LVMHアワード、社会課題にソリューション提供するスタートアップが66カ国から応募
見出し画像

LVMHアワード、社会課題にソリューション提供するスタートアップが66カ国から応募

2021年6月、オンラインとオフラインを併設して開催された仏VivaTechにて、LVMHグループは革新的なスタートアップを表彰するLVMHイノベーションアワードの受賞者を発表した。インクルーシブを掲げ、一歩先の未来を見据えて、毎年新たなスタートアップを発掘し、協働を進める同グループの動きをみていく。

LVMHアワード、850社から28のファイナリストを選出

LVMHイノベーションアワードとは、LVMHグループが取り組む課題にマッチするソリューションを提供する革新的なスタートアップを表彰する賞で、今年は66カ国から850社の応募があり、28企業のファイナリストが選出された。授賞式は毎年VivaTechの会場で行われており、今年は6部門(オムニチャネル&リテールエクスペリエンス、オペレーション&エクセレンス・マニュファクチャリング、サステナビリティ、データ&AI、従業員エクスペリエンス、メディア&ブランド認知)からそれぞれ1企業ずつが表彰され、そのなかからさらに最優秀賞が選出された。

画像1

画像:著者撮影

エンゲージメントを高めるライブコマースツール「Bambuser」

オムニチャネル&リテールエクスペリエンス部門で受賞し、さらに最優秀賞を獲得したのは、スウェーデンのスタートアップBambuserだ。同社はインタラクティブなライブ配信を提供するSaaS企業で、インフルエンサーや販売員による1対1、1対N(複数人数)のライブコマースを可能にする。平均セッション時間は13分とECサイトの平均滞在時間の約3倍にのぼり、参加者の31%が商品をカートに入れ、24%のチャットエンゲージメント(チャットの書き込みや「いいね!」などの反応)があるという。

上記の動画のように、ライブ配信画面の右側に商品のリスト、左側にはチャット欄が表示され、消費者は出演する販売員などとインタラクティブに会話をしながら、商品をクリックして購入できる。双方向のライブ体験による高揚感からスムーズに購入につなげる仕組みが評価され、すでにLVMHグループ傘下のMAKE UP FOR EVERやディオールパルファンと協働している。エスティ ローダーも採用しており、日本でも公式サイトに埋め込まれたBambuserを通じてのライブコマースを行っている。今後、同社はStation Fのスタートアップ支援プログラムにより、LVMHグループのエコシステムのなかで6カ月のサポートを受けることになり、他メゾンとのコラボレーションの加速が期待される。

環境に配慮、リユースできる配送ケースを提供する「Hipli」

オペレーション&エクセレンス・マニュファクチャリング部門の受賞企業は、Eコマースの配送でリユースできる梱包ケースを提供する仏スタートアップHipliだ。パンデミックでEコマースが急増し、プラスチックの梱包材などによる環境への影響が懸念される。そこで同社は100回リユースできるBtoBtoCの循環型梱包ケースを開発した。2020年にローンチし、すでに欧州9カ国、150ブランド以上に採用されている。

利用方法については、まずリテール企業がHipliと契約すると、消費者は商品の注文時に通常の梱包かHipliの梱包ケースかを選択できる。Hipliを選ぶと、企業はHipliのケースに商品を入れて消費者に郵送する。消費者が商品を取り出した後、ケースを小さく折りたたんで郵便ポストに投函すると、Hipliの元に返送され、再利用できるシステムだ。

この続きをみるには

この続き: 2,796文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf