見出し画像

韓国EIGENEが日本上陸、ブランドが目指したいパーソナル接客をトータルサポート

BeautyTech.jp

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

韓国の美容企業をはじめ、さまざまな業種のDXを牽引するEIGENE(アイゲン)は、人工知能(以下、AI)をベースにしたソリューションで、セールスイノベーションを支援するビッグデータ企業だ。パーソナライズレコメンド機能など、ECとリアル店舗の双方でユーザーの購買体験を向上させるサービス、また、販売促進、商品分析、需要予測など、クライアントニーズに沿って低コスト、短納期のソリューションを実現している。2022年2月より日本にも上陸した同社の運営室(ソリューション運用チーム)リーダーを務めるソ・ユンホ氏に、サービスの詳細と優位性について聞いた。

韓国大手企業がパーソナライズプラットフォームとして導入

EIGENEは、韓国トップの理系大学、韓国科学技術院(KAIST)出身の30代メンバーが中心となり、2019年12月に設立された。設立時はクライアントのビッグデータ解析ツールやAIツールの開発委託を受けるSI(システムインテグレーター)として活動してきた。

個別企業のシステムを開発する過程で、各産業の商習慣や顧客特性などを知見として蓄積。その後、より多くの企業が効率的に独自ソリューションを導入できるように、SaaSモデルのプラットフォームをリリースし、韓国でも注目を集め、コロナ禍による企業のデジタルシフト活発化を追い風にクライアントの数を着実に増やしている。

美容分野でもアモーレパシフィックのイニスフリー(Innisfree)アリタウム(Aritaum)、MISSHA等の人気ブランドを持つAble C&Cなどの企業やブランド等をはじめ、美容インフルエンサーに特化したMCN(マルチチャンネルネットワーク)企業のDMIL、小売大手のオリーブヤング(Olive Young)ロッテホームショッピングCJmall、そのほか、スターバックスIKEA、韓国書店最大手の教保文庫など、70社余り(2022年7月時点)がEIGENEのAIソリューションを導入している。

EIGENEのAIソリューションイメージ

プラットフォームに搭載された複数のソリューション

EIGENEは、マーケティングと顧客接点の領域に特化したさまざまなAIソリューションを用意しており、クライアント企業は必要に応じて組み合わせて使える。これまでは、各機能を別々のソリューション企業から導入して使う必要があったが、EIGENEのソリューションを利用することで、すべてトータルで解決できるとうたう。

まず「Eigene RECO」は、行動データをベースに消費者にパーソナライズされた商品をレコメンドするソリューションだ。なかには、消費者のリアルタイムクリックや購入行動に合わせたレコメンドを行う「リアルタイム個人化レコメンド」をはじめ、購入、カート、ウィッシュリスト追加などの行動履歴から、関心項目カテゴリー、ブランド、タグなどを自動抽出し符合した商品をレコメンドする「嗜好レコメンド」や、同様の好みを持つ他ユーザーを見つけ出して共通性から商品を提案する「ドッペルゲンガーレコメンド」、また、天気、位置、購入サイクルなど特定の業種・状況に最適な商品を推薦する「TPOレコメンド」などがあり、これらを組み合わせることで、100種類以上の細かなレコメンドシナリオが用意されている。

この続きをみるには

この続き: 3,362文字 / 画像5枚

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

購入済みの方はログイン