見出し画像

ベルリン発TOAが提唱「生きること」を支える LifeTech、衣食住から美容領域での革新

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

パンデミックをグローバル規模で経験した世界は今、地球環境の保全という課題に真剣に向き合い、取り組みを進めることを避けては通れない。地球の未来を明るくするためのテクノロジーを考えるテック・カンファレンス「TOAワールドツアー東京」では次世代を見据えたLifeTechが衣食住や美容の観点から語られた。

2012年、ドイツ・ベルリンでクラウドファンディングをもとに立ち上げられたテック・カンファレンス「Tech Open Air(TOA)」は、世界に数あるテックイベントのなかでも、極めてユニークな存在だ。大手テック企業からスタートアップまで幅広い企業が集い、自社のアイディアやサービス、製品を披露して意見交換をするのはもちろんだが、その業種や専門分野は衣食住をまたがる。さらには、アーティストや音楽家、ファッションデザイナーや教育者といった顔ぶれが登壇し、テクノロジーが変えていく未来の可能性について論じるのだ。

そこには、異業種間の垣根を取り払うことで、思いがけない出会いとケミストリーを創出し、互いのインスパイアを促すと同時に、既存の概念にとらわれない協業や資金調達、投資先の発掘などを進め、ビジネスを活性化する狙いがある。事実、これまでにTOAを通して何らかのビジネスマッチングが行われた数は、1万1,945件(2020年6月現在)にのぼることがTOA公式Webサイトに記されている。

そして、TOAの最終ミッションは、TOA共同創設者のニコラス・ヴォイシュニック(Nikolas Woischnik)氏の言葉を借りるなら「地球の未来を今より少しでも明るくすること」にある。TOAはテクノロジーが果たす役割を、人間の暮らしを快適便利にする単なるツールを超えて、生きること、あるいは生命そのものを支えていく鍵として捉えているのだ。

図1

TOA ニコラス・ヴォイシュニック氏

TOAは本拠地ベルリンのほかに「TOAワールドツアー」という派生イベントを世界各国で開催しており、2020年2月26日には、東京で開かれた。そのときのテーマは「LIFETECH(ライフテック)」であり、多彩な登壇者のラインナップとあわせて、まさに、TOAの真髄が浮かび上がるカンファレンスとなった。

クラウドで管理するモジュラー型室内農場

たとえば、“都市の野菜工場”infarmのCEO エレズ・ガロンスカ(Erez Galonska)氏は、クラウド上でAIが光や空調、栄養補給を自動管理し、サラダ野菜やハーブ野菜を育てる、自社の都市型農業プラットフォームについて説明を行った。人口が密集する街中のスーパーマーケットにも設置できるコンパクトなモジュラー型の室内農場は、新鮮な野菜を移動コストなしで供給する究極の地産地消を実現すると語る。また、同じ量の野菜を農地で栽培するのに比べ、2,600万リットル以上の水と、約3万6,000平方メートルの土地がセーブでき、かつ必要な量だけを生産することでフードロスの改善にもつながる。

当日は、infarmとJR東日本グループとの提携が発表され、子会社であるスーパー紀ノ国屋が日本で初めてinfarmのスマート栽培ユニットの導入を決めたことが明かされた。

TOAの日本公式パートナーを務めるインフォバーンのCVO 小林弘人氏もまた、今、LifeTechに注目すべき理由の1つとして、食が地球全体にとって重要な課題であり、時代は「FOODTECH 3.0」のステージに突入しつつある状況をあげる。

図1

インフォバーン 小林弘人氏

食の情報がデジタル化されたFOODTECH 1.0に続き、Uber Eatsのようなデリバリーの要素が加わったFOODTECH 2.0を経て、温暖化など気候変動がもたらす危機的な事態に人類が直面するなかでの「食のあり方」を考えるのがFOODTECH 3.0である。

国連の世界人口推計によると、2050年には世界の人口が98億人に達する見通しで、深刻な食糧不足に陥ることが予想される。国連食糧農業機関(FAO)が昆虫食を推奨する報告書をまとめ、マグロなど絶滅危惧種の増加が懸念されるなど、危機の兆しはすでに現れてきているのだ。

ミニマルな家やノマドな暮らし

一方、マイクロリビングをうたい、工場で組み立てたシンプルデザインの小さな家「ミニマルハウス」を、1棟丸ごとの状態でオーナーの土地まで運び設置する“モジュール住宅”を提案するのがCabin One だ。住宅の建築にかかる手間や労力とコスト、時間を削減し、建築資材とエネルギー資源の無駄を省くとともに、山林のサステナビリティに配慮して生産された木材を使用。水道や電気は既存インフラにつなぐ必要があるが、太陽光発電装置を備え基本電力の60%をカバーする。

同様に自然環境へのダメージを極力減らすタイニーハウスを提唱するのが、日本企業のYADOKARI である。同社は日本全国にある空き家を再利用してコミュニティで活用する「空き家ゲートウェイ」プロジェクトも推進しており、これまでの「モノをたくさん所有し、大きな家に住むことが豊かさ」だとする考え方に疑問を呈する。

さらに一歩進んで、「1カ所に定住する」という社会の“常識”をくつがえすのが、ADDressによる、定額日本全国住み放題サービスである。同社が日本各地で運営する家に、月額4万円〜居住できるシステムで、料金には電気代、ガス代、水道代が含まれ、住まいにはWiFiや家具、寝具、調理器具、洗濯機などの基本的な生活設備が整っている。

さまざまな土地に手軽に別荘が持てる感覚だが、必ずしもオフィスへの出勤が求められず、リモートワークが自在になりつつある昨今、個々人のライフスタイルにあわせた働き方を考えるうえでも、ユニークなサービスだ。たとえば、目の前に海を見晴らすワークプレイスとして家を借り、仕事の合間には趣味のサーフィンを楽しむ暮らしを1ヶ月の半分だけ送るといったことが実現できる。

AIが自動生成する廃棄布削減パーソナライズ型紙

2018年、バーバリーが売れ残り商品を大量に焼却廃棄していたことが判明し、消費者からの批判を浴びたのをきっかけに、リサイクルやサステナブルな素材開発の機運が高まったファッション・アパレル業界。慶応義塾大学大学院の学生が立ち上げたスタートアップSynflux の共同創業者である川崎和也氏は、スペキュラティブ・ファッションデザイナーの肩書きを持つ。

「デザインする」とは、問題解決のために思考することや概念を組み立てること、そして、実用面を考慮しつつ目に見える形に表現していくことを意味する。これに対して「スペキュラティブ(思索する)・デザイン」とは、人々に思考を促す問題提起をすることで、現状の世界に別の可能性を示すデザインを指すという。

ファッション業界における環境問題という、膨大な要素を含む大きなテーマにアプローチする際に、AIやバイオテクノロジーといった技術的な側面と、商品の生産・流通過程で起きるゴミの削減、生態系への影響緩和などの社会的な側面に、いわば“橋をかける”役割を果たすのがスペキュラティブ・デザインだ。

こうした発想から、Synfluxではこれまでに、微生物にタンパク質を生成させることで作った布を使用するテーラーメイドスーツや、洋服の型紙をAIのサポートで自動生成する「アルゴリズミック・クチュール」などを発表している。

H&Mファンデーションが主催するイノベーション・コンペティションで特別賞を受賞したアルゴリズミック・クチュールは、平面の布を凹凸のある人間の体にフィットさせるため、曲線に沿って布を裁つ従来のパタンナーの裁断方法では、布の15〜25%が廃棄されてしまう現実にかんがみて考案された。3Dスキャンデータを改変したり編集したりするデジタルファブリケーションにAIを掛け合わせ、最も布の廃棄が少ない型紙の形を高速で計算。布地の利用率のみならず、審美的にも納得できるファッション性のあるパターンを割り出した。

着用者の体の3Dデータにもとづき、三角形と四角形を組み合わせた集合体にして最適化し、身体サイズにフィットさせるこのパターンメイキングは、大量生産するのではなく、需要に応じた注文制作をすることで生産効率を高め、結果的に使用エネルギー量や廃棄物の大幅削減を目指すものだ。

発酵技術で廃棄物を有効活用して地域活性化に貢献

BeautyTechの分野から発し、より広域なLifeTechの領域をカバーするのが、休耕田を活用して栽培したオーガニック米を原料に、独自の発酵技術によりプレミアムエタノールを製造するファーメンステーションである。ほとんどの化粧品に含まれるエタノールをオーガニック素材で提供し、トレーサブルでもある試みは、クリーンビューティが注目を集める欧米の美容市場でも高く評価されている。

画像4

ファーメンステーション
代表取締役 酒井里奈氏

ファーメンステーションでは、プレミアムエタノールを使用した自社オリジナル商品のほかに、シードル製造過程で出るリンゴの絞りカス由来のエタノールを使用したルームスプレーといった商品化も果たしている。そこにあるのは、これまでゴミとして捨てられていたものを有効活用することで廃棄物を削減を目指す意図だ。

あわせて、エタノールを製造する際の残滓である米もろみ粕を、生産工場を持つ地元奥州市の養鶏場や畜産業者にプレミアム飼料として提供し、地域還元型のサステナブルな循環プロジェクトを推進している。資源の無駄を減らすとともに、地域の特産品の開発など経済活性化にも寄与するものとして期待が集まる。

地球をより良き場所にするテクノロジー

TOAワールドツアー東京が開催されたのは、日本全国の小中高校に休校が要請される直前のことだった。コロナ禍の大きな暗い影が忍び寄るのをひしひしと感じていた参加者も多かったはずだ。インフォバーンの小林氏はオープニングに際し、「今日この1日が明るい未来の種まきになれば」と述べた。

世界各地で頻発する大規模な自然災害、そして、未だ先が見えない未曾有のパンデミック。これまで人間社会が行なってきたことのツケが回ってきたようにも思える今、サステナブルな環境づくりに真剣に取り組むことが、かつてないほど求められている。地球の未来に光を灯すテクノロジーを志向するTOAの意義もまた重みを増す。

図1

ゴールドウィン 大坪岳人氏(左)と
Synflux 川崎和也氏

前述のSynfluxの川崎氏と、人工合成クモ糸繊維を使用したアウトドアジャケットを販売するスポーツアパレルメーカー、ゴールドウィンの大坪岳人氏は、トークセッションのなかで、「僕たちの世代は、Good is coolだ」と話す。社会や人々のためになる「良いこと」とは何かを考え行動するのがカッコいい、世の中を少しでも「良きもの」にしていくための貢献にこそ大義があるというわけだ。20代、30代の彼らの挑戦が、明日への希望と共感を呼んでいく。種が芽吹いている実感を得られた、TOAワールドツアー東京だった。

Text: そごうあやこ (Ayako Sogo)
画像提供: TOAワールドツアー東京

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
29
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp

こちらでもピックアップされています

サイエンス
サイエンス
  • 94本

BeautyTech.jpのサイエンスに関する記事をまとめたマガジンです。