マガジンのカバー画像

バックナンバー読み放題プラン

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。
¥980 / 月
運営しているクリエイター

2018年9月の記事一覧

サブスクリプション・ビジネスの女王ipsyは、なぜ一人勝ちなのか

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Faceb…

3年前

ロレアルなど美容企業トップ3の研究開発動向から、来たるべき未来が見えてくる

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Faceb…

3年前

資生堂POSME式、女子高生のクローズドなコミュニティでバズを生む方法論

◆English version: Shiseido POSME’s Team Approach to the Teen Market ◆New English arti…

3年前

セフォラの超・顧客中心主義【後編】~デジタルで激変する「体験」の中身

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Faceb…

3年前

セフォラの超・顧客中心主義【前編】~「試せる」から「コミュニティ」まで

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Faceb…

3年前

ユニリーバなども活用する HR向けAIサービス、採用プロセスを劇的に効率化

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Faceb…

3年前

Kylie Cosmeticsにみる超セレブのSNSブランディングは、今のところ一番正しい

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 21歳にして年間6000万ドルを稼ぐカイリー・ジェンナー。自身で立ち上げたブランドKylie Cosmeticsの企業評価額は8億ドルともいわれ、米フォーブス誌からは「米国において自力で富豪になった女性起業家ナンバー1」と称せられた。その輝

スキ
12

ロート製薬社員で公式YouTuber、「根羽清ココロ」がになう新・企業ブランディ…

◆English version: The next big YouTube star? ◆New English article ◆新着記事をお届けし…

3年前

中国のKOLマーケティング、網紅(ワンホン)の選抜が成功の鍵

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Faceb…

3年前

韓国コスメが世界で強い理由、スタートアップの多さと柔軟性、そしてスピード

◆English version: 4 reasons why Korean cosmetics are conquering the world ◆New English…

3年前

先端テクノロジーがもたらす「動物実験がなくなる日」

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Faceb…

3年前

RED(小紅書)のUI設計がおしゃれ女子の心をつかんでいる理由

◆English version: Why RED is hot amongst Chinese fashionistas ◆New English article ◆…

3年前

MEDULLAがめざす日本発のパーソナライズドシャンプー、その勝算とは

◆English version: Introducing Medulla — Japan’s first personalized shampoo ◆New En…

3年前

コーセー、マンダムなど日本でも加速するマイクロプラスチック全廃への動き

◆English version: The end of microplastics in Japan’s cosmetics ◆New English article ◆新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|LINE|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o プラスチックによる環境汚染問題が年々深刻化しているなか、美容業界では2016年ごろからマイクロプラスチック

スキ
19