フェムテック系福利厚生サービスは健康経営に必須、女性や家族の選択肢を拡大へ
見出し画像

フェムテック系福利厚生サービスは健康経営に必須、女性や家族の選択肢を拡大へ

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

フェムテックなど女性のヘルスケアに特化したサービスを福利厚生に取り入れる動きが日本でも徐々に広がりをみせている。月経随伴症状による経済的損失は1年間で6,828億円(※1)、不妊治療による離職を経験した女性は23%というデータ(※2)が示す通り、女性のヘルスケア、リプロダクティブ・ヘルスは、個々のプライベートな領域ではなく社会全体で取り組むべき課題といえる。日本で展開されているフェムテックを活用した企業向けの福利厚生サービスを紹介する。

※1:経済産業省「健康経営における女性の健康の取り組みについて」(平成31年3月)
※2:厚生労働省「不妊治療と仕事の両立に係る諸問題についての総合的調査」(平成30年3月)

famione(ファミワン):LINE活用でいつでも気軽に妊活相談ができる

2018年のスタート以来、利用者数を着実に増やしているのが、株式会社ファミワンの妊活中のカップル向けパーソナルサポートサービス「famione(ファミワン)」だ。

不妊症看護認定看護師や臨床心理士など、妊活の専門家からLINEで無料のアドバイスが受けられ、病院選びなどの相談ができる。当初から個人向けのサービスだけではなく企業との連携も行い、小田急電鉄やミクシィなどが福利厚生として正式導入してきた。妊活に取り組む従業員への個別サポートだけでなく、管理職や若手社員向けの啓発、月経トラブルから更年期など女性特有の健康問題全般についてセミナーを行うなど、企業の風土づくりから支援している。企業での妊活セミナーの満足度は90%を超えているという。

2020年には福利厚生サービス大手のベネフィット・ワン(導入企業1万2,300社/2021年6月時点)、さらに同年6月には、契約数業界最多1万2,600社超の福利厚生倶楽部を運営するリロ倶楽部とも提携し、月額3,980円のプレミアムプランを25%割引で利用できるなど幅広い層からアプローチしやすいサービスとしている。

FireShot Capture 354 - ファミワンの妊活・不妊治療福利厚生 - benefit.famione.com

出典:ファミワン

WanaB:現役の医療従事者による不妊治療サポートサービス

2021年4月にローンチした「WanaB」は、胚培養士である川口優太郎氏が代表を務めるリプロダクティブサポートファーム東京による企業・事業者向けの不妊治療 福利厚生サービスだ。

監修者やサポートスタッフとして医療従事者が名を連ねることはよくあるが、不妊専門の、しかも胚培養士がトップとなって事業を率いるというケースは珍しく、それがこのサービスの大きな強みとなっている。不妊治療に関する研修や相談窓口の設置、従業員向けに不妊カウンセリングや治療のコーディネートなどを行なうが、対応するのはすべて不妊治療機関で働いている現役の専門医療スタッフ。臨床現場での経験から患者のリアルな声をいち早く吸い上げ、サービスに生かしている。

この続きをみるには

この続き: 4,861文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf