見出し画像

インドはソーシャルコマース全盛、地元プラットフォームMeeshoとAmazonの思惑

BeautyTech.jp

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

経済成長率は約7%、中間所得者層が増加し、ネットインフラの整備が進んだインドではEコマースが活況を呈している。美容関連市場も例外ではなく2018年には2.5倍の成長をみせた。Amazonも勝機をうかがい攻勢を強めるインドの現況をレポートする。

目覚ましい経済発展とインターネットの普及により、ビューティ市場が拡大するインド。将来的には米国を上回る市場規模に成長すると推定され、世界中のブランドがこの市場に注目している。一方で、いまだ発展途上であるため価格に対する意識が先進国とは異なる点や、言語、文化、宗教が州によって異なるためマーケティング活動が複雑にならざるを得ない。

また、社会インフラや経済成長は道半ばながら、Eコマースやソーシャルコマースが急激に成長しているところも大きな特徴で、インドのFacebookユーザー数は世界トップ、Instagramユーザー数は世界2位であり、ソーシャルコマースは、インドのオンライン取引のキードライバーとなることが予想される。

インド13億人の人口の6割が35歳未満

インドのビューティ市場では、ヘアケアやスキンケア、メイクアップなどのパーソナルケア製品部門の成長が目覚ましい。だが、ビューティ産業が市場に占める割合は、現時点ではインド全体のわずか1%といわれている。むしろ注目すべきは化粧品の潜在市場で、2019~2024年で年間平均6%を超える成長予測となっている。このまま市場が成長していくのであれば、今後の伸びしろは計りしれない。

また、ビューティ産業にとってインド市場の魅力は、人口ポートフォリオにある。インドは13億人の総人口のうち、約6 割が35歳未満のミレニアム世代を含む若年層で、その数は米国の総人口の2倍以上にも相当する。ビューティ関連企業にとっては、未開拓の巨大市場が広がっていることを意味する。

画像1

Image: Boris-B via Shutterstock

2050年には、世界を牽引する国となるであろうインド。その経済成長率は、ここ数年、平均7%前後で、これに伴い中間所得層が増加し、個人の可処分所得も増加しており、ヘアケアやスキンケア、メイクアップなどのビューティ関連製品を購入する余裕が生まれてきている。

この続きをみるには

この続き: 3,190文字 / 画像3枚

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

BeautyTech.jp
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf