IoTトップ

資生堂Optune、米OKUなど、美容IoTデバイスが「使い続けられる」条件とは

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

昨今、さまざまな美容IoTデバイスが登場してきている。IoTデバイスを通して得られる肌データやその他膨大なデータは、ユーザー体験を豊かにするだけではなく、あらたなビジネス開拓にもなるからだ。しかし、そこには大きな課題がある。継続して長く使い続けてもらえるのかどうかだ。

美容IoTデバイスは、その可能性から、価格も決して安くはなく、気軽に買ってちょっと試すというよりはじっくり選び、使い続けることが前提になる。いったん気に入ってもらえれば、継続的なサブスプリプション型のビジネスが築けることもあり、大手からスタートアップまで、業種も化粧品や化学、家電メーカーなど多岐にわたって続々参入している。それぞれどんなアプローチあるいはビジネスモデルでユーザーの生活の中に浸透しようとしているのか。特徴的な美容IoTをとりあげてみていきたい。

肌データを測定するIoT製品が相次いで登場

2018年6月下旬、資生堂は開発を進める美容機器、オプチューン(Optune)の体験イベントを開催した。オプチューンは、専用スマホアプリと専用マシン・オプチューン・ゼロ(Optune zero)で構成された、IoTスキンケアシステムだ。まず、ユーザーがスマートフォンに肌の写真や関連データをアップロードすると、肌の状態や水分・皮脂量、などを客観的に測定することができる仕組みになっている。加えて、インターネットに接続されたデバイスが気温、湿度、紫外線量など外的要因、ユーザー各自の精神的コンディション、生理周期などさまざまなデータを組み合わせ分析。最終的に、おすすめするスキンケア製品の種類および分量を選択・提案してくれる。

撮影:小野梨奈

β版の価格も発表になり、月額基本料金は900円(3ヶ月目から)、専用カートリッジが1本2,800円(1本あたり1.5ヶ月〜2ヶ月分目安、初回は5本購入の必要あり)、専用マシンと専用アプリは無料だ。1ヶ月あたりで考えると中価格帯スキンケアともいえそうだが継続のカギはずばりユーザーが効果を感じられるかどうかだろう。

米スキンテクノロジースタートアップ・mySkinは、肌の状態を測定するOKUというスマート美容デバイスを開発している。同社は、生物物理学者、整形外科医らによって2007年に設立された企業だ。ニュージャージー州に拠点を構えており、自社を「スキンケアコンサルティングテクノロジー企業」と定義している。

OKUのコンセプト動画

そのmySkin が開発を進めるOKUは、「スキンケアコーチ」という別称を持つ。各ユーザーがデバイスを顔にかざして肌をスキャンすると、連動したスマートフォンアプリに肌スコアが表示される。水分、テクスチャ、しわ、色素、皮脂レベルなどを細かくチェックすることができ、肌のタイプに合わせて、食・生活習慣、化粧品をおすすめしてくれる機能も搭載されている。いわばスキンケアのためのパーソナルコーチ的な存在だ。販売開始は2018年末とのことだが、その潜在的な需要への期待からか化学メーカー大手エボニックなどがmySkinにシリーズAとして出資するという報道もある。

家電大手が参入する韓国。B向けソリューションも登場

韓国では、昨年リリースしたホームエステ機器セット、Pra.Lが大ヒットを飛ばしているLG電子がIoTへの参入を宣言している。Pra.Lは、LEDマスク、トータルリフトアップケア機器、ガルバニックイオンブースター(化粧品の吸収促進機器)、デュアルモーションクレンザーなどで構成されているが、韓国人ユーザーの中では、LEDマスクとガルバニックイオンブースターが特に高い人気を誇っているという。

出典:Social LG電子(公式ブログ)

興味深いのは、LG電子がPra.Lを「IoT化=肌の状態を分析する機能を追加」する計画を明かしていることだ。2018年後半には、中国、米国、ヨーロッパなど海外市場への展開も予告されており、今後の売れ行きに注目が集まっている。すでに市場で一定の認知度、評価を得ている美容家電がIoT化するのは、ユーザー側からするともっとも受け入れやすいようにも思える。

韓国では、B2Bとして開発・販売されている肌測定IoTデバイスもある。IoT企業のイノインサイトのHowskinだ。測定デバイスとスマートフォンアプリが連動しており、測定結果に最適化された肌ケア方法やおすすめ化粧品などが、情報サービスとして提供される。化粧品販売店や美容サロンのスタッフなど、美容業に携わるユーザー向けに特化しているという点で差別化されている。各企業ユーザーがネット上でHowskinのサービスに登録すると、相談窓口が開設されサポートを受けられる。小規模事業者でも消費者に対して肌診断サービスなどを導入しやすいというのがビジネスモデルの全体像だ。

継続して使ってもらうには何が必要なのか?

今後、美容IoTツールは多岐にわたって開発されていくだろう。資生堂のように、スキンケアアイテムそのものが毎日手元でパーソナライズされる便利さ、あるいは自分の肌や体の状態を毎日チェックすることで化粧品以外のサービスを受けられる汎用性、あるいはHowskinのように、B2Bサービスとしてたとえば美容サロンに広く行き渡れば、自分の肌状態の電子カルテのように使うこともできるかもしれない。

大事なのはあくまでも「使い続けられる」ことである。毎日の習慣にこの「測定」のひと手間をどのように入れてもらうのか。ユーザーが何を最大のメリットと感じるのか。診断によるパーソナライズが明確な効果をもたらすことができるのか。肌状態を計測するIoTデバイスをしかける各社が今後考えていかなければいけないのはこの点にある。

Text: チーム・ロボティア

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
9
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp