独特のコンセプト揃い、2021年春までに誕生した独立系化粧品D2Cブランド4選
見出し画像

独特のコンセプト揃い、2021年春までに誕生した独立系化粧品D2Cブランド4選

2021年上半期はユニークなコンセプトを持った化粧品ブランドが次々と登場している。クリーンビューティやインフルエンサーのプロデュース、アウトドア派のためのメンズスキンケア、肌フローラに着目したアイテムなど、国内スタートアップや新規事業として立ち上げられた独立系D2Cブランドをピックアップして紹介する(掲載は発表順)。

日本発のクリーンビューティスキンケア「SISI」

画像1

Rozality
(ロザリティ ウォータリーマスク)
出典:SISIプレスリリース

株式会社SISIは2021年1月にクリーンビューティスキンケアブランド「SISI(シシ)」から第一弾製品「Rozality(ロザリティ ウォータリーマスク)」を発売した。その後、ネイチャーラボ、サティス製薬らから総額1億円の資金調達を行い、5月末には第二弾製品「White Time Capsule(時間差保湿化粧液)」を発売している。

第一弾製品のロザリティ ウォータリーマスクは、化粧水のあとに乳液や美容液、クリームの代わりに使えるオールインワン処方のクリームで、スリーピングマスクとしても使用可能だ。機能成分として採用した「Rosality(サイエンスローズ)」は、従来では、香料として使われているローズの香り成分を、「効果」をもたらす機能性成分に変革したもので、グローバル原料メーカーLucas Meyer Cosmetics社と精油開発に強みを持つ香料メーカーがフランス・グラースで開発した。

一方、第二弾製品の「White Time Capsule(時間差保湿化粧液)」は、「時間差でうるおいを肌に送り込む」という新発想の化粧水だ。自社で行った消費者の意識調査をもとに、いくら高保湿の化粧液をつけても夕方には肌が乾燥してしまうというユーザーの悩みに応えるべく、「時間が経てば経つほどうるおう」をコンセプトに製品化した。

White Time Capsule
(時間差保湿化粧液)

鍵となる成分は、糖がいくつも連結して出来た長い鎖状(多糖体)であるビオサッカリドガム-1で、皮膚上の酵素によって、その長い鎖がじょじょに細かく分解されていくことで、表面積が何倍にも増えた結果、肌に塗布した直後より、数時間後に水分保持力が最大になる仕組みとした。

SISIは今後も、クリーンビューティーブランドとして、シリコン、エタノール、鉱物油、石油系界面活性剤、パラベン、紫外線吸収剤、合成着色料、7大アレルゲン由来成分、動物由来原料を排除することをポリシーとしてかかげる。また、配送資材はFSC(Forest Stewardship Council 森林管理協議会)認証資材を積極的に採用、使用後にリユース可能な容器のデザイン設計を目指していくとする。

この続きをみるには

この続き: 2,207文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf