見出し画像

VR技術もロレアルが先行、美容体験を根底から変える可能性

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

先日、ロレアルが買収したModiFaceを軸にARの今後について書いたが、ARと並べて語られることの多いVRについても取り上げたい。ビジネスへの活用という意味でARのほうが先行してはいるが、もちろん先進的なブランドは積極的にVRも取り入れている。今回はそのいくつかの応用例を見ていきたい。

VRでも先行して店頭やトレーニングで活用するロレアル

VR分野でも、ロレアルの動きが活発だ。傘下のブランド・NYXは2017年にサムスンと提携し、ショップ内でVRゴーグルを使ってメイクアップチュートリアルが見られるサービスを行っている

ロレアルがVRを活用しているのは、店頭だけではない。たとえば同じく傘下のヘアケアブランドMatrix(リンク)では、人物がまるで部屋にいるかのような世界を実現するホログラム技術を持つ8iと提携してVRを活用した美容師教育プログラムを発表している。

このプログラムでは、生徒である美容師たちが講師によるスタイリングをVRのホログラムの中で、360度任意の角度から確認することができる。これによって場所を問わずに研修に参加でき、会場や移動を考えなくてよいためコストダウンにつながるということだ。

出典:L’oreal Matrix x 8i - Beauty in VR

さらにロレアルでは社内の業務プロセス革新にもVRを取り入れており、ニューヨークの本社にはVRで店頭の棚を再現できる「VRルーム」があるという。ただ、こちらは2016年10月に開設されて以来、2017年7月までの間にうまく活用された事例は1件だけで、どんな業務にでも簡単に使えるというわけではないようだ。それでも実際使った社員は「8カ月近くかかったであろうことを3カ月で可能にした」という手応えを語っている。

韓国コスメのイニスフリーもVRを使ったトライアルを行っている。2016年には、上海ディズニーリゾートで、ブランドの世界観を表現したVRイベントを行った。来場者がVRヘッドセットを装着してルームバイクをこぐと、バイクの動きに合わせてバーチャル世界を移動し、化粧品の素材を集められるというゲームのようなコンテンツだ。また人気俳優イ・ミンホが隣にいるかのように感じられるVRコンテンツも制作、プロモーションに利用している。

メイクアップシミュレーションに使われることの多いARと違って、典型的な利用方法がまだ定まっていないように感じられるVRだが、上の動画でイ・ミンホのコンテンツを利用する女性たちの反応を見ても明らかなように、見る者を没入させる力は従来の動画の比ではない。またロレアルのVRルームのように、対顧客だけでなく社内の業務プロセス効率化に役立つ使い方も出てくるだろう。美容業界に限らず、その応用範囲はかなり広そうだ。

かつてない体験も着々と具現化しはじめている

他業界も含めたVRの応用という点では、以下のような事例が今後を考えるヒントになるかもしれない。ナイキは2017年9月、ARを使ってオーダーメイドのスニーカーをデザインしながら試着を可能にし、注文すればその場で90分以内に作り上げるというサービス「Nike Makers' Experience」を開始した。現在招待制のサービスだが、開始から約半年ですでに「数千人」が体験したという

出典:NIKE NEWS

このサービスは「ARで試着」というメイクシミュレーション的発想にオーダーメイドを組み合わせ、しかも商品を短時間で作りあげている。ARがあることで「オーダーメイド品は出来上がるまで試着できない」問題を解決でき、また「頭の中にしかなかったデザインがまず目の前に仮想で提示され、次にリアルな存在として生み出される」過程をVRで楽しむことができる。美容の世界でもパーソナライゼーションが進みつつあり、今後はARとVRを組み合わせてより満足度を高めるような応用が生まれてくることだろう。

医療分野の先進事例は、美容業界でも応用できる

VR技術が意味のある形で着々と実用されつつある分野としては、医療業界があげられる。VRやARなどの技術を活用した医療を提唱する医師の杉本真樹氏によれば、従来の医療では患者の体の状態をレントゲンのような2Dの静止画像で確認していたが、VRを使えばそれが3Dかつインタラクティブになる。

杉本氏は外科手術の際に患者の手術部位をあらかじめ3Dモデル化しておき、VRゴーグル上でそれを確認しながら執刀することで手術の精度を高めている。また自分自身がそれを行うだけでなく、HoloEyesという企業を創業してこの仕組みを世に広めている。

この仕組みを美容にあてはめて考えてみよう。たとえばメイクアップアーティストを外科医になぞらえるなら、3Dモデルデータはユーザーの顔のものになるだろう。メイクアップサービスで同じことが可能になれば、ユーザーは事前に自分の顔データをアーティストに提示しておき、実現したいメイクのイメージを伝えたり、バーチャルなメイクアップリハーサルをしたりが可能になるだろう。東京にいるユーザーがニューヨークのアーティストに顔のデータを送り、コントゥアリングのアドバイスを受けるといった遠隔サービスもありうるだろう。

遠隔サービスはアドバイスにとどまらず、海外にいるアーティストからロボットアーム経由でメイクアップを受けることも可能になるかもしれない。イギリスのRoom OneはVRヘッドセットと触覚を再現する手袋、そしてロボットアームを使い、医学生向けに「臓器に触れる感触」をVR体験させる仕組みのデモを発表した。遠隔操作のロボットアームが臓器に触れると、その反応のデータがネットワーク経由で手袋に送信され、それをはめた医学生に感触を伝えるという仕組みだ。現時点でのデモはあくまで臓器に触れるだけだが、Room Oneは将来的に遠隔手術も実現させたいとしている。

移動ゼロか、AIロボットか。美容サービスの未来

遠隔手術が可能になるとしたら、遠隔ヘアメイクやマッサージ、ネイルサービスも十分成立するだろう。それらが実現するのと、AI搭載の専属ビューティロボットの誕生のどちらが先になるかは定かではないが、現在のイノベーションの波を見ていると、どちらもそれほど遠い未来ではないように感じられる。

何しろ、この小さなスマートフォンという端末で自分を撮影しながらそのメイクを自由に変え、それを他人と気軽に共有できることなど、10年前、15年前にどれだけの人間が想像できただろうか? ましてや、デジタル空間で思いもしなかった人と会えたり、リアルな体験ができるなど……。

Text: 福田ミホ(Miho Fukuda)

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
5
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp

こちらでもピックアップされています

テクノロジー
テクノロジー
  • 209本

BeautyTech.jpのテクノロジーに関する記事をまとめたマガジンです。