美容特化MCN、istyle meがブランドとクリエイターをつないで狙う最大効果の中身
見出し画像

美容特化MCN、istyle meがブランドとクリエイターをつないで狙う最大効果の中身

BeautyTech.jp

◆ 9/1よりリニューアルしました。詳細はこちら
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

アイスタイルとサムライパートナーズとのJVで美容業界に特化したMCNであるistyle me。大きな特徴は、クリエイター事務所ではなくエージェントであることだ。その設立の経緯や、美容領域のインフルエンサーマーケティングで結果を出すために必要な要素とは何か、株式会社istyle me 代表取締役 遠田健氏と取締役 野田昌嗣氏に話を聞いた。

立ち上げ支援した「ReZARD Beauty」は1日で2万セットを販売

美容ブランドにとって、インフルエンサーマーケティングは消費者とのエンゲージメントを確立する手法として欠かせない要素になっている。サイバー・バズとデジタルインファクトが2020年10月に発表した「国内ソーシャルメディアマーケティングの市場動向」調査によると、2020年のインフルエンサーマーケティング市場規模は前年比105%の317億円で、2025年にはその2倍以上の723億円に達すると予測される。

そのなかで、影響力を持つ媒体自体も変わってきた。とくに美容分野では、instagram一強だった時代から、YouTubeやTikTokなど動画メディアの勢いが強まっている。アイスタイルは2020年12月、人気YouTuberを多数サポートするサムライパートナーズとのジョイントベンチャー(JV)、istyle meを設立した。

サムライパートナーズはYouTuber事務所ではなく、YouTuberやクリエイターをサポートするエージェントという立ち位置だ。そのため一般的なタレント事務所のような「専属」「所属」という関係ではなく、クリエイターの要望や課題に沿って足りない部分だけを支援している。業務提携の形で、プロジェクトごとにさまざまなクリエイターを起用するスタイルだ。また、テレビに出演しているような芸能人やタレントモデルのYouTubeチャンネルの運営サポートも請け負うなど、手がける業務内容も幅広い。

istyle meはサムライパートナーズと同じく、エージェントとして、美容ブランド向けに、サムライパートナーズがサポートするインフルエンサーを中心に起用し、動画コンテンツ制作、商品開発タイアップなどの企画・運営を行う。アイスタイルグループの一員として、美容分野に特化していることが最大の特徴であり強みだ。

「この仕事で強く感じるのは、再生数×登録者数×リーチといった数字だけでははかれない部分が多いということだ」と株式会社 istyle me代表取締役 遠田健氏はいう。各クリエイターの動画再生数やフォロワーという数字もさることながら、そのクリエイター自身のもつ勢いや、どういう仲間がいるのか、今、何に関心を持っているのかといった数値化できない部分が多いからだ。そこに、単純にビジネスロジックをはめてしまった途端に勢いを失い、結果、視聴者に伝わらないことにもなる。

この続きをみるには

この続き: 3,823文字 / 画像5枚

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
BeautyTech.jp
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf