見出し画像

「オンラインコンサルやコミュニティ〜欧米事例」美容業界を読み解くまとめ(1):Summer 2020

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

世界的なパンデミックの影響で、これまでの日常は様変わりし消費も変化、そしてオンラインへの移行が急速に進んだ。BeautyTech.jpでは最近の美容業界の動きを振り返り、withコロナの時代にこれからのモノの売り方、それに対するマーケティングのあり方のヒントとなる各国事例の記事を3回に分けて紹介する。第1回は欧米で起きている動きをまとめた。

ロックダウンにより厳格な外出禁止措置がとられた欧米では、美容業界におけるデジタル化が一気に進んだ。美容ECサイトにARバーチャルメイク・トライオン機能を装備する動きが加速し、実際にECでの売上増に貢献しているとみられる。あわせて、AI肌診断にもとづく商品レコメンドなどのパーソナライズサービスもさらに活況を帯びている。

このほか、ゲランやクリニーク、クラランスなどグローバルな大手ブランドをはじめ、GlossierやDeciemなどのD2Cブランドが、美容部員やスタッフとユーザーがビデオチャットなどを通して双方向コミュニケーションがとれる、1対1のオンラインコンサルテーション・サービスをいち早く導入した。

自宅にいながら友人とおしゃべりしながら、あるいはフォロワーとつながりながら買い物ができるプラットフォームにも注目が集まった。実店舗が営業を休止する状況のなか、顧客エンゲージメントやファンコミュニティの連帯を強めるため、ソーシャルメディア施策を強化する企業や、2020年4月末にはグローバルで20億超のダウンロード数を記録したTikTokを活用するマーケティングに着手する欧米ブランドも増えている。

また、パンデミックを経験した人々が心と体のウェルネスを志向する傾向や、環境問題への関心が一層高まったことにより、欧米の化粧品業界の大きな潮流であるクリーンビューティに向かう流れが、今後ますます強まりそうだ。

画像1

fizkes via Shutterstock


「オンラインコンサルやコミュニティ〜 欧米編」
BeautyTech.jp記事まとめ

仏クラランス アンド ミー、シンプルかつ効果的なコンサルテーションで顧客獲得

仏ヘアサロンはSkypeで髪診断、その場で製品配送&チュートリアル動画を送付

Z世代の心を掴む、オンラインでも友達と一緒に過ごす楽しさを叶えるアプリ

思わず見続けてしまう動画のカギはパーソナルな囁き声#ASMR

美容部員による1対1のリモートコンサルティングはコロナ禍の必須アイテム

男性ニーズとジェンダーレス、2方向のターゲット層に向け成長する欧米メンズコスメ市場

英米ビューティ企業が選ぶ新マーケティングプラットフォームはTikTok

3Dバーチャル店舗からARメイクトライオン、AIパーソナライズまで、拡大する「非接触リテール」

サービス提供側が消費者のところまで出向く「移動型リテール」が示す未来

美容業界を読み解くまとめ Summer 2020 そのほかの回はこちら
(2)「KOL&ライブコマースが鍵〜中国・韓国事例」
(3)「顧客エンゲージメント最重視へ〜日本編」 

Text: そごうあやこ (Ayako Sogo)
Top image: Francesco Ungaro via Unsplash

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
10
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp

こちらでもピックアップされています

非接触リテールの時代
非接触リテールの時代
  • 14本

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、小売サービスが急激な方向転換を迫られるなか、ヒントとなる具体策や事例を積極的に紹介していきます。