見出し画像

美容大手R&Dとスタートアップが交流、フランスCosmetic360から生まれる未来

◆ English version: France’s Cosmetic 360 and the beauty of business
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

毎年10月にパリで開催される化粧品の国際見本市「コスメティック360」。概要と2017年開催の内容については以前レポートしたが、今年も10月17日、18日の2日間にわたってルーヴル美術館直結のイベントホール「カルーゼル・デュ・ ルーヴル」で開催された。

コスメティック360は、フランス国家から競争力産業クラスターに指定されているコスメティックバレー(Cosmetic Valley)の主催で、製品、原料、検査、生産などさまざまな分野のイノベーションを提案すべく、前年より10%増の220企業が参加した。そのうちの約30%が外国企業で、来場者も昨年より12%増え、2日間で約5,000人が訪れた。

Image:Cosmetic360提供

この見本市の特徴は、大企業、中小企業、スタートアップ、研究機関など、規模の異なる企業・団体が交流するプログラムが数多く用意されていることだ。昨年に引き続き、Open Innovation、4日間で新製品の試作品を開発するHackathon Maker、また今年はスタートアップと大手企業が直接ステージ上で対話する「Studio Start-up」というプログラムも実施された。このような交流プログラムが充実しているのは、大手、中小企業の双方にメリットがあるからだろう。世界各地で生まれるイノベーションの「マリアージュ」により、業界全体のさらなる活性化が期待される。

フランスの化粧品産業は国内産業において輸出額で第2位ということもあり、コスメティック 360は毎年、経済・財務大臣が会場を訪れる。フランスが国を挙げて「スタートアップ大国」に向けてイノベーションに力を入れていることはすでに紹介したが、現役大臣のブリュノ・ル・メール(Bruno Le Maire)氏の視察はコスメにおけるスタートアップ、イノベーションにも関心が高いことを印象づける。

Image:Cosmetic360提供

さて、前述した今年のプログラム3つについて、内容を紹介していこう。

大企業と直接商談できるOpen Innovation

これは、中小企業やスタートアップが大手企業に直接商談できるオープン・イノベーションだ。2018年度は、ジョンソン・エンド・ジョンソン、ピエール・ファーブル、ロレアル リサーチ&イノベーション、LVMH Recherche、 Puig(プイグ)、Rodan+Fields(ロダンアンドフィールズ)、Yves Rocher(イヴ・ロシェ)の7社のR&D部門の門戸が開かれた。

今回は34カ国から応募があり、2日間で210の商談が行われたという。スタートアップや中小企業側にとっては大手企業とパートナーシップを組むチャンスであり、大手にとっては将来性のある技術やイノベーションを早期に見つける機会である。完全にコンフィデンシャルな商談なため内容は公開されないが、世界を驚かせるイノベーティブな製品の誕生が期待される。

Image:著者撮影

50名がチームに分かれて競い合うHackathon Maker

昨年から始まり、第2回目を迎えるハッカソン・メーカーは、業界のデジタル・イノベーションの発展を目的に、LVMHグループとその4つのメゾン(パルファン・クリスチャン・ディオール、ゲラン、ケンゾー パルファム、セフォラ)、仏最大のソフトウエア会社ダッソーシステムズ(Dassault Systèmes)、3Dプリンターを開発するI3DPの後援のもと開催した。個人、またはチームでエントリーでき、学生、起業家、デザイナー、クリエーターなど、様々なプロフィールの男女50名が選出された。

今回の課題は、与えられたテーマに合わせて製品コンセプトを考案し、3Dプリンターで試作品を作り上げるというものだ。制限時間は4日間。まず、1日目の顔合わせでチームが編成される。つまり、初めて会う者同士が協働して最高の結果をだすというチャレンジだ。

Image:著者撮影(上)、Cosmetic360提供(下)

テーマは、店舗で新デジタル体験のサービスを提供するという前提で、「自然にインスピレーションを受けて、持続可能またはリサイクル可能な素材で製品を創作する」ことだ。製品は香水、メイクアップ、スキンケアの3カテゴリーのいずれかを選んで製作する。

会期中は各チームにLVMHグループのブランドのメンター、クラウド型 3DエクスペリエンスのプラットフォームとCATIA(ハイエンド3次元CADソフトシリーズ) を提供したダッソーシステムズから3D試作品に関するメンター、持続可能な開発に関するエキスパートなど各分野の専門家が集められた。限られた時間の中で、リソースをフル活用し、最後に審査員に魅力的にプレゼンテーションする。画期的な発想だけでなく、リーダーシップ、チームワークも必要とされる。

優勝したのは、花にインスピレーションを受けたアロマテラピー用のデジタル・ディフューザーを考案した女性3人組で、賞金5000ユーロ(約64万円)が授与された。このディフューザーはオンラインカウンセリングでエッセンシャルオイルの処方がカスタマイズされ、花の形の容器に入れられる。容器の底に小型チップが搭載されているので、アプリを使ってエッセンシャルオイルの量を適切にコントロールできる仕組みだ。

この3名はフランス屈指のビジネススクールHEC Entrepreneurで出会い、「Les petites essentielles」という企業を立ち上げたスタートアッパー。今回のハッカソンにはチームでエントリーした。もともとの職業はエンジニア、薬剤師、化学者だそうだ。個人であれ、チームであれ、こういったプログラムに参加した優秀な人材は、今後さまざまな形でメディアにも取り上げられたり、企業にスカウトされる可能性があるだろう。現在、化粧品は「体験(エクスペリエンス)」の時代。商品を見て、触れて、実際に使用するときにも、今までにない新しい発想が求められる。

Image(上・下とも):Cosmetic360提供

出展スタートアップの公開インタビューStudio Start-up

また、今年もスタートアップゾーンが設けられ、世界8ヶ国から30社が出展した。1904年にパリで創業したコティ、そしてコスメティックバレーのお膝元シャルトルのインキュベーター組織、Beauty Tech ChartresThe Place by CCI 28 がスポンサーとなり、それぞれ独自の支援を展開した。

コティは出展スタートアップをステージ上で公開インタビューする「Studio Start-up」を開催し、「クリーン製品に変わる未来のプロダクト」、「デジタル印刷、成分カスタマイズ以外のパーソナライゼーション」、「今後の企業とインフルエンサーの関わり方」の3つのテーマを通して、コティのインタビューアーが出展スタートアップの革新的なアイデア、強み、可能性を引き出した。参加したスタートアップはグローバルカンパニーのエキスパートから直接アドバイスをもらえるという有意義なセッションとなった。2日間で20社のインタビューが行われ、来場者も熱心に耳を傾けた。

コティは年間売上90億ドル、世界150カ国で展開し、香水市場で世界1位、プロフェッショナルのヘアケア市場で第2位、カラーコスメティック市場で第3位だ。同社は2017年からデジタル・イノベーションのアクセラレータープログラムを実施している。

グロース・アンド・ストラテジー・イノベーション・エクセレンス部門のヴァイスプレジデント(VP)であるメイリス・ジョペ(Maylis Joppé)氏は「イノベーションはコティの戦略の中核となっており、コスメティック 360のスタートアップゾーンに投資することで、革新的な企業という認知を高めたい。今後もアーリーステージのスタートアップとネットワーク化し、コラボレーションすることで、新しい発想を外部から社内にも取り入れていきたい 」と語った。

また、グループ傘下のカバーガールではARアプリによるメイクアップシミュレーションを導入しており、デジタルイノベーション部門のVP、フレッド・ジェランタビー(Fred Gerantabee)氏は「今後はAI、AR、Voice(音声)など成長テクノロジーとのパートナーシップに力を入れていきたい」とウェブサイト上で伝えている。コティは2016年にP&Gから41ブランドを買収したことでも話題になったが、こういったブランドにもデジタルテクノロジーを戦略的に活用していくだろう。

Beauty Tech Chartres, The Place by CCI 28 は、アーリーステージのスタートアップであれば誰でも相談できる2日限りの相談コーナー「Solutions Start-up」を設け、講演会、ワークショップ、エキスパートとの個人面談などを通して、資金調達のアドバイス、発売までのステップなど無料でカウンセリングした。有望なビジネスプランであれば、化粧品都市シャルトルでの具体的な支援にも繋がるとあって、多くの起業家でにぎわった。

Image:著者撮影

注目のインフルエンサープラットフォーム

出展30社のうち、The Place by CCI 28の支援を受けているDinov Group Internationalは、インフルエンサーたちがイニシアティブを持てるという、今までにないアプリケーションを発表した。

Image:著者撮影

創業者は21歳のフランス人、グレゴリー・ディノヴ( Grégory Dinov )氏。国際経営を勉強した後、企業勤めをすることなく、10,000ユーロ(約129万円)の自己資金で2016年に創業した。2017年から投資家のクリストフ・ドゥアーヌ氏が共同経営者兼メンターとなり、事業を進めている。

今まで、インフルエンサーは企業のプロモーションに合わせて選ばれ、コラボレーションしていたが、このアプリでは、インフルエンサーが自分で過去の投稿を紹介し、内容に合わせて価格を提案することができる。企業はDinov Group Internationalの独自開発アルゴリズム である「The fake follower detector」 により、クオリティの高い投稿をするインフルエンサーを見分けることができる。結果的に費用対効果のより高いインフルエンサーと出会えるプラットフォームだ。インフルエンサー側は自分の投稿の「質」の重要さを認識するため、より責任感のある情報発信になっていくだろう。

ディノヴ氏によると、2019年1月からサービスを開始するが、すでに55カ国12万6,000名のインフルエンサーのコンタクトを持っており、インフルエンサーにメリットのあるプランも充実させながら準備を進めているという。見本市では60企業と商談をし、そのうちのいくつかはサービス開始に向けて打ち合わせを進めているとのことだ。「人と人を繋げることが好き」というディノヴ氏はアプリを通して企業と個人を新しい形で繋げようとしている。

また、フランスの企業のCMSmartconnectは、AR、Contactless(NFC/近距離無線通信)、QRテクノロジーを駆使したアプリケーションを提案した。

スマートフォンを商品パッケージに軽く触れるだけで、消費者は即座に商品情報、ビューティアドバイス、割引クーポンなどの有益な情報を得ることができるアプリで、売り場でなかなか店員がつかまらないとき、質問しづらい商品の場合はとても便利だ。また、企業にとってはどの商品がどのようにチェックされているかをデータ化できるため、消費者の行動を容易に把握でき、マーケティングROIをあげられると期待される。

優れた化粧品を支える技術を表彰するアワード

この国際見本市では、原料、処方、パッケージ、検査分析、リーテイルブランド、サポートの6部門でそれぞれイノベイティブな企業を表彰する「Cosmetic360 Award」がある。スタートアップとして受賞した2つの企業を紹介しよう。

処方部門で受賞したのは、画期的なシートマスクを開発したスイスのスタートアップClixperienceだ。小型容器の表面を親指で押すと、中に入った圧縮シートマスクに美容液が染み込み、まるで使い捨てのおしぼりのように、新鮮なシートマスクが出来上がる。処方の高い効果に加えて、ワンプッシュで気軽と賞賛を受けた。旅行時の携帯にも便利だ。このパッケージはアイマスク、メイク落とし、ネイルリムーバーなど、他の用途への汎用性もあり、OEM(カスタマイズ)生産も可能だ。

Image:Clixperience のHPより

Image:著者撮影

リテール部門で受賞したのは、Viva Techonologyにも出展していたBeauty Mixだ。高等教育・研究機関 ポリテクニークのアクセルレータプログラムX-UP、セフォラなど複数の支援を受けており、オリジナルコスメが作れるガジェット(DIY)として業界から注目される。

Image:Cosmetic360提供

使い方は極めて簡単。専用アプリで、肌診断をし、必要な製品のレシピを参照しながらBeautyMixのサイトから原料(Ecocert認定)を購入する。あとは材料をマシーンに入れるだけだ。地球にも優しいことをヴィジョンに掲げており、容器は何度も洗って再利用できるビンを採用している。スキンケアだけでなく、口紅、シャンプー、歯磨き粉など幅広いレシピがあり、製品は2019年1月から発売予定だ。

また、2018年は日仏友好160周年を迎え、日本が招待国となり、会場入口付近にJAPANコーナー「Innovation Japon 360」が設置された。資生堂が公式スポンサー、ジャパンコスメティックセンターの協力のもと、10社が出展した。特設ブースでは伝統的な化粧から現代のJ-Beautyの傾向まで、さまざまな視点から日本についての講演やプレゼンテーションが行われた。

伝統コーナーでは、芸者のメイク、香道、茶道のデモンストレーションのほか、文化紹介として、太鼓や琴の演奏も行われた。

Image:Cosmetic360提供

また、資生堂によるメイクアップライブ、J-Beauty(Japanese Beauty)についての講演が開催されたほか、ジャパンコスメティックセンターからは、日本の化粧品のトレンドを紹介するコーナーが設けられた。メークアップアーティストであり、BeautyMartの共同創業者であるミリー・ケンダル(Millie Kendall)氏は、日本はヨーロッパの化粧品の使用方法と韓国の状況の中間にあると印象を述べたうえで、「日本女性は入念にメソッドが作り上げられたマッサージを習慣的に取り入れながら化粧品を体系的に使っている。西洋の女性は少しずつ日本女性の化粧のメソッドを取り入れている」と伝えた。

日本企業のイノベーションとして注目されたのは、世界初、香りの可視化サービスを提供する「Aroma Bit(アロマビット)」だ。シリコンバレー最大級スタートアップイベント「Star-up Grind Conference 2018」でTop 50 Start upに選ばれ、Plug and Playが主催するアクセラレータープログラム「Startup Autobahn」の第4期プログラムにも抜擢された。

世界初の小型ニオイセンサーで、香りの可視化ラベル「aroma code (アロマコード)」を開発し、香りをデータベース化する。専用アプリでアロマコードを読み取ると、その香りに類似した製品を見つけることができるというサービスだ。ワインを例にとって説明すると、好きな香り、またはワインのアロマコードを読み取ると、香りパターンの一致率の高いワインを見つけられる。すでにCaveなど一部のワインのオンラインショップではアロマコードが活用されており、日本酒、コーヒーの香りの可視化も進んでいる。

データ上:aroma codeのインスタグラムより
データ下:オンラインショップ「Cave」のHPより

将来的にはニオイで商品を検索したり、商品の劣化を自動的に検査するなど、新しい付加情報を得ることができるという。 同社主任の高橋氏は「ニオイは、見える」という考えのもと、「世の中にある香りをすべて可視化したい」と話す。

以上みてきたように、コスメティック 360は、さまざまな分野で多種多様なテクノロジーが発表されるため、はっきりした方向性や傾向をまとめるのは難しいが、2017年には複数見かけたARやVR技術を起用したスタートアップが少ない印象を受けた。コスメティック360の幹部にそのあたりを聞いたところ、「ARはすでにビジネスで活用されていて、今も発展はしているがすでに実用段階でもある。今回は3Dプリンターを用いた試作品の開発の方に力を入れた」というコメントが返ってきた。実際、フランスでは3DプリンターやAIが最新テクノロジーとして話題に上ることが多い印象がある。

ただ、ARやVR企業の応募が昨年よりも少なかったのは事実のようで、このあたりの技術を持つ有望なスタートアップは今回のようなカンファレンスには参加せず、直接大手企業や支援プログラムなどにコンタクトしても注目してもらえる力をつけているともいえそうだ。

さまざまなプログラムを通して、クリーンビューティ、パーソナライゼーションの将来、デジタルイノベーションの実用化、有効な広告・マーケティング投資方法は何かなど、新しいイノベーションにとどまらず、それらをどのようにビジネスに直結させて行けるかが模索されているように感じられた。

Text : 谷 素子(Motoko Tani)

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
5
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp

こちらでもピックアップされています

テクノロジー
テクノロジー
  • 218本

BeautyTech.jpのテクノロジーに関する記事をまとめたマガジンです。