見出し画像

「イセタンビューティ」もメタバース化、三越伊勢丹のREV WORLDSがめざすコミュニティ

BeautyTech.jp

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

2021年3月にローンチした三越伊勢丹によるメタバース「REV WORLDS(レヴワールズ)」は、イセタンビューティなど実店舗を再現した仮想伊勢丹新宿店でのショッピングはもとより、新宿東口の「街歩き」をアバターで楽しむ仮想空間設計が特徴だ。オープンから約1年半が経った今、偶然の出会いと仮想空間ならではの新しい体験を提案するREV WORLDSの現状と、とくに美容分野における今後の可能性についてレポートする。

バーチャル店舗ではなく、「街」を創るという発想

近年、注目が高まるメタバース。テクノロジー企業などが開発を手がけるケースが多いなか、やや異色ともいえるのが、三越伊勢丹が2021年から展開する独自の仮想空間アプリ「REV WORLDS」だ。

株式会社三越伊勢丹 営業本部 オンラインストアグループ デジタル事業運営部 レヴワールズ マネージャーの池田英生氏と、同アシスタントマネージャーの浅賀遼太氏に、事業スタートの経緯やメタバース化したイセタンビューティの現在、目指している世界などを聞いた。

REV WORLDS
著者撮影

REV WORLDSは、スマホアプリからメタバース空間にある仮想の新宿の街にアクセスする。ユーザーは、自分の分身である「アバター」を使って空間内を自由に移動できる。たとえば、現実世界の伊勢丹新宿店を再現した「仮想伊勢丹新宿店」を訪れると、実際の売り場のように商品が並び、近づくと商品の説明や価格が記載されたタグが表示される。タグをタップするとECサイトに移動し、その商品を購入することが可能だ。

現在は、ビューティアイテムが揃う「イセタンビューティ」や「ビューティアポセカリー」をはじめ、デパ地下やReStyleの婦人服ショップ、伊勢丹バイヤーがセレクトしたブランドやアイテムを展開する「イセタンシード」、ギフトオンラインストアなどが売り場として常設され、期間限定のショップも随時登場する。

仮想伊勢丹新宿店のほか、REV WORLDS内には、イベントなどを行う「バーチャル東京ドーム」や「バーチャル地下闘技場」、トヨタ自動車の燃料電池車「MIRAI」を展示するバーチャルショールームなども展開している。さらに、東京ガールズコレクションと連携したブースを期間限定で設置したり、スポーツイベントの開催時期に合わせてミニチュアのマラソンコースを設置したりといった取り組みも行ってきた。

この続きをみるには

この続き: 4,295文字 / 画像5枚

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

購入済みの方はログイン