自撮り2

自撮りアプリから携帯端末、そして。中国のMeituがAI技術を駆使して夢見る未来

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

スマホで自撮りした後、肌の色味や顔の輪郭を補正してインスタグラムに投稿する――世界中の若い女性たちが毎日、当たり前のようにやっている。自撮りアプリや美顔アプリと呼ばれる画像編集アプリは百花繚乱の状態だが、なかでも抜きん出ているのが中国のMeituだ。アプリ開発にとどまらず、AIを武器に美容業界に進出しつつある同社の最新動向とは。

スマホアプリからハードウェアの開発を手がける中国企業・Meitu(美圖公司)の快進撃が止まらない。同社は「BeautyPlus」や「MakeupPlus」、「Meitu XiuXiu」など女性向けの自撮り(セルフィー)に特化した写真編集アプリの開発元として有名で、2016年には起業8年目で香港市場に上場するまでに成長した。

「絶妙な加工具合」で日本のユーザーはすでに2,600万人以上

同社ウェブサイトによれば、同社アプリをインストールした端末は世界中で約11億台に達し、月間アクティブユーザーは4億5,000万人以上に上るという(2018年6月13日現在)。また日本を含め、中国以外のユーザーも急増しており、その数は5億人を突破している。Meituは2017年8月時点で、日本のユーザー数が2,600万人を超え、「女性の3人に1人が利用している」とも発表している。

同社が急成長した理由は、女性の「美しくありたい」という根源的な欲求に応えたからだ。たとえばBeautyPlusでは顔の肌色の調整やシワ、ニキビの除去、目の大きさの調整、歯のホワイトニングなどが簡単にでき、さらに動画の肌補正まで可能だ。一方、MakeupPlusは写真上でメイクを“足す”ことができ、自撮りした顔写真にリップやファンデ、チーク、カラコンなど様々なツールで加工できる。友達と共有したり、インスタグラムへ投稿する前に、Meituのアプリを使うことはもはや若い女性の常識となりつつある。

同種のアプリはほかにもあるが、Meituが支持を得ている理由は「絶妙な加工具合」にある。アプリ紹介サイトやユーザーレビューの声を総合すると、同社の美顔機能は「加工しすぎず、美しく盛れる」と評価が高い。過ぎたるは及ばざるが如しで、加工した写真をSNSなどに投稿する際に本人との過度なギャップは禁物だ。その点、Meituのアプリは自然な仕上がりができると評判を呼んでいる。同社幹部はテック系メディア「Impress ケータイWatch」のインタビューで「今はもっとナチュラルなものが求められている」と答えており、AI技術を駆使して、よりナチュラルな肌の質感を再現することに注力しているという。

一方、自撮り画像加工アプリやARメイクアプリは今、群雄割拠の状態だ。Meituと肩を並べるのは、ARメイクアップアプリ「YouCam Makeup」など、自撮りやバーチャルネイルを試せるアプリを提供する台湾のパーフェクト社。同社のアプリはこれまでで累計6億ダウンロードを記録(2018年6月13日現在)。最近ではCES2018で同社CEOが「O2O戦略」を発表したが、これはアプリ上で擬似的にメイクしたユーザーにクーポンなどを配布して来店につなげるというものだ。

また、韓国のネイバーも子会社を含め同種のアプリ開発に力を入れている。日本でも知名度の高いARカメラアプリ「SNOW」を筆頭に、自撮りアプリ「B612」、そしてARメイクアプリ「LOOKS」を提供するSNOW社(ネイバー傘下)が有名だろう。同社アプリの累計ダウンロード数は合計で7~9億以上と予測されており、日本ではLINEブランドで提供されているので日本人ユーザーの数も多い。

ほかにも中国テンセント・テクノロジーが提供するメイクアプリ「Pitu(P圖)」や、人気写真アプリ「Camera360」の開発を手がける中国PinGuoテクノロジー(品果科技)の美肌アプリ「Besite」、バイドゥ香港が提供する画像処理&共有アプリ「Photo Wonder」などが存在するが、その存在感はMeituの提供するアプリには及ばないといったところだ。

売り上げの大半を占めるのはアプリではなくスマホ端末

さて、ここでMeituの歴史を見ていこう。Meituは2008年に中国・福建省アモイ市で設立された。創業者の呉欣鴻(ウ・シンホン)CEOは1981年生まれの37歳。呉CEOが子供の頃、父親が事業に失敗したため裕福な家庭ではなかったという。高校卒業後、大学へは進学せず、家族の生活費のためIT関連の企業に就職。その後、2001年、働いて貯めた30万元(約520万円)でインターネット関連の会社を起業したが、わずか2年で倒産した。2003年に再びSNS関連の事業を立ち上げるも、またしても失敗。

だが、ここから彼の人生は好転しはじめる。検索サイトの研究開発に携わり、利用者が4,000万人を超えるサイトへと成長させたのだ。さらに、中国の若者の間で流行していた「火星文」と呼ばれる特殊文字をネット上で入力できるサービスを2007年にローンチさせ、わずか数か月で4,000万人以上のユーザーを獲得。そして2008年10月、動画や写真の加工分野に目を付け、画像・写真編集ソフト(当初はPCでの利用を想定)をリリースすると、中国の若い世代を中心にまたたく間にユーザーが増大していった。

一般ユーザーの間ではMeituは自撮り写真加工アプリとして有名だが、IT業界や投資家からは「AI関連」の企業として注目されている。同社の持つAI技術が写真加工技術に多大な貢献をしているからだ。同社のアプリが提供する高度な顔認識技術や画像処理技術、AR(拡張現実)機能はAIなしでは行えない。毎月、ユーザーによって作成される画像は60億枚以上と同社は発表しているが、累積したデータをAIが解析して取り込み、技術をアップデートさせている。

例えば2017年12月に、似顔絵ロボットAndyを開発したが、これはAIを利用して瞬時に似顔絵を作成するフィルター機能で、その完成度の高さから話題となった。アプリの開発部門には500人のエンジニアがいると公表しているが、若くて優秀なエンジニアやAI人材を大量に抱えた開発体制もまた、同社の躍進の一因となっている。

ただし、Meituの主な事業はアプリ開発だけではない。自撮りに特化したスマホの製造・販売も手がけており、実はその収益が売り上げの大半を占めているのだ(2016年は売り上げの9割以上がハードウェア事業)。6月に発売した「Meitu T9」(価格は下位モデルが約6万円)はスマホの前後にデュアルカメラを配置(500万画像と1,200万画素)し、顔だけでなく全身も撮影でき、同時に加工・補正する。同社のスマホは中国とアジアの一部地域でのみ販売されており、日本にはまだ進出していないが、将来的に認知度がさらに高まれば、日本国内での販売開始もありえるだろう。

同社のスマホは日本のコンテンツとのコラボにも積極的で、ハローキティ、セーラームーン、ドラゴンボール、ドラえもんなどアニメキャラとの正式コラボ製品も販売している。セーラームーンとのコラボ製品では同アニメの指示ボールを模した自撮り棒を付録でつけ、そのキュートなデザインから日本でもちょっとした話題となった。また変わったところでは大英博物館とコラボし、ロココ様式の外装を施したスマホと豪華な箱に入ったアンティーク調の化粧ブラシをセットにして販売したこともある。同社はこうした活発なコラボ戦略でハードウェアの売り上げを伸ばそうとしているようだ。また、アプリでもコラボを展開し、6月には台湾の故宮博物院と協力し、古代中国の肖像画や絵画風に写真を加工するフィルターをリリースした。

出典:「Meitu Phone

世界中のユーザーの美容情報をビッグデータ化?

現在はハードウェア事業で“生計”を立てているMeituだが、今後の展開はどうなるのか。日中双方のメディアで呉CEOが語った内容を総合すると、AI技術を強化し、Eコマースへの進出を積極的に行うとのことだ。同社が今後、まず目指しているのがアプリから女性の肌の健康状態を診断し、その人に最適な化粧品やトリートメントの方法(エステなど)の広告を配信する仕組みだ(AIによる肌診断アプリ「Meitu Beauty」はすでに中国でリリース済み)。

ただし、前出の台湾・パーフェクトや韓国・SNOWも同様の試みをすでに行っているか、もしくは予定しており、サービス自体にはさほど目新しさはない。だが、Meituはユーザーの誘導先となるECサイトを自社で構築する予定だと呉CEOは語っており、アリババやJD.com のような女性向けの巨大なECサイトが中国で新たに誕生する可能性もある。ちなみに現在、中国では「平安好医生」を筆頭に、アプリ上で健康状態を診断して医薬品購入や医師の紹介までワンストップで行うサービスが数多く出現しており、バブルの様相を呈している。世界中の美容市場にこうしたサービスが本格的に導入されれば、莫大な需要が掘り起こされるだろう。

さらにMeituは6月から試験的に肌診断サービスを開始。例年6月18日は、中国全土のECサイトの大型セールの日であるが、その1週間前から期間限定で「全民測膚週」(全国民の皮膚測定週間)というサービスをMeitu Beauty上で行った。ユーザーが自撮りの顔写真をアップすると皮膚の色味や肌年齢、肌質、異常の有無をAIが即座に診断し、分析レポートを表示。あわせて最適な化粧品や医薬品を割引クーポンとともに提示してくれるのだ。同サービスを経由して大型セールの日に自社ECサイトでの売り上げをどのくらい伸ばせるのか、同社にとって試金石となるだろう。

 中国だけにとどまらず、世界中のユーザーの顔に関する膨大な情報がMeituに蓄積されていく。同社のAI技術で集めたビッグデータの分析が進めば、人々の想像を越えたサービスが誕生する可能性は大きい。Meituブランドのスマホに各種センサーを搭載し、肌の汚れや水分量、老化具合を瞬時に計測できるようになるかもしれない。あるいは、女性ユーザーの肌や美容に関するビッグデータを使って、オリジナルの化粧品を開発・販売することも難しくないだろう。グーグルやアマゾンのように、Meituは日本にとって「美容☓テクノロジー」業界の“黒船”になる日も近いかもしれない。

Text: チーム・ロボティア(Team Roboteer)


ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
5
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp

こちらでもピックアップされています

テクノロジー
テクノロジー
  • 209本

BeautyTech.jpのテクノロジーに関する記事をまとめたマガジンです。