マガジンのカバー画像

日本

323
BeautyTech.jpの日本に関する記事をまとめたマガジンです。
運営しているクリエイター

#デジタルマーケ・インフルエンサー

個人がサービス展開できるEC「MOSH」が目指すクリエイターエコノミーの未来

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
2週間前

Douyinは「インタレストコマース」、越境ECからスタートする中国市場開拓のノ…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
2か月前

「TikTok買い」、美容分野のクリエイティブとキャスティングの重要性をNateeとNELに聞…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
3か月前

Z世代とのデジタルコミュニケーション3つのキーワード「個の尊重」「系統別」「誠実…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
4か月前

美容特化MCN、istyle meがブランドとクリエイターをつないで狙う最大効果…

◆ 9/1よりリニューアルしました。詳細はこちら ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクか…

BeautyTech.jp
8か月前

Awwによるメタバース時代の信頼と熱狂を生むバーチャルキャラクター創造【ヒト3DCGの…

◆ 9/1よりリニューアルしました。詳細はこちら ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクか…

BeautyTech.jp
9か月前

2022年「デジタルツイン」元年へ、レーベルを立ち上げたCAの挑戦【ヒト3DCGの可能性:前編】

◆ 9/1よりリニューアルしました。詳細はこちら ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 実在/非実在のバーチャルヒューマン(ヒト3DCGキャラクター)の活用が本格化している。何十万というフォロワーを持つ非実在のバーチャルヒューマンがインフルエンサーとして活躍したり、デジタル複製された著名人がゲームやオンラインライブでパ

スキ
27

美容業界のOMO設計は、働く人のジャーニーをも重視すべき。電通SXの提言【後編】

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Face…

BeautyTech.jp
1年前

電通SXの美容ブランドへの提言、そのDXは本当に顧客ジャーニーがつくれているのか【前…

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Face…

BeautyTech.jp
1年前

クッキーレス時代の顧客行動は購買データ前後の "Search"と"Share" …

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Face…

BeautyTech.jp
1年前

デジタルファーストのIーneが挑むオフライン攻略、 BOTANISTヒットの舞台…

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Face…

BeautyTech.jp
1年前

「ハピプラ」プラットフォーム構想、Project8が仕掛ける女性誌デジタル戦略

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Face…

BeautyTech.jp
1年前

資生堂ジャパン スギモトCDOによる「人の心のDX」で新しい顧客体験を創出へ

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Face…

BeautyTech.jp
1年前

音声コンテンツは体験を拡張する「広義のAR」 stand.fm中川綾太郎氏の試み

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o SNSや動画プラットフォーム全盛のこの時代、スマートフォンにおける「画面の取り合い」はすでに飽和状態だ。そこで脚光を浴びているのが「音声」である。「stand.fm」 は音声のもつ可能性を追求し、新たなコミュニケーションと人々のつながりを構

スキ
28