ミラーフィットが挑むウエルネス&美容の「自宅市場」とスマートミラーの可能性
見出し画像

ミラーフィットが挑むウエルネス&美容の「自宅市場」とスマートミラーの可能性

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

等身大サイズのスマートミラーを使って、オンラインフィットネス事業に取り組むミラーフィット株式会社。「ジムに通いたいけれども時間がない」「毎日続けられない」といったユーザーのペインを解消するだけでなく、トレーナーの新しい働き方を叶えるプラットフォームを目指す。そして、2022年中には、美容・ファッション領域への進出計画もある。同社 代表取締役社長 黄皓氏が描くサービス全体像をひもとく。

自宅で好きな時間に本格的なトレーニングができる鏡×IoTデバイス

一見、全身用鏡だが、鏡×IoT、いわばスマートミラー型フィットネスデバイス「MIRROR FIT.(以下、ミラーフィット)」のスイッチを入れると、スマートフォンのようなメニュー画面がミラー上に映し出される。筋トレ、HIIT(高強度インターバルトレーニング)、ヨガ、瞑想、ピラティス、ストレッチなど9つのカテゴリーに約200のオンデマンドプログラムが用意されており、運動の時間や強度、トレーナーなどからプログラムを選択したり、定期的に開催されるライブプログラムに参加したりすることで、自宅にいながら気軽に運動を楽しむことができる。

ミラーフィットに映し出されるトレーナーの動きと、ミラーに映る自分の姿を同時に確認しながらトレーニングできるのもミラーフィットの大きな特徴だ。

MIRRORFIT_image_ページ_10

鏡に映る自分の姿を
チェックしながら運動できる

トレーニングプログラムは、黄氏が別会社で運営するジムに所属するパーソナルトレーナーや、大手ジムに勤務経験のある人気トレーナーをSNSでスカウトして収録している。ミラーフィットには、トレーナーのマッチング機能が実装される予定で、トレーナーの働き方改革の実現も目指している。

「日本では年間5,000人から1万人のトレーナーが誕生しているといわれるが、雇用環境が非常に不安定で、被雇用者として立場が弱い。ジム勤務の場合でも、待機時間が長く結果として低収入になってしまうこともある。そこで、UberWoltのトレーナー版として、トレーナーが空き時間を有効に使いながら、自分の知識や経験をお金に変えることができるプラットフォームを作り、ユーザーとマッチングすることができれば、トレーナーの副収入源にもなり、大きな市場を作りだせると考えている」(黄氏)

画像2

操作やスケジュール管理は
スマホのアプリからも可能にする予定

この続きをみるには

この続き: 2,989文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf