マガジンのカバー画像

【法人用】バックナンバー読み放題プラン

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。
¥9,800 / 月
運営しているクリエイター

2020年12月の記事一覧

店舗体験を補うサンプリングに注目、マッチング重視、ファン化施策など国内外の3事例

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Face…

BeautyTech.jp
1年前

Cosme Kitchen、日本のオーガニック市場を育ててきた顧客視点と自然体の…

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Face…

BeautyTech.jp
1年前

ノインプロデュースのコンビニ限定コスメ「sopo」、大ヒットの背景と2021年の…

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Face…

BeautyTech.jp
1年前

日焼け止めは2021年以降、どう進化するのか。化粧品開発者からみる「過渡期」とは

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Face…

BeautyTech.jp
1年前

シャネルやゲランなどの遠隔サービスが再ロックダウンのフランスで顧客に寄り添う

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Face…

BeautyTech.jp
1年前

コスモプロフ・アジア2020で語られた新ノーマルと、次世代の美容トレンド予測

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Face…

BeautyTech.jp
1年前

Perfectがグーグルと提携、ARバーチャルメイクは、美容領域のデジタルインフラへ

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o Perfect Corp.は2020年11月11日、オンライン開催された「The Global Beauty Tech Forum」において、AR/AI技術によりブランドと消費者のエンゲージメントを全方向のシーンで実現する「Engageme

スキ
24

美容ブランドも韓国のスターをグローバルアンバサダー起用、韓流マーケティングの変化

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Face…

BeautyTech.jp
1年前

コスモプロフ・アジア2020はオンライン開催、AIによるビジネスマッチングで好評

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Face…

BeautyTech.jp
1年前

2021年に向けた米国クリーンビューティブランドの成長戦略と、新たな方向性とは

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Face…

BeautyTech.jp
1年前

眠れる「中国フレグランス市場」が急成長、欧米ブランドに加え新興ブランドも活発化

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Face…

BeautyTech.jp
1年前

デジタル薬からヘルスケア分野のテクノロジーまで美容領域から考える可能性

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Face…

BeautyTech.jp
1年前

CIC Tokyoが始動、美容分野でもイノベーション創出の期待が高まるスタートアップエコ…

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Face…

BeautyTech.jp
1年前

サステナブル容器最前線、レフィルステーションや工場の排気ガス利用など13事例

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 欧州で本格的なトライアルが始まったレフィルサービスや、脱プラスチックの試み、また、再生プラスチックや生分解性まで、加速する環境負荷が少ない化粧品容器開発の国内外事例をまとめた。 消費者が意識的かつ能動的に、サステナブルな、あるいはエシカル

スキ
106