美容サロンアプリ

requpoなど美容サロンアプリが劇的に変えた、ユーザー体験と働き方

BeautyTech.jp

◆ English version: 7 Apps that are changing the way salons do business in Japan
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

メルカリやPairs、Airbnbなどマッチングアプリがサービスの提供者と受け手の距離を急速に縮めているが、美容業界もその例外ではない。サロン予約はウェブやアプリでできるのが当たり前になり、雑誌の切り抜きを握りしめてサロンに電話予約するユーザーも少なくなった。それはほぼ一強で業界を切り拓いてきたHOTPEPPER beautyの功績とも言えるだろう。その後生まれた美容マッチングアプリは、ユーザー体験だけでなく、サロンワーカーの働き方も変えつつあり、さらに業界に変化とインパクトをもたらしはじめている。

サロン版Airbnbから予約時の検索をなくすアプリまで

数多ある美容マッチングアプリを俯瞰してみると、いくつかの種類に分けることができる。ユースケースごとに美容マッチングアプリを眺めてみよう。

サロンとサロンユーザーをつなぐBtoCモデル

HOTPEPPER beauty

画像1

出典:HOT PEPPER 

ユーザーがサロンを検索して予約をすることができるサービス。サロンワーカー(個人のサロンスタッフ)を指名したり、予約の問い合わせをしなくてもサロンワーカーの空き時間を見て予約することができる。クーポンを利用できるのがアイデンティティなのはHOTPEPPER全サービスと同じ。

ミニモ

画像2

出典:minimo

mixiのコミュニティから生まれたサロン予約サービス。サロンから検索するだけではなくネイルやまつげエクステンション、ヘアスタイルのデザインから予約したいサロンワーカーを探すことができる。

サロンワーカーとサロンユーザーをつなぐCtoCモデル

requpo

画像3

画像提供:株式会社リクポ

空いている時間、希望のメニューや価格帯をリクエストするだけで複数のサロンワーカーから提案が届き予約ができる、ユーザーとサロンワーカーをつなぐサービス。サロンを検索して探すのではなく、提案を受け取りメッセージをやりとりしながら予約をすることができる。

サロンワーカーとカットモデルをつなぐCtoCモデル

カトモ

画像4


出典:カトモ

ユーザー側には「無料ヘアカット」、サロンワーカーには「隙間時間でモデルハント」をメリットに両者をマッチングする。モデルの定義には練習用のモデルも含まれており、モデルのハードルは低い。

この続きをみるには

この続き: 1,471文字 / 画像5枚

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

購入済みの方はログイン