い動画クリエイターを効率的に探すことができ、広告効果や購買に繋がったケースをリアルタイムで追跡できるようになる。こちらのサービスは、韓国政府がグローバル進出可能性の高いスタートアップを発掘・投資するプログラム・TIPS(Tech Incubator Program for Startup)の支援も受けている。

これまで化粧品プロダクトで強みを見せてきた韓国だが、アモーレパシフィックのプログラムの中身を見る限り、支援の幅が流通や販売管理、マーケティング全般に及んでいることがわかる。世界各国大手がテック企業への投資を強めるなか、韓国企業も競争力確保に積極的に乗り出しているのがわかる。

韓国国内の美容系スタートアップには、IT企業最大手・NAVERなども積極的に支援を行っている。NAVERは自社プログラムでNexpressという企業を支援しているが、同社は皮膚に貼ることができるライトセラピー(光療法)用パッチ「aino」を開発している。ライトセラピーはシワの改善と化粧品の吸収率を向上させるケアのひとつで、関連ホームケアデバイスの需要は非常に高いとされているが、これまで肌に密着させることができる柔軟なタイプの製品がなかった。そこでNexpresshaは、パックのように貼ることができる伸縮性のある電子素材を開発し、ainoの製品化に乗り出している。

なお、現在韓国で最も注目を集めているビューティーテック企業としては、lululabがある。2016年に設立された同社は、スマート生理用カップを開発してきた企業だが、最近になってAIスキンケアアシスタント「LUMINI」を開発。CES2019のバイオテック部門でイノベーション賞を獲得した。

韓国のアクセラレータ・プログラムの現在地

韓国の美容スタートアップを後押しするのは、企業だけではない。国営貿易投資振興機関・KOTRAなどが中心となり、スタートアップの海外販路・協力関係の拡大も図っている。2018年にフランスのアクセラレータ・Creative Valleyと共同開催した「韓仏スタートアップサミット2018」などがその一例となるだろう。

このように国内企業や政府が官民一体として、韓国でアクセラレータ・プログラムやスタートアップ支援を拡大しているのは美容だけではない。その背景には、政府の思惑もある。

韓国社会は長らく、大企業や財閥企業に富が過度に集中し国内経済の安定性にリスクがつきまとってきた。そのため、ここ数年の間、政治の世界から「創造経済」や「財閥改革」という標語=プレッシャーが経済界にしきりに投げかけられるようになった。そのような世の中の動きに対して、大企業の方も敏感に反応。「共生経済」など社会に融和的なキーワードを掲げ、その実務的対応例としてスタートアップ支援の強化に乗り出しているという構図だ。

それが国内の難しい雇用状況とも相まって、スタートアップブームに火がついたという流れがある。もちろん、グローバル化が進むなか、優秀なリソースやタレントを取り込むスピードを早めなければ競争に勝ち抜くことができないという世界各国の企業と同じような韓国企業の危機感も支援拡大の要因のひとつになっている。

Image: Sorbis via shutterstock

前出のNAVERや、注目ビューティテック企業lululabには、ともにサムスンの社内ベンチャーからスピンアウトした企業という共通点がある。一方で、2018年4月にロレアルが、グローバルで人気の高い化粧品ブランド3CEを擁するナンダを買収し、世界中で話題となった。ニベアブランドを使って韓国でアクセラレータープログラムを展開するバイヤスドルフも、それに続けと新しい芽を見つけようとしている。国内外の後押しとして、世界中の投資家や大企業を引きつけ、成長した企業がM&Aなどで大くなり、彼らがアクセラレーターをしたり投資をする。そんなエコシステムが確立できれば、韓国の美容業界の地位はさらに強固になるだろう。

Text: Jonggi HA(河 鐘基)
Top image: Cineberg via shutterstock

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
4

BeautyTech.jp

美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp

BeautyTech.jp記事

BeautyTech.jpのすべての日本語コンテンツはこちらからご覧いただけます
4つ のマガジンに含まれています