見出し画像

仏コスメティック360。その革新性は、化粧品の未来を見すえた戦略づくりにある

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

前回は世界最大級の化粧品産業クラスター「コスメティックバレー」について紹介した。今回はこの組織が化粧品業界、主に中小企業の発展のために行なっている施策である国際化粧品見本市「コスメティック360」について紹介する。化粧品輸出額ランキング第1位のフランスが、さらなる成長のために産学連携でスタートした見本市とは?

※8/11に タイトルの一部を変更しました。

コスメティック 360は、2015年に始まった化粧品に特化した国際見本市。世界各国の革新的な化粧品・サービス企業が出展する展示会で、今年で第4回目を迎える。それまで製品、原料、パッケージなど専門別の展示会は存在していたものの、化粧品関連企業が一挙に集まる見本市はフランスでは初めてだった。

毎年10月にパリ・ルーヴル美術館直結イベントホール「カルーゼル・デュ・ルーヴル」で開催され、200企業が出展。そのうちの30%が外国企業(50カ国)という。2日間で4500人の業界関係者が来場し、商談、情報交換が行われる。出展企業の構成は、処方・製造27%、検査・分析24%、原材料21%、パッケージ14%、サポート部門14%、専門性の高いイノベーション企業がバランスよく参加している。

コスメティック360の出展企業の分野別の割合


コスメティック360の2017年の様子は下記の動画でもチェックできる。

大企業の決裁者に直接プレゼンも可能

この見本市のメリットは、中小企業やスタートアップがロレアル、LVMHグループなどビッグカンパニーに直接アプローチできることだ。プロジェクトが魅力的であれば、決定権のある人物と個別商談ができる。これは「オープン・イノベーション」というプログラムで、自らのイノベーションを発表し、原料、処方、パッケージ、ロジスティック 、ディストリビューション、マーケティングサービスなどさまざまな視点からWin-Winのコラボレーションを提案できる。

2015年の開催以来、30カ国から700プロジェクトが提案され、500のB2B商談が実現された。アポイントなしで企業ブースを訪れ、担当者レベルでネットワークを広げることも可能だが、具体的なビジネスに進むかどうかは、もちろんプロジェクト次第だ。

この見本市に参加し続ける40年の歴史をもつ自然派化粧品「アルバン・ミュラー(Alban Muller)」は、自然原料の供給、フォーミュラ開発も請け負う老舗原料メーカーだ。使用される植物の7割以上は工場の近くで栽培され、すぐに研究開発に活かされる。

年間売上の10〜15%を新処方開発に投資し、現在、売上の7割が海外向け、約50カ国に輸出している。「国際的に知名度の低いブランドにとって、コスメティック360はビジネスを広げるチャンス」と工場ディレクターのノエミ・プゾル氏は今後の展開にも意欲を見せる。

アルバン・ミュラーのボディークリーム。パラベン、シリコン、
ミネラルオイル、アルコールは一切含まれていない100%ナチュラル処方。

会場では、スタートアップゾーンが設けられ、2017年はテック企業など30社が参加し、会場の注目を集めた。例えば、バーチャル・リアリティ(VR)技術を用いたソリューションを得意とするCreateen Addictは香水ディフューザー企業とコラボレーションして、新感覚の香り体験を提案した。

頭部にゴーグル型のヘッドセットを装着すると、仮想映像が目の前に展開する。作り出された物語の中で香りが閉じ込められたガラスケース(クローシュ)を開けると、近くに設置されたディフューザーから自動的にその香りが放なれ、没入感たっぷりに香りを体験できるという試みだ。

画像はCosmetic 360のホームページより

また、Wisimageは、AR技術によるメイクアップシミュレーションだけでなく、肌の状態を弾力、シミ・シワなどの点から診断し、画面に映し出された結果に基づいてスキンケア製品の提案に活かせるアプリケーションを発表した。すでに大手企業から引き合いがあり、まもなく販売ツールとして活用される予定だという。

画像はWisimageのホームページより

先述の「オープン・イノベーション」コーナーに設置されたセフォラのブースでは、AR技術を用いたメイクのシミュレーションアプリ「VIRTUAL ARTIST」が設置された。画面に映し出された顔を自動認識し、口紅、アイシャドー、チークの色を変えて、バーチャルで商品を試すことできる。

2018年は最大手ロレアルがAR開発企業Modiface(モディフェイス)を買収したことでも話題となったが、今後はAR技術を用いた広告、販売促進など新たな展開が期待される。

化粧品クラスターの連携で有望市場への進出を図る

さらに、この見本市で重視されているのは、クラスター同士の連携強化だ。各国が協力し、互いに国際競争力を高めるための施策で、コスメティックバレーのイニシアティブにより、世界各地に化粧品クラスターが形成されている。現在12カ国、21クラスターが連携している。

日本にも2013年に国内最大級のクラスター「ジャパンコスメティックセンター」が設立された。本部は佐賀県唐津市。唐津市には化粧品の検査、受注製造、保税倉庫などを行う企業群が存在し、中国、韓国、タイ、マレーシアなど有望なアジア市場にも近いという地理的な優位性をもつ。

このジャパンコスメティックセンターは、現在170企業以上、10の大学、行政を含む19の支援機関で構成され、国内外の企業ビジネスマッチングを推進しながら、海外市場、特にアジアへの展開を狙う。すでに、フランス、イタリア、スペイン、台湾、タイの5つのクラスターと協力連携同盟を締結しており、日本のコスメティック産業の海外進出を加速する拠点として、今後の展開に注目したい。

国をあげて美容スタートアップを支援する仕組み

近年、フランスは国を挙げてイノベーション、スタートアップの支援体制を整えている。ビューティテックの起業家に対しても、コスメティックバレーをはじめ、大手企業、自治体の支援プログラムを積極的に用意している。

コスメティックバレー、LVMH Recherche(LVMHグループの化粧品や香水の研究開発部門)、LangéSpin Controlの4つのグループや企業によって立ち上げられたプラットフォーム「Cosmet’up(コスメトップ)」は、公的投資銀行(Bpifrance)の支援のもと、ビジネスアイデアから処方開発、製品検査まで無料でサポートする。

また、コスメティックバレーのお膝元であるシャルトルでは、2017年にフランス商工会議所とChartres Métropoleによってサントル=ヴァル ド ロワール地域圏で最大のインキュベーター「The Place by CCI 28」が設立され、ビューティテックに特化した支援プログラムは2018年末までにスタートする予定だ。

2018年のコスメティック360は、10月17日~18日に開催。30社参加予定のスタートアップにも着目してレポートしたい。

Text:谷 素子(Motoko Tani)

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
8
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp