美容ガジェット

IoTスキンケアOptuneβ版、「顔の筋トレ」メディリフト。注目美容ガジェットお試し

◆ English version: We tried Shiseido’s IoT skincare system Optune and here’s what we think
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

テクノロジーで、スキンケアやアンチエイジングの手法もどんどん変わる。美容家電、美容機器やガジェットなど呼び名はさまざまだが、テクノロジーをうまく取り入れたケアは、増える傾向にある。最近ではIoT美容機器とも言えるカテゴリーが登場し、その成長を後押ししていきそうだ。

富士経済が3月30日に発表した「美容家電・化粧雑貨マーケティングトレンドデータ」によると、市場規模は2016年に1000億円を突破、その後も勢いは止まらず、2018年は1200億円前後になることが見込まれている。

IoTスキンケアアイテムなどが、美容家電の範疇に入るのかという議論はあるが、美容のテクノロジーシフトが勢いを増していることは間違いない。今回は、今年にはいってすでに話題の最新アイテム2つをいち早く体験し、美容ガジェットの未来を予測した。

その時どきの肌状態に最適なスキンケアを提案

1つめは、昨年11月に発表され話題となった資生堂のIoTスキンケアシステム「Optune」。スマートフォンの専用アプリによる肌測定データと、気候などの外的環境データ、メンタル、生理周期などのデータを独自のアルゴリズムで解析。日々変化する肌状態に最適なセラムとモイスチャライザーを2ステップで抽出してくれる。

肌測定は、昨年9月に公開されたスマホだけで本格的な肌測定が可能なアプリ「肌パシャ」と同じ測定技術を採用。測定結果は、サーバー上に保存される。

スキンケアカートリッジは、購入時の問診で複数(数字非公開)の選択肢のなかから自分にぴったりな5本が選ばれる。3つのセラム(美容液)と、朝夜のモイスチャライザー2本という構成だ。セラムとモイスチャライザーの組み合わせは、資生堂が長年培ってきた皮膚科学研究の知見から、1000を超える抽出パターン(配合バランス)が可能。

上の写真は、時計回りに、乾燥と肌の関係に着目したセラム「ショット フォー DR」、ストレスと肌の関係に着目したセラム「ショット フォー ST」、夜用モイスチャライザー「ショット フォー ナイト」、朝用モイスチャライザー「ショット フォー モーニング」、酸化と肌の関係に着目したセラム「ショット フォー OX」。1本あたりの使用期間の目安は、環境や肌の状態など人によって異なり、約1.5〜2ヶ月だ。

この日の筆者の肌状態に合わせて抽出されたセラムは下記の写真になる。3つそれぞれのセラムの分量を目で見て確認することができる。

「日によって配合バランスがまったく異なるので、手のひらで混ぜ合わせたときのテクスチャの違いもぜひ楽しんでいただきたい」と話すのはOptune広報担当の近藤美鈴氏だ。

ゼラニウムの天然アロマが香る朝のモイスチャライザーは、SPF20・PA++でUV対策も可能で、スキンケアのあとすぐにメイクが始められる。夜のモイスチャライザーには、寝る前のリラックス感を高めるラベンダーの香りを使用している。

上の写真は夜用モイスチャライザーが抽出されたところ。ラベンダーの香りがふわっと広がる。

費用は、初回に専用カートリッジ5本(1本2800円/合計で14000円・税別)を購入すればすぐにOptuneのスキンケアを始めることができる。3ヶ月目以降からは月額基本料900円と、都度補充する専用カートリッジ代(1本2800円・税別)が発生するが、マシンは利用期間中は無料でレンタルが可能だ。このマシンは、3時間の充電で、約1ヶ月間コードレス使用できる。

近藤氏によれば、レンタル方式を採用したのは、ユーザーにつねに最新のOptuneマシンでお手入れをしていただくためで、月額基本料金の中には、マシンのメンテナンスやサポート、データチューニングなどの費用が含まれるという。

3月に資生堂の総合美容サイト「ワタシプラス」で実施したテスト販売には、販売予定数(非公開)の10倍を超える応募が殺到したという。今後は、購入者の声をもとにサービスの改良・開発を重ね、早期の本格展開を目指す。

実際に体験してみると、誰でも簡単にその日その時々の肌状態に合ったパーソナライズスキンケアを叶えられると感じる。朝、準備で忙しい働く女性や、夜、洗顔や入浴後のスキンケアがついつい後回しになりがちな子育て中の女性など、じっくり肌と向き合ってケアをする時間がない人でも、手をマシンに差し入れるだけで、今の自分の肌に必要なセラムやモイスチャライザーが自動で抽出される。専用アプリは、現状、肌測定とカレンダー機能が中心とのことだが、今後、肌の時系列的な変化の分析なども見ることができるようになれば、よりケアを続けるモチベーションもあがりそうだ。

一方、量を多く使うのが好きなどの個人の好みには現在対応していない。このあたりは、どこまでそのニーズに応えられるのかも課題になりそうである。

顔の下半分に特化したウエアラブル美顔器

もう1つが、今年創業40年を迎える美容機器専業メーカー・ヤーマンから発売されるリフトケアフェイスマスク「メディリフト」。見た目の印象年齢を大きく左右する“顔の下半分の筋肉”に着目し、それぞれの筋肉の特徴に合わせてケアするウエアラブル美顔器だ。

顔には30種類以上もの筋肉があり、使わないと年齢とともに衰えてしまう。だからといってすべての筋肉を鍛える必要はなく、部位によっては鍛えることで逆にリフトダウンしたり、シワの原因となったりする筋肉もあるので注意が必要だ。

メディリフトでは、顔筋を大きく「鍛えるべき筋肉」と「休ませるべき筋肉」の2つに分け、それぞれに合った独自のEMS(※)を採用。部位によって適切な波長を自動で出力し、大小頬骨筋のトレーニングと咬筋のトリートメントを同時に実現する。※EMS(電気筋肉刺激 = Electrical Muscle Stimulation)

低周波の振動を利用して筋肉に刺激を与え、表情筋を鍛えたり、肌を引き締めたりする効果がある。


出典:メディリフト

肌にしっかりフィットするメディカルシリコーン製のマスクは、目元、鼻、口の位置を合わせて装着するだけで、リフトケアに最適な筋肉の位置にEMS電極が配置される設計になっている。バランスよく鍛える「オートモード」でのケアが推奨されているが、食いしばる癖やエラの張りが気になる人は「ストレッチモード」、肌のもたつきが気になるときには「アップモード」というように悩みに合わせたケアも可能。

実際に、「オートモード」で10分間のケアを試してみた。終了後は顔ヨガをしたあとのような心地よい疲労感が得られ、フェイスラインのもたつきがすっきりしたように感じられる。どんな顔のタイプにもフィットするということだったが、つけかたにより毎回刺激を受ける箇所が違うような印象も受ける。

とはいえ、毎日続けることで、リフトアップ効果は期待できそうだ。マスクを装着すれば完全にハンズフリーになるので、家事をしながら無理なく続けられる点や、マスクはコントローラーを外して水洗いできるという利便性もある。

自分が日頃使っているフェイスマスクをした上からも使用できるので、マスクとリフトアップのダブルケアが可能というのも時短ケアとして受け入れられそうだ。現在、イセタンミラー東京ミッドタウン日比谷店にて先行販売している。

日常生活に自動的に組み込むケア

今回、2つのアイテムを体験して強く感じたのは、日常のスキンケアもいよいよ「自動化」の時代に突入したということだ。何も考えなくても、データに基づく最適なスキンケアや、「ながら」などで効率的なケアが可能になる。

その背景には、先端テクノロジーはもちろんのこと、長年にわたる両社の確固たる研究知見が礎となっていることは明らかだ。今後、IoTやAIなどの情報化が進み、美容家電はさらに進化することが予測される。メディリフトも、今後IoT化することで、さらにそれぞれの顔の筋肉の特徴にあったケアが可能になるはず、そんなことを強く感じた。

その先には、膨大なデータを生かし、ケアが限りなくパーソナライズ化されていく未来がある。今年はその元年と言えるだろう。

Text&photos: 小野梨奈(Lina Ono)

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
8
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp

こちらでもピックアップされています

テクノロジー
テクノロジー
  • 209本

BeautyTech.jpのテクノロジーに関する記事をまとめたマガジンです。