見出し画像

「培養液」の条件で変化する成分。盛り上がる幹細胞コスメ最新動向

BeautyTech.jp

◆ English version: Stem Cell and Anti Aging
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

山中伸弥氏らによるiPS細胞開発を皮切りに、国を挙げて再生医療の産業化が進められている。その周辺分野のひとつが、幹細胞研究から派生した「再生美容」である。近年、日本でも関心が高まりつつある「幹細胞コスメ」の現状や今後の可能性について取材した。

再生医療のキーであり美容にも応用される「幹細胞」とは?

幹細胞は、私たちの身体を構成する細胞を生み出すもととなる細胞だ。幹細胞コスメを語る前に、まず、幹細胞とはどんなものかを簡単に説明しよう。

幹細胞には2つの特出した能力があり、一つは、自分と全く同じ細胞を複製する能力(自己複製能)、もう一つが、さまざまな種類の細胞へ分化する能力(多分化能)である。これらを利用して、医療の分野では、臓器や血液、皮膚などの組織そのものを幹細胞で再生して移植する再生療法や、病気やケガでダメージを受けた組織に幹細胞を投与して修復する細胞療法などが行われている。

画像1

出典:ステムサイエンス ファクトブック PART2

そして、その幹細胞は大きく3種類に分類される。

画像2

再生医療では、上記3つの幹細胞を用いた研究が進められているが、幹細胞そのものを使用せずに、上の表にある安全性の高い脂肪幹細胞が分泌する成分を使ったもうひとつの再生医療として注目されているのが、「幹細胞培養液(または、培養上清ともいわれる)」だ。

幹細胞そのものではなく、培養液が美容で注目される理由

幹細胞培養液には、幹細胞が増殖する際に分泌するさまざまな成長因子が濃縮されている。コラーゲンやヒアルロン酸など組織を構成するタンパク質や、ほかの細胞と情報をやり取りするサイトカインなど多数の成分が含まれており、細胞を活性化させる働きがある。幹細胞自体が入っていないので(※)、遺伝子操作などの問題もなく、美容分野では「最先端の肌若返り成分」として注目されている。つまり、巷で言われる「幹細胞コスメ」とは、正しくは「幹細胞培養液コスメ」のことになる。

※薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)では、化粧品に幹細胞そのものを使用することは認められていない。

この続きをみるには

この続き: 2,108文字 / 画像2枚

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

購入済みの方はログイン